男性の年齢別の「結婚市場」への参入タイミング。男女の結婚願望時期がズレてしまうワケ

男性の年齢別の「結婚市場」への参入タイミング。女性の結婚したい時期と男性の結婚したい時期がズレているワケ

今日は男性の結婚市場についての研究結果を伝えたい。
あげまん理論では、年間480万人の女性が学んでおり、毎日数多くの相談が寄せられる。

最近では男性からも多く相談か寄せられており、そんな相談者さんたちから聞く経験談や、ぼくの友人経営者・ビジネスマンたちの経験から、男性の結婚市場に参入するタイミングや心理が明らかになってきた。

今日は、それを共有することで婚活している女性の参考になったら嬉しい。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在4,048名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

まず男性は「恋愛市場」と「結婚市場」に分けて参加する

まず男性は、「恋愛」をしたかったら恋愛市場、「結婚」をしたかったら結婚市場に参入する。
多くの女性が恋愛している相手と結婚したいと思う一方て、男性は恋愛は恋愛、結婚は結婚と意識的にも無意識的にも別れていることが多い。

「恋愛市場」と「結婚市場」の違いは以下の記事で詳しく説明してあるので見てみよう。
男性が恋愛するときの「恋愛市場」と「結婚市場」の違い

今日は男性が結婚したいと思う年齢、結婚市場に参入したいと思う年齢というものがあげまん理論に寄せられるたくさんの相談から分かってきたのでそれを共有していこう。

20代で男性が結婚したい「結婚市場」は、25歳前後と29歳前後

男性が20代で結婚したいと思う時期、「結婚市場」への参入のタイミングを紹介しよう。

結果よりも「経験」を取る段階を終え、厄年を超えて、勝負をする前に「結婚したい」25歳前後

20代の男性がまず「結婚したい」と思う年齢が、25歳前後だった。
優秀な男性はやはり頭角を表すのが大体20代後半になることが多い。

それまで、特に25歳までは修行!という位置付けで仕事を選ぶ傾向にあって、結果よりも経験を重視して仕事を選ぶ。
だからこの時期は、どんなに優秀な人でも結果が出てない確率が高い。

ただし25歳くらいになると、周りの友人たちも、仕事を任せられたりして、「何か形にしないと」という気持ちが強くなり始める。その時に付き合っている彼女がいれば、男性はそこで仕事に走り出す前に「結婚」を考えるのが25歳前後だ。

男性は24歳が厄年であり、24歳は大変な時期な男性は多い。
ぼく自身でいうと24歳のころは、「重度のヘルニア」になってしまい座るのも立つのも辛かった時期があった。そんな時期でも今の奥さんは支えてくれていた。

ぼくが起業やビジネスを教えた若い男性たちも24歳頃まではとても大変そうだった。だから、25歳はそこを抜け、何か形にしたいという欲求も出てくるし、仕事にがっつり入る前に、「プライベートを整えたい」(=結婚したい)と思う男性が多い。

逆にこの時期を過ぎると、「今の仕事で形にする」というのが終えない限り、結婚に心が向かないというのが、わかってきた男性心理だ。

大学時代から付き合っている女性で、27歳、28歳くらいで別れてしまうケースが多いのは、男性としては「今の仕事を形にすることで必死」なタイミングで、女性側は27歳前後で結婚したいと思うことで起こるすれ違いのためだろう。

30歳目前。次の自分を考え出すタイミングと、仕事で結果がついてくるタイミングの29歳前後

25歳ぐらいから集中しだした仕事が結果が出てくるのが28歳前後のタイミングだ。
ここからは、男性はぼんやりと30歳は仕事で何を目指していくかを考えるようになったり、人を育てていくことだったりがやりたくなってくる年齢でもある。

この時に、付き合っている女性がいれば男性は30代を目前にして「結婚を考え出す」ことが多い。
しかし、20代の恋愛は、同じ相手に対して見る視点が「恋愛市場」から「結婚市場」に心が変わることが多いのが特徴でもある。

つまり、今まで恋愛相手としては良かったけど、結婚相手として考えたときに一緒にいられないという見方になることが多い。

20代の結婚市場の攻略法は、自分のタイミングではなく、相手の男性が「結婚したい」と思うタイミングに合わせること

甘える女性あげまん理論

20代の結婚市場の特徴は、男性は付き合っている相手、つまり同じ相手で「恋愛市場」から「結婚市場」に心が変わることが特徴だ。
仕事に集中モードに入る前に、彼が結婚したいと思ったタイミングで結婚することがおすすめだ。
自分の結婚したいタイミングに固執してしまう女性は多い。
「私は、絶対28歳で結婚したい」というようなことはよく相談で寄せられる。結婚に関しては、男性の方がリスクが大きい(リスクに対する考え方がシビアだ)ことを20代のうちに知っておくことがいい。

自分の結婚のタイミングに固執しすぎて、自分が結婚したいと思ったタイミングは彼は、仕事に集中しているというのはとてもよくある話だ。

なのでオススメは、20代の男性と付き合っているとしたら、男性側の次の挑戦が始まる前に「結婚したい」という欲求に合わせて結婚することがおすすめだ。

30代で男性が結婚したい「結婚市場」は、35歳前後、38歳前後

男性が30代で結婚したいと思う時期、「結婚市場」への参入のタイミングを紹介しよう。

恋愛に飽きて家族がほしくなる35歳前後

特に30代前半は、男性はあまり結婚には向かない時期だ。
仕事で結果が出ている男性で独身者は、結婚市場ではなく、恋愛市場に行っており、結婚する気がないことはとても多い。モテるし、遊べるし、お金もあって、結婚するメリットがとても少なくなる。

また仕事が上手くいっていない男性は、30代前半は仕事に集中していたり、30代初めは劣等感を感じやすい。「俺は30にもなってこれだけしか結果を出せてない」と遠目には結果を出している男性でも思い悩む時期だ。
この時期は恋愛に対しても消極的になる。

一方で男性が結婚したくなることで多い年齢は35歳前後だ。

30代の自分にも慣れたり落ち着いてきて、恋愛に対しても飽きてくる時期であり、独身男性であればドキドキよりも安心や家族に対して意識が向いてくる。
またマネージャー層としても会社によっては既婚者の方が求められやすくなってくるなどの外部圧力も加わる。

家族がほしいけど自分のスタイルと葛藤が多くなる38歳前後

次に結婚したくなるのは、38歳前後だが、ここは男性にとってもかなり結婚したいという欲求は高くなってくる。
40歳を目前に、もう一度自分を考え出す時期でもある時期でもある。

しかし、この時になってくるとかなり結婚までのハードルは高くなる。
友人たちの離婚のニュースは入ってくるし、一人のスタイルができている、恋愛もたくさん経験して良い女性というものがどんな女性か分かっている。

ただの「好き」だけではもちろんダメで、しっかりと家族として二人で未来を描いていくことが何よりも重要になってくる。
実際に35歳を超えてくると、男性は結婚という確率がかなり少なくなる。しっかりとお互いの信頼を築き、未来を二人で創造するようなあげまん理論のアプローチをしていくことが大事だ。

30代の結婚市場の攻略法は、結婚したい男性と付き合い、信頼を築き、未来を二人で描いていくこと

30代の「結婚市場」の特徴は、男性は直接、「恋愛市場」か「結婚市場」かで意図を持って参入してくることだ。
恋愛したいときは恋愛、結婚したいときは結婚したいとしてアプローチしてくる。

なので大事なのは、付き合う前に結婚を意識しているのか、ただ恋愛したいだけなのかを見極めたり「話し合い」をしていくこと。

男性に結婚を意識させるタイミングはいつが最適か?それは「付き合う前」だ。

お互い好きだけではなく、「信頼」を築いていくこと。

男性の親密さは、愛でなく、信頼によって変わる。男性にとっての愛と信頼の違い
男性が結婚を決意するのは、「人生に」共感してもらえたとき。あげまん女性が知っている男女の「共感」の違い

そして、ビジョン会議アポありパートナーシップ会議、あげまん理論メソッド(アカデミーで学習できる)などでしっかりと二人の未来を描いていくことが重要になってくる。これを踏まえてしっかりと、結婚までの道筋を立てよう。

年齢ごとの男性の悩みや欲求を理解し、それに沿ったタイミングで結婚市場を攻略しよう!

男性の悩みや欲求は、年齢ごとに変わってくる。
それを理解して、結婚までの道筋をしっかりと立てれば、結婚することはできる。

40代以降は、男性も一人のスタイルが確立してしまい独身のままでいることが多い。40代であれば、バツイチの男性か、30代の結婚したい年下男性を狙う方が成功の確率はグンと上がるだろう。

男性の年齢や結婚したいタイミング、「結婚市場」に参入してくるタイミングを把握し、確率が高い出会いを選んでいこう。出会った相手と、あげまん理論でお互いの信頼度を高めて、二人で共に成長するパートナーシップを築いていこう。

あなたなたきっとできるよ^^

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?「結婚市場」や「結婚」についての記事はこちら

復縁して結婚する人の割合は?男女の復縁きっかけと復縁後うまくいったエピソード

30代の女性が年収1000万円の男性と結婚できる確率

結婚する気がない男性の見分け方


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!