両親の不仲が原因!?理想のパートナー・理想の結婚がイメージできない

両親の不仲が原因!?理想のパートナー・理想の結婚がイメージできない

parcy’sの読者から以下のような質問が届いた。

理想のパートナー・理想の結婚がイメージできません。


あきらさん、こんばんは。いつもメルマガを楽しみにしています。
今日は思いきって、相談させてください。

私はもうすぐ30歳になるOLです。友達や同僚・後輩の結婚報告のたびに、私も結婚したいと思うのですが、今は彼氏もいない状態です。

年齢的に焦る気持ちもあるのですが、本当のところはどんな男性がいいのか?男性とどう接していけばいいのか、よくわからないのです。結婚はしたいのに、理想のパートナー像とか、結婚生活が全然イメージできないのです。でも、結婚はしたいんです。

こんなこと言うと、ちょっと変に思われてしまうかもしれないから、思いきって書きます。

私の父はいわゆる亭主関白で…両親のようにはなりたくない、友達みたいな夫婦がいいなと思っているのですが、気がつくと父のようにワガママな彼と、それを母のようにガマンする私みたいになってしまうのです。

これって、遺伝みたいなものなんでしょうか?仲の悪い夫婦に生まれたら、パートナーシップも同じような感じになってしまうのでしょうか?

友達にはちょっと相談しにくいので、この状況を抜け出すアドバイスをください。よろしくお願いします。

 

質問ありがとう。
両親の仲が悪い家庭で育ったから、自分の理想のパートナーや理想の結婚がイメージできず、パートナーシップがうまくいかないという相談だね。

これまでも伝えてきたように、両親の関係が子どものパートナーシップに影響することは確かだ。

でも安心してほしい。parcy’sアカデミーの受講生からもよくある相談だし、きちんと対処をしていけば、質問者さんも理想のパートナーシップが描けるようになって、パートナーシップもうまくいく。その方法を解説しよう。

まずは両親からの影響があるのかどうかチェックしてみよう

自分の両親の収入を超えてはいけない

パートナーシップがうまくいかないとき、ほとんどの人は、自分が悪いんじゃないかとか、彼氏が悪いんじゃないかとか、2人の関係に悩んでいる。

しかし、そもそもの考え方や価値観の部分で、両親の仲や両親との親子関係、家庭環境の影響を大きく受けていることにも目を向けてみよう。

例えば、下記で思い当たることはないだろうか。

・両親が離婚している
・両親は喧嘩ばかりで仲が悪かった
・喧嘩はしないが、母親がよく父親の愚痴をこぼしていた
・母親はいつも父親の言いなりで、子どもから見て幸せそうではなかった
・不倫、借金、暴力などトラブルが多かった
・父親は仕事ばかりで不在がちだった

どれか1つでもどれかに当てはまる人は、自分のパートナーシップの価値観に、マイナスに影響している可能性が高い。

そして、質問者さんのように嫌だと感じていた両親の関係を無意識に再現してしまったり、あるいは「両親みたいにはならないように」と、選択肢を狭めたりしてしまっているかもしれない。

選択肢を狭めるパターンは、質問者さんの例でいうと、男性の強い主張に対して、いつも亭主関白だった父親を思い出し、この人は無いと思ってしまうこと。

強い主張というのは、見方を変えれば、家族を引っ張るリーダーシップともいえるから、父親がろくに仕事をせず、母親が一生懸命働いてなんとかやりくりしていた家庭で育った人には、魅力的に感じることもあるだろう。

だから、どんな男性が「正解」ってことはなくて、全てはあなたの理想の生き方次第だということだ。

趣味やこだわりがないから、色々な事を提案して、人生を楽しくリードくれる男性があなたの理想のパートナーかもしれないし、稼ぎはそこそこでいいから、毎日家で一緒に夕食を食べられる時間に帰ってきてくれる人が、あなたの理想のパートナーかもしれない。

正解はない。ただ、両親が不仲のせいで、あなたが本当に得たいパートナーシップを選べないということが問題なだけだ

両親の仲が悪かったとしても理想のパートナーシップを築くことや、幸せな結婚はできる。あなたはもう、小さな子どもじゃないんだ。ひとりの大人の女性として、あなた自身で何でも決められるということを自覚しよう。

まずはあなたの「理想の人生」について考えよう

これは質問者さんだけじゃなく、婚活中の女性全員に取り組んでほしいことだけど、理想のパートナーや理想の結婚の前に、大前提としてあなたの「理想の生き方」を真剣に考えるべきなんだ。

「結婚したいのに、いい人がいない」と言う女性は、結婚相手に関する職業や年収、外見などの条件はあるのに、自分の理想の生き方についてはイメージがぼんやりしていることが多い。

このブログで何度も伝えてきたように、いいパートナーシップというのはお互いが別々の船に乗って、同じ方向に進むことだ。つまり、あなた自身の人生はあなたの手で漕いで進んでいかなければならないし、そのためには、自分がどの方向に進みたいのかを、自分で考えておかないといけない。

両親が不仲だったとしても、あなたの人生はあなたのものだ。世の中には、幸せなカップルが溢れているんだから、それを理想のパートナーシップとして参考にすればいい。ぼくも世界中を旅しながら、多くの素晴らしいパートナーシップに触れることができて、本当に良かったと思っているし、今でも「いいな」と思うカップルは参考にしている。

あなたの進みたい方向が明確になれば、あなたの理想の生き方を叶えていくためのパートナー像が描けるようになる。それから婚活したほうが、いいパートナーに出会える確率もグッと上がるはずだ。

実際、parcy’sアカデミーでも理想の生き方について考える時間をとっていて、そのカウンセリングやトレーニングを終える頃から、新しい彼氏ができたり、ギクシャクしていたパートナーとの関係が改善できたりしている。

理想の生き方について考えることは、それくらい大事なことなんだ。

理想の生き方・理想のパートナーシップを描くステップ

ここで、理想の生き方を描く順番を紹介しておこう。この行程にしっかり取り組むことで、質問者さんの「理想のパートナー、理想の結婚がイメージできない」を解消していける。

①自分の理想の生き方を描く
②それを共に生きてくれる男性との関係を描く(理想のパートナーシップ)
③理想のパートナーシップを共に生きてくれる男性像を描く

詳しいやり方は、下記の記事を参考にして、静かな場所でじっくり時間をかけて取り組んでみてほしい。自分の理想の生き方を描くことは、男女に関係なくとても大事なことだ。

あなたはあなたの人生を漕ぎ出そう

改めて自分の人生の船を漕ぎ出そう

いかがだったろうか。今回、相談してくれた質問者さんには、現状を両親の不仲のせいにはしないで、自分自身の人生と向き合うことで、新たな一歩を踏み出してほしい。自分の人生と真剣に向き合えば、理想の人生や理想のパートナーシップが見えてくるはずだ。

紹介した関連記事を読んで、取り組んでみても難しいときには、ぜひプロの力を頼ってほしい。parcy’sの個別カウンセリングでは、ひとりひとりの悩みに合わせた具体的なアドバイスで、あなたが前に進めるよう、サポートしている。

取り組む前の疑問をぶつけたり、取り組んだあとの答え合わせのように、話してみるのもおすすめだ。

あなたが自分自身と向き合って、理想の人生・理想のパートナーシップを描き、幸せになることを、ぼくは心から願っているよ。

あげまん理論5ステップ動画講座では、自己肯定感を高める方法やメカニズム、男性心理やコミュニケーションの取り方、パートナーと深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。5ステップ動画講座に登録した方には、自己肯定感を高めるヒントになる個別カウンセリングが受けれる特典も用意してるよ。ぜひ見てみよう!


あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

あげまん理論5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

理想のパートナーシップの築き方がわかる個別カウンセリングはこちら

パートナーシップ個別カウンセリング

parcy’sやあげまん理論の記事を読んで

・もう少し具体的に今の悩みと記事をつなげて説明して欲しい
・動画や記事の内容は頭では理解できるけれど、自分は何から始めたらいいのか分からないから相談したい

自分にとっての具体的なアドバイスが欲しい方は、ぜひ個別カウンセリングを受けてほしい。

本当は別れたくない、浮気・不倫、喧嘩ばかり、進展しない関係、
「どうにもできない」という悩みも、プロのパートナーシップカウンセラーに相談できる。ぜひ受けてみよう!

個別カウンセリングはこちら

自己肯定感を高め、理想のパートナーシップを築けるparcy’sアカデミーの様子はこちら

【完全まとめ】parcy’sアカデミーの受講風景・評判と受講生の声まとめ

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう1記事いかが?パートナーシップと両親との関係についての記事はこちら

あのね、恋愛とは「子どもの頃の親との関係」の再現なんだよ

あのね、今のパートナーはあなたの「男性性」をうつす鏡なんだよ

【保存版】4つの男性性と女性性の違いを理解して、パートナーと共に成長していく方法

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!