男性が浮気する3つの動機とその「話し合い」の方法

男性が浮気する3つの動機とその「話し合い」の方法

あげまん理論の読者から以下のような質問が届いた。

彼が同級生と浮気していました


彼が同級生と三年くらいずっと浮気していたことが最近わかりました。
彼は、浮気は浮ついた気持ちと断言していました。彼は、私とは別れるとは言いません。
嘘をついていた彼をこれから信じれるようになるのか、どうやって話し合っていけばいいのか悩んでいます。

 

あげまん理論には、彼や旦那が浮気していました。と相談する女性はとても多い。
今日は、この質問者さんのように浮気していた彼とどのように話し合っていけばいいかを紹介しよう。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在5,947名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

まず大切なマインドとしては、「自分がこれから先もその人と進むか」、「その人と別れるか」を決めなければいけない

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

世間的に浮気されたから別れるとか、男は浮気するものだとか、そういった世間一般の言葉ではなく、「自分がまずどうしたいか?」を決めなければいけない。つまり、「自分がこれから先もその人と進むか」、「これを機にその人と別れるか」を決めなければいけない。

この中で一番してはいけないことは、「我慢すること」だ。
「我慢すること」は誰も幸せにしない。自分も相手も周りの人も、誰も幸せにしない。

あなたも幸せであり、相手も幸せであるためには、前に進まなければいけない。
それはその人とこれからも進むか、その人と別れるかを決めることだ。

まずはそれを決めるための「話し合い」をしていく必要がある。
あなたがまず持つべき目的は、この人と進むか、この人と別れるか、をまず「自分が」決めるための材料を得ることだ。

この自分の目的がはっきりしてないと、「相手の感情」や「相手の罪悪感」や「要望」に対して、飲み込まれてしまったり、どう話しを持っていけばいいのか、どういう方向性で話し合っていけばいいのか分からなくなる。

そしてあなたが「進むか」、「別れるか」がはっきり決まっていないと、今後の関係性も改善されないし、同じこと現象が何度も起きるはずだ。
なのでまずはあなたがしっかりと決めること。

あなたが「今後もこの人と歩む」と決めたら、また今後すれ違いやお互いの信頼が揺らがないようにしていくためにはどうすればいいかを話し合っていけばいい。

話し合いをする前に自分の感情を紙に書き出して感情のマネジメントを行おう

まずパートナーと話し合いをする前に、自分の感情を整理する時間を作ろう。
感情マネジメントしたうえで、ぶつけて怒り狂う悲しみにくれるフェーズがあってもいい。
しかし、話し合いに発展するときには、マネジメントしたうえで、伝えよう。

感情のマネジメントの方法は以下の記事でまとめてあるので見てみよう。

感情をマネジメントする第一歩は、感情を「書く」こと!書くことで自分の「矛盾」に気づく

「進むか」「別れるか」の話し合いの方法

あげまん女性は「自分を再発見する力」を与えてくれる

次に「進むか」「別れるか」の話し合いをする方法を伝えたい。
まず話すときに、しっかりと自分が聞きたいことを伝えよう。

「まず私はあなたと「進むか」、「別れるか」を決めてないんだけど、そのために話がしたい。
それが私の中でしっかりと決まったあと、今後どう進めていくかもう一度決めたいわ。
私の中でそれを決めるために、もう一回「何で浮気したのか?」教えてくれる?」

と伝えていこう。
相手も「浮ついた気持ちだった」ということで、別れる気はないということ、では決めるべきは、自分が進むか、別れるかだ。

決めるために自分が自分聞いておくべきことは以下がおすすめだ。

「どんな条件であれば進めるのか」

まず自分の中でどんな条件であれば進めるのかを明確にしよう。

「彼がもう二度と浮気をしない」と誓ってくれる
「不信感」を感じたときは話し合いを必ず行うと二人で決められる

など自分の中で許せないことをしっかりと見ておくことだ。
それをしっかりと持ってないと、また同じことの繰り返しになるだけだ。

「相手がどんな人間であれば別れるのか」

次に相手がどんな人間であれば別れるのかも決めておこう

「二人の危機なのに「話し合う」気がない」
「深く話し合っても上手くいく未来が見えない」
「お互いに大切にしたいものが明確に違うことがわかった」

などこれから一緒に進む上で、「人としてこの人といるのは難しい」と判断するものがあれば、きちんと別れる覚悟を持たなければいけない。

 

上記のことをしっかりと決めた上で、あなたが自分の答えをちゃんと出そう。
答えが出ないのであれば、出るまで話しをすることだ。

男性の本音をしっかりと引き出すこと。男性が浮気の動機となる3つの理由

女性経営者(社長)の夫の職業は教育者

また話し合いは、しっかりと男性の本音を引き出すこともとても大事だ。
男性が浮気する気持ちは以下の3つが主流だ。

①ただ他の女性と遊びたい

ただ他の女性と遊びたかっただけで浮気することはある。
男性の場合、酔っ払った勢いや美人な人に言い寄られたら軽い気持ちでホイホイとついていってしまうことはある。

それが理由だった場合、しっかりと今後の線引きを二人のルールとしてつけておくことがおすすめだ。
例えば「風俗はいいが、一般の人と遊んだ場合は別れる」、「大人数での飲み会はいいが、二人で食事にはいかない、いった場合は別れる」など二人が一緒にいるために許せるところまで落とし込むことが大事だ。

②あなたに不満を抱えている

男性が浮気をする理由の二つ目は、パートナーに不安・不満をかんじている。という動機だ。
あなたに不安や不満を口に出来ず、外で癒しや「信頼」してくれる女性を探しに行っている。

この場合は、その浮気という現象よりも、パートナーとの根本的な原因を解決しないといけない。浮気をしないと約束したとしても、満たされない不安や不満のまま生活を共に送ることになる。
この根本的な原因を解決しないで「浮気しない」という約束だけさせても、その不満のはけ口が、ギャンブルや飲み会などに変わるだけでパートナーシップが良くなることはない。

なのでこの場合は、男性は何が不満なのか、どうして欲しいのかをしっかりと聴きだすことが大事だ。

あなたより愛したい人が現れた

最後は、あなたよりも愛したい女性が現れたという場合だ。
多くの女性が浮気したときにこの理由を勘ぐるが、この理由は本当に稀だ。この理由だった場合、浮気したとばれる前に、相手の男性から「別れたい」という話が来ることが多い。

また別れると相手が決断する前に浮気が発覚したとしても、あなたとの話し合いで「別れたい」と言ってくる。浮ついた気持ちとか、別れる気はないなどの言葉は出てこない。

だから、この理由の場合は、「別れるため」の話し合いになっていく。

 

上記の3つが男性の浮気の動機だが、ほとんどは①と②だ。
他の女性と遊びたかっただけであれば、お互いが信頼できるルールづくりをしていくこと。
不安や不満で外に「信頼」や「癒し」を求めたのであれば、根本の原因を探り、それをどう解決していくかを話し合うことが大事だ。

①他の女性と遊びたかった動機での「この人と一緒に進むか」を決めるための要素

他の女性と遊びたかった動機の場合の、「この人と一緒に進むか」を決める要素は、あなたがどこまでが許せるのか、相手がどこまでだったら約束できるのかだ。

例えばあなたがルールづくりを提案したとしよう。
「携帯はいつでも見せてほしい」「飲み会は行かないでほしい」「二人で食事は行かないでほしい」「風俗には行かないでほしい」などの要望を出したときに男性側も、自分の要望はあるはずだ。

例えば、「風俗は行きたい」「キャバクラは行きたい」「付き合いでの飲み会は行きたい」「携帯を見せるのは信頼されてないみたいで嫌だ」などだ。

そこは自分がどこまで許せるのか、相手がどこまで約束できるのかをしっかりと話し合うことが重要だ。夫婦やカップルによっては「どんどん浮気してこい!」という人もいるし、「浮気させないために携帯を毎日チェックする」ということが日課の人もいる。

例えば「毎日でも携帯をチェックしたい」あなたと、「どんどん3股、4股でもしたい」彼だとルールとして難しく二人が一緒にずっと歩む未来は見えないだろう。
そうであれば別れるという決めることは必要だ。

②あなたに不満を抱えている動機での「この人と一緒に進むか」を決めるための要素

あなたに不満を抱えての浮気だった場合、彼の不満をしっかりと聞き出した上で、それが自分はできるかどうかをちゃんと考えなければいけない。

例えば、仕事を楽しんでいるあなたに、彼は
「本当は専業主婦で自分のサポートをしてほしいとおもってた。でもそれが言えなかった」という本音だったとしたら、あなたは彼のために専業主婦になりたいかというのを考える必要がある。

女性によっては「なんだそんなこと、全然大丈夫!」という人もいれば、「私は仕事が何よりの楽しみだから難しい」という人もいる。
あなたはどうしたいか?ということを考えることだ。
そしてあなたが幸せでなければ隣にいる男性は幸せになれない。

あなたが生きたい生き方と、彼が本当に求めていることが合致した場合、そのまま一緒に進むことを選んでいいだろう。
しかし、今回の浮気を機に、その方向性が違ったとしたら、お互いのためにも別れることを決断することは大事だ。

浮気などのパートナーとの危機を生かすのもあなた次第である

あげまん女性は、男性に存在意義を与える

浮気されましたという相談は女性には多い。
しかし、そのパートナーとの危機を次に活かすのも、ただ我慢したり、別れるのもあなた次第だ。

話し合うときに、感情を伝えることはダメなわけではない。しかし、感情をコントロールできず怒りに支配されて本当の相手の想いを聞けなかったり、分かりあいたいというあなたの真意も伝わらず、条件面だけの約束をしても意味がない。

「私に不満があったのはわかったけど、それでも浮気は悲しかった。
もうあなたとの未来はダメかもしれないってくらい怒りも湧いてきた。
浮気以外の方法を、ふたりで考えられなかったのかな、今後はそうしたい。」

こういう風に自分の感情をマネジメントした上で伝えることができたら、相手もしっかりと自分の想いを話してくれる。

浮気やパートナーの危機を通じて、お互いを深く話し合い、以前よりさらに信頼し合える夫婦になるのをたくさん見てきた。
また渦中の人にはそう思えないかもしれないが、プラスだと考えることもできる。
しっかりとお互いを信頼を築くステップだと考えることもできるし、この人ではない違うなら違うで早めに分かってよかったと思える機会にしていくことだ。

結局のところ、あなたが自分の人生を信頼していれば、そういう危機は「必要だからこそ起こる」ことだと分かってくるはずだ。

男性は変わっていける生き物だ。でもそれにはその人自身が変わりたいという気持ちがあることがとても大事だ。このまま進むのか、別れるかを決めるのは、相手じゃなくて「自分」だってことを心に刻もう。

あなたが色んな経験を糧にして、自分らしい最高のパートナーシップを築くことをぼくは心から願っているね。

あなたが今日も、「太陽」のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?男性の浮気に対する記事はこちら

男性が「浮気したい」と言ってきたら、あげまん女性はどう答える?

あげまん女性必見!「勝負師」の彼・旦那が離婚や浮気・不倫に走り出すタイミング。その傾向と対策とは?

 

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!