リアルアカデミー受講生の声!勇気を出して父親に想いを共有!自分を大切にすることの本当の意味がわかった

リアルアカデミー受講生の声!勇気を出して父親に想いを共有!自分を大切にすることの本当の意味がわかった

あげまん理論®︎リアルアカデミーでは、毎月たくさんの女性があげまん理論を学んでいる。

今回体験談を紹介するのは、そのあげまん理論®︎リアルアカデミーに参加した、30代女性のY.Tさん。
あげまん理論を学んだおかけで、自分を大切にするという本当の意味に気づけたという。さらに、年末に父親と深く話をすることができたとのこと。その様子は必見だ。

今回はそんな彼女の声を紹介したい。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在3,932名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

自己肯定感が高いと思っているのに、婚活が上手くいかない・・

自己肯定感が高いと思っているのに、婚活が上手くいかない・・

M.Aさんは、どのような想いでリアルアカデミーを受講したのだろうか?

あげまん理論リアルアカデミーY,Tさん

自分では自己肯定感が高いと思っているのですが、なぜか婚活が上手くいきません。
多分、何か心のブロックがまだ残っているのではないかと思い、受講しようと思いました。

私が私であることを喜べるようになりたいです。

今回リアルアカデミーを担当したのは、上級インストラクターの高橋政臣さんだ。

上級認定インストラクター高橋政臣

Tさんは、人の目をとにかく気にしてしまっていました。
子どもの頃から自立を促されたことで自分を満たすことよりも優先するものが多かったのです。

今回、自己肯定感のワークをしながら「自分に我がままを許す、他の人を気にして頑張りすぎないようにする」と決めてもらいました。

父との関係を見直す!大晦日に勇気を出して父と共有した結果…

Tさんは、自己肯定感を見ていった時に、父親との関係が出てきたという。
それを大晦日の日に直接父親と共有することに挑戦した。

特別な大晦日


私は、この歳になるまで、
ずっと父に言えないことがありました。
おそらく7歳くらいから、
心の奥にしまい込んでいた気持ちがありました。

でも、このまま隠しておくことはできなくて、
大晦日、その気持ちを吐き出すと決めました。

私はすぐに感情的になってしまうので、
まずはノートに伝えたいことをまとめました。
何度も書き直しながら、
ずっとずっと涙が止まらない……

あ〜こんなに感情が溢れるほど大切なことだったんだなぁと、改めて気づきました。
今まで放ったらかしにしてごめんね💦

そして、大晦日。
居間に父と2人きり。
同じ空間にいるのが辛い。
テレビを見て談笑をしている(フリ)。

なかったことにしたい、
逃げてしまいたい。

昔のように、
私の話を聞いてくれないかもしれない。
怒鳴られるかもしれない。
殴られるかもしれない。

そんな気持ちに押しつぶされそうになりながら、

でも、

でも、

自分のために勇気を振り絞った。

時計は23:50、ギリギリセーフ。

・・・・・・・・・・・・・・・

父に伝えたかった気持ち。

辛いことを伝えられずにいたこと。
悲しい気持ちを理解してもらいたかったこと。
本当は誰よりも父に認めてもらいたかったこと。
私のことを信じて欲しかったこと。

そして、

父なりに私に愛情を注いでくれたこと、
父に感謝していること。
父と母の娘として生まれてきて幸せだったこと。

・・・・・・・・・・・・・・・

父は最後まで黙って聞いてくれていた。
10分くらい話すつもりが、
気がついたら1時間も経っていて、
誕生日を迎えていた。

人生で初めて、こんなに長く父と話をした。

父は相変わらず不器用だったけど、
私を愛してくれていること、
私を信じてくれていること、
これからも応援してくれていること、

そんなことを感じ、受け取ることができた。

私にとって大きな1歩となる、
記念すべき日となりました。

私はますます自分らしく、
叶えたい未来に向かって生きていきます。

 

Tさんは、今までの人生でとても重い鎧を着てたような状態だったのだと思う。
父親との関係性は、すごく男性との関係性に影響する。
父親に言えない、伝えられない想いがあるということは、いざ家族となりそうな男性が現れた時にも同じ反応が現れる。

父親に対して認められたいという気持ちが、婚活中も結婚相手を探すときも、無意識のうちに出てしまうことが多い。
認めてもらえない自分を認めてくれる相手を探してしまう現象だ。
ただ、その男性は父親ではない。なのでその男性から得たいものは結局得られない。

その原因・根本から取り除くには、やはり自分の感情の滞りの原因となる父親と向き合うということが何よりも必要だ。

Tさんは、自己肯定感のワークで父親から認めてもらえていない、と感じる自分の感情に気づいた。
それを実際に感情の滞りを解放するために、お父さんと向き合うことを決めた。

とても勇気がある行動だったと思う。
でもその行動や自分の感情をクリアにできたことで、無意識に持っていた認められたいと思う自分を手放すことができた。

自分を大切にするという本当の意味に気づけた

Tさんは、あげまん理論リアルアカデミーを通して、自分を大切にするという本当の意味に気づけたという。

リアルアカデミーに通う女性たちの感想で多い言葉でもある。
Tさんは、欲しいもの買うのも罪悪感があったり、人の目を気にしすぎてたり、自分では自分を大切にしていると思っていたが、そうではなかったという気づきがあった。

自分を大切にするということは、人の目よりも自分がどうしたいかを大切にすること。
自分を大切にするということは、自分が欲しいものを自分のために買うということ。
自分を大切にするということは、自分が伝えたいと思う相手に、しっかりと想いを伝えるということ。

Tさんがこれからも自分を大切にしながら、家族やパートナーと素晴らしい関係性を築いていくことを願っているね。

もう一記事いかが?リアルアカデミーの様子や他の受講生の声はこちら

【完全まとめ】リアルアカデミーの受講風景・評判と受講生の声まとめ

リアルアカデミー卒業生Kさんの結婚式!「話し合える人を選んだから、二人で一つ一つ問題を解決できています」

<動画>リアルアカデミー受講生の声!「抑圧してた感情の解放」と「あげまん力」で自分の人生を生きていけるようになりました!

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!