「甘える自分が気持ち悪い」女性性の否定から男性に甘えられない原因を徹底解説

恋愛結婚のパーソナルトレーニング「parcy’s」(パーシーズ)には、結婚や出産のタイムリミットを感じる経済的に自立したアラフォー女性から恋活・婚活・再婚活の様々な相談が寄せられる。

parcy’sの読者から以下のような質問が届いた。

女性

39歳、士業の現場で事務職をしています。

士業という堅い職業柄なのか、それとも別の原因があるのか、男性に甘える自分を想像しただけで気持ち悪いと感じてしまいます。

また、周りの女性が男性に頼ったり甘えたりしているのを見ると、腹が立つ自分もいます。

私は子どもの頃から自分にも他人にも頼らず、全部自分ひとりでやってきました。

ただ40代がすぐそこに迫っている中で、彼氏もおらず、甘えることもできない自分に強い孤独感を覚えています。

抵抗感なく甘えられるようになれば、今の現実も少しは変わっていくのかな?と、一縷の望みをかけて質問させていただきました。

何かアドバイスをいただけますと幸いです。

質問ありがとう。
では今日は、「甘える自分が気持ち悪い」女性性の否定から男性に甘えられない原因を伝えていこう。

なぜ、甘えられないことが深刻な問題なのか?

彼氏に寂しいと言わない方がいい?溺愛される「寂しい」の伝え方

parcy’sに相談にくる経済的に自立したアラフォー女性は、「仕事には自信があるが、恋愛に関しては自己肯定感が低い」という悩みを抱えている。

そんな女性たちの話を聴いていくと、男性に「甘える」ということに対して、

・男性にうまく甘えられない
・忙しい彼に甘えたら迷惑
・甘えるなんてわがまま
・甘える自分が気持ち悪い
・甘えなくても自分でできるから甘えなくていい

という言葉が返ってくることが多い。

しかし、以前の記事「甘えられない長女の恋愛がうまくいかない理由と対処法」でも紹介したが、
本来「甘える」というのは「素直に感情を出す」ということ

ただあなたが「こういう風にしてほしい」「こういう風に助けてほしい」という願いを、素直に相手に伝えればいいのだ。

それなのに甘えられないのは、素直な感情を伝えられないあなたになっているということ。

自分がこうしたい、相手にこうしてほしいという、自分にしかわからない心からの欲求にすら気付けない状態になっている。

その状態を抜け出さない限り、甘えること=自分の素直な感情を伝えることはできない。

また、甘えられないことで、男性が感じたい「存在意義を与えてほしい」「自分一番だと感じさせてほしい」という感情を満たすことができない

甘えられないことで男性の活躍の場を奪い、頼れないことで「彼氏だから彼女はぼくに頼ってくれる」というステイタスを与えることができない。

自分に甘えてくれない、頼ってくれない状態が続くと、男性はあなたの人生に自分はいらないんじゃないかと思って心が離れてしまう。

あなたはあなたで自己犠牲的な態度が増えて、本音を伝えるのは不満を爆発させる時だけになったりして、男性との関係がこじれてしまうことになる。

では、女性では決して分からない男性心理が満載。男性の本音がわかり彼と自分らしい幸せな結婚を実現する方法を説明しているのでぜひ見てみよう。

男性に甘えられない原因となる「女性性の否定」とは?

別れたいと言われたけどどうしても別れたくない!引き留め方や復縁可能性のある返事の仕方は?

甘えられない根本的な原因は、一言でいうと「女性性の否定」にある。

結婚には「男性性」と「女性性」という概念がとても大きく影響してくる。

身体的な特徴とは別に、精神的な部分における「女性らしさ」や「男性らしさ」のことで、
男性であっても女性であっても、どちらにも男性性・女性性が存在する。

一般的には、男性性が強い人は、
分析が得意、目標達成するための行動力があると言われていて、

女性性が強い人は、
共感性が高い、感受性が豊かなどと言われることが多い。

女性だから「女性性を伸ばすべき」とか「男性性を抑えるべき」とか、そういう単純な話ではない。

「男性性と女性性」を受け入れていくことで、自分らしい幸せな結婚を叶えることができる。

しかし、甘えられないと悩む多くの女性は、幼少期の母親との関係から女性性を否定していることが多い。
そのため、自分の中の男性性と女性性のバランスが崩れてしまっている

そのバランスの崩れが、なぜか恋愛がうまくいかない、付き合っても長続きしないというパートナーシップの問題を次々と引き起こすことになるのだ。

母親との関係が女性性の否定につながった4つのケース

【男性心理】あのね、「好きだよ」という言葉は「結婚しよう」ではないからね

実際のケースを紹介しながら、母親との関係が女性性とどのように関係してくるのかを伝えていこう。

ぜひ自分自身の過去と照らし合わせながら確認してみてほしい。

ケース1 「お姉ちゃんなんだからと言われて育った」

1つ目は、「お姉ちゃんなんだからと言われて育ったケース」だ。

子どもの頃に・・

・家事をしないと遊びにも行けなかった
・母親の理想を押し付けられた
・すべて妹が優先でいつも譲っていた
・甘えるとしっかりしなさいと怒られた
・母親から「家族を支えられるのは私しかいない」と言われた

こういう環境の中で育ってきた女性は、我慢することが習慣になってしまっている。

すると、大人になってからも

「我慢することで愛される」
「迷惑をかけてはだめなんだ」
「弱音を吐いてはだめなんだ」
「私が甘えるのはだめなんだ」
「全部自分でやらないといけないんだ」

という間違った思い込みを持つことになる。

また、我慢することに慣れている女性は、
「自分が何をやりたいのかわからない」
「どんな人を選べばいいかわからない」という悩みを抱え、

男性

あなたの理想は何?
あなたはどう思う?

と聴かれても、

女性

なんでそんなことを聴くの?わからないよ

と困惑してしまう。

ケース2 「依存的な母親に育てられた」

2つ目は、「依存的な母親に育てられたケース」だ。

・母はすべて自分の管理下に置こうとする
・付き合っても「5W1H」すべてを言わないといけない
発する言葉は口答えか言い訳としか捉えられなかった
通帳もお金も管理されてきた
・母に依存されて「あなたがいないと生きていけない」と言われた

こういう母親のもとで育った子どもは、彼ができても母親のことが頭から離れず、
「母親のような女性になりたくない、早く親元を離れたい」という想いから、強すぎる自立に向かってしまう。

また、発する言葉を言い訳や口答えとしか受け取ってもらえなかったことで、本音が言えず「いつも遠慮しているよね」と言われる、ということも起こる。

ケース3 「母親が性的なものを極端に嫌がったケース」

3つ目は、「母親が性的なものを極端に嫌がったケース」だ。

幼少期に母親から性的なものを禁止されたり、叱られたりしたことで、自分の中の女性性を閉じ込めてしまうことは多い。

・男性と会ってきたというと不機嫌な顔をされた
・彼とお泊りしたいと言い出せなかった
・女の子っぽい服を着たかったのに着せてくれなかった
・お化粧やアクセサリーなどおしゃれをすると似合わないと否定された

そういう一つひとつの経験から、自分の女性的な部分を出すことが「いけないこと」だと思ってしまう。

自分自身の性的な衝動を我慢したり感じなくすればするほど、男性に対して嫌悪感が強くなっていく。

すると、いざ好きな人と親密な関係になろうとしても、甘えようとしても、自分で止めてしまう。
また、セックスや自分をさらけ出して本音を伝えるときですら、何も言えなくなってしまうのだ。

ケース4 「支配的な父親に逆らわない母親を見て育った」

4つ目は、「支配的な父親に逆らわない母親を見て育ったケース」だ。

子どもの頃にあなたが見ていた母親の姿は、そのまま大人になってから自分が恋愛・結婚をしていくうえでのロールモデルになる。

まだ自分が小さかった頃、日常の中で見ていた母親の姿が、

・ダラダラしている父の横で母はセカセカ働いていた
父に依存してすべて言いなりになる母をいつも見ていた
自分を犠牲にして尽くしている母を見ていられなかった

そういうネガティブなものばかりだった女性は、母親の父親との関係から「女としての役割」に嫌気が差し、

「あんなふうにはなりたくない」
「あんな風になるなら結婚なんてしたくない」

と自分から結婚を遠ざけることになる。

演技ではなく本当の意味で男性に甘えられるあなたになる方法

そのうえで、演技ではなく「本当の意味で男性に甘えられる/頼れる」あなたになるために大切なのは、
男性が感じたい3つの感情を「テクニックではなく、あり方で満たしてあげられる」あなたでいること

「ありのままを受け止めてほしい」
「存在意義を与えてほしい」
「自分が一番だと感じさせてほしい」

そんな男性の感情を「あり方」で満たしてあげられる女性こそ、結婚後もいつまでの溺愛され続ける女性だ。

あり方で満たせる女性は、特別なことをしなくても自然と満たすことができる

しかし、先程紹介したケースのような経験から心に穴が空いている状態のまま、テクニックで満たそうとしても、自分だけが疲弊し、男性もいつもどこか窮屈そうなあなたを愛することはできない。

シャンパンタワーのように自分から溢れ出る愛で、男性が求める感情を満たしてあげられるあなたになることが大切なのだ。

女性性を開花させ幸せな結婚を叶えていこう!

彼女が好きすぎる男性心理!彼と長続きする秘訣

いかがだっただろうか。

女性性を否定したままの状態では、男性に甘えること=素直な感情を伝えることはできない。
それでは、いつもあなたは我慢して、相手の顔色をうかがって、嫌でも相手に合わせることで関係性をつなぎとめる窮屈な関係性になってしまう。

そうではなく、あなたの中の女性性を開花させ、ありのままのあなたを伝えて、そんなあなたを心から愛してくれるパートナーと幸せな結婚を叶えていこう。

あなたなら絶対に大丈夫だよ。

ただ、小さい頃から我慢することが当たり前になっている女性にとって、女性性の否定につながった過去と自分一人で向き合い、素直な感情を引き出していくことはそう簡単なことではない。

本当に向き合うべき原因まで深ぼる前に、自分で止めてしまう人も多い。

だから恋愛・結婚のパーソナルトレーニング「parcy’s」がある。

幸せにな結婚を最速で叶える効率的な学ぶ順番

parcy'sでは、男女2名のプロトレーナーがあなたらしい幸せな結婚の実現まで最初から最後まで伴走してくれる。
SAP(セルフアウェアネスプログラム)では、自分がブロックになっている思い込みの解放し、自分が本当に大切にしたいものは何か?を自分自身が深く理解することができる。自己肯定感を高めて、自分を信じられるようになることで、彼もパートナーも心から信じることができるようになる。

その結果、トレーニングを受けた「アラフォー・アラフィフ」「甘え下手」「完璧主義」「こじらせ」「バツイチ」などの婚活・再婚活に悩む女性の60%以上が、1年以内に気になる男性や、恋人未満の彼・うまくいってなかった彼から溺愛プロポーズをされ自分らしい結婚を実現している。

まずはparcy's個別相談&説明会を受けてみよう。

ぼくたちが全力でサポートしていくからね。

気になる男性や恋人未満・うまくいってない彼と1年以内に結婚する!parcy's個別相談&説明会はこちら

男女関係のトッププロに1対1で相談parcy's個別相談&説明会はこちら

parcy'sは、結婚や出産のタイムリミットを感じるキャリア女性のために「彼と1年以内に結婚する」をコンセプトに自分らしい理想の結婚を目指す、完全オンラインのトレーニングスタジオだ。

parcy'sで学ぶと、以下のような恋愛・結婚・婚活でおこりがちな悩みから抜け出すことができる。

・男性の気持ちが理解できなさすぎて不安
・彼が全くプロポーズしてくれなくて焦る
・過去の恋愛のように今の彼とは別れたくない
・年齢的にも今度こそ絶対に結婚したい
・彼が今何を考えているか不安、別れようとしてる?

もし、あなたもこんな悩みを持っているなら、 ぜひparcy's個別相談&説明会を受けてほしい。

parcy'sで学べば、彼が思わず絶対に結婚したい、君以外には考えられないというくらい溺愛して必ず結婚できるようになる。
男女関係専門のプロのparcy'sコンサルタントに相談できる。ぜひ受けてみよう!

parcy's個別相談&説明会はこちら

【超精密】彼と結婚できる確率がわかる!仕事9割ミドル女性のためのparcy's診断はこちら

あなたの結婚をつかみとる力&彼との結婚確率を診断してみよう。恋愛・結婚のパーソナル診断「parcy’s診断」では、企業で用いられる適性検査レベルの高精度分析アルゴリズムにより、あなたが抱える結婚の課題と改善点が一目でわかるようになっている。


診断した方には、男性心理を刺激して、彼があなたとの結婚や将来を思わず考え出しはじめるparcy'sの厳選コンテンツも特典としてプレゼントしているよ。

恋愛結婚のパーソナル診断「parcy's診断」

parcy'sの厳選コンテンツで送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

自分らしい理想の結婚を叶えた恋愛・結婚のパーソナルトレーニング「parcy's」の様子はこちら

恋愛・結婚パーソナルトレーニング「parcy's」の受講風景・評判と受講生の声まとめ

「うまくいかなかった恋愛体質をどうやって幸せな結婚体質に変えていったの?」
「彼は本当に私と結婚したくなるの?結婚を決断してくれるの?」
「トレーニングを受けた人はどんなプロセスで変わっていったの?」

…こんな疑問が解消できる、お客様の変化の様子、parcy'sへの声をまとめているので見てみよう!


恋愛・結婚パーソナルトレーニング「parcy’s」の口コミ・トレーニング風景・評判とお客様の声まとめ

もう一記事いかが?彼と深い関係性を築き1年以内の幸せな結婚を実現する方法はこちら

【図解】幸せな恋愛・結婚を自分から壊してしまう人の特徴とその理由

【図解】あのね、幸せな結婚をするために「学ぶべき順番」があるんだよ。

<動画>parcy’sトレーニングお客様の声!仕事の優先1位の人生から一転。彼からプロポーズされ幸せな結婚を叶えました!



parcy'sがたくさんのメディアに取り上げられました!