倦怠期の上手な乗り越え方!「不安」を燃料にする恋愛を卒業しよう

倦怠期の上手な乗り越え方!「不安」を燃料にする恋愛を卒業しよう

parcy’sの読者から以下のような質問がきた。

お互い忙しくなり、会話も少なくなり、倦怠期になりました


いつもサイト見ています。勉強させていただいています。
私には、5年間付き合っている彼氏がいます。最初のうちは、会えるのが楽しみで、毎日電話もしていました。
ですがお互い忙しくなり、会話も少なくなって、この1年で複数回倦怠期らしき期間がありました。
そしていまもまさに倦怠期中です。

お互い話し合って、一度距離を置こうかという話になりました。
私自身も本当に彼を愛しているのか、好きなのか自信がなくなってきました。

このような場合、どうすればいいのでしょうか?

 

質問ありがとう。
今日は倦怠期になってしまう人の特徴から、倦怠期の乗り越え方を紹介していこうと思う。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在8,883名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
parcysLINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

倦怠期とは?倦怠期になってしまいやすい人の特徴

まずそもそも倦怠期とは、恋人やパートナーにドキドキしなくなったり、マンネリ化した関係になったりしている時期のことだ。
だけど、このように倦怠期だと感じてしまう人には大きな特徴がある。

それは、お互いに将来の意図や、未来について考えず、ただ好きだから付き合ったり、何となく付き合ったりしてしまうことによって起こることが多い。つまり、若い恋愛や未熟な恋愛の際に起こりやすいと言える。

恋愛の初期というものは、ドキドキや刺激を燃料にお互いが燃え上がるものだが、その燃料は、3年でなくなってしまうことがほとんどだ。
恋人やパートナーとの関係性を、そのドキドキや刺激といった燃料で続けていく限り、一緒にいればいるほど一緒にいることが当たり前になり、ドキドキや刺激といった燃料は尽きてしまう。

つまり、ドキドキや刺激を燃料にする恋愛を卒業していかないかぎり、倦怠期にいつも悩まされられるパートナーシップがやってくるということだ。

倦怠期を乗り越えられないのは、「不安」を原動力にパートナーシップを築いているから

聴くって「へーそうなんですね」てただ聴けばいいんですか?相手に二つの感情を与える意識が大切

恋愛のドキドキや刺激といった燃料の正体は、「不安」なんだよね。
会えない時の寂しさ、私のこと本当に好きなの?という疑い、他の人への嫉妬・・・など「不安」を燃料にドキドキや刺激を燃やしているんだ。

これが、長く付き合ってお互いのことを知ってくると、不安が起きなくなる。
そうなると、情熱的な恋愛はできなくなる。情熱的な恋愛ばかりを求めている人にとっては、不安がなくなった瞬間に倦怠期となり、その人との関係が終わってしまうのだ。

情熱的な恋愛を求めすぎる人は、不安がいっぱいある不倫や浮気、略奪愛などの傾向に走ってしまう。
これは「不安」を原動力にしたパートナーシップで、いつまでも幸せなパートナーシップを築くことはできない。

もちろん自覚して、自分は一生たくさんの人と恋愛を楽しむと決めている人は別だが、
心が通い合う相手と結婚して、自分らしいパートナーシップを築き、ともに成長していける関係というのは無理だ。

倦怠期を乗り越えるには、自己肯定感を高めていくこと

あげまんの類語・同義語って何?

以前の記事「恋人とパートナーの違いは?恋愛で「人生のパートナー」と「ただの恋人」との違いをチェック」でも伝えたが、ただの恋愛と人生をともにするパートナーとの大きな違いは、ドキドキや刺激ではなく、安心と充実感を感じるかどうかだ。

ドキドキや刺激がなくなったということは、不安がなくなったということ。
つまり、パートナーとの安心や充実感が生まれているんだということだ。

本当のパートナーシップは、相手に対して不安がなくなってから始まるものなんだよ。
不安がないから大きく燃え上がるものではないけど、安心というあったかい空気が二人を包み人生に充実感を与えてくれる。

それは幸せなパートナーシップにおいてはとても大切なものなんだよ。

でも、自分自身を認めてなかったり、自分を否定してたり、自己肯定感が低かったりすると、「不安」の燃料が麻薬のように中毒性を帯びてしまう。
そして不安がなくなったら、とても「自分は愛されてないんじゃないか」という強い恐怖感を持ちやすい。

そこから抜け出すためには、自分を認めること、自分を愛すること、自己肯定感を高めていくことだ。
自分を認めてたら、不安を燃料にするような恋愛なんてめんどくさくてしょうがない。

自己肯定感が高くなっていくと、安心の中での恋愛しか興味がなくなってくる。
つまり、不安という燃料が尽きた状態=倦怠期なんてものは存在しなくなるのだ。

自分自身がどんなパートナーシップを築いていきたいのか深く向き合ってみよう

あげまんの反対語って何?さげまんとあげちん(アゲメン)を知ろう!

若いときは、恋に恋して付き合ってしまったり、不安を人生のスパイスにできた時期はあったかもしれない。でも、本気でパートナーシップを育んでいく、築いていくと考えた時に、不安を燃料にする恋愛は卒業する必要はあるよね。

あなたらならきっとできるよ。
自分自身が人生において、どんなパートナーシップを築いていきたいのか深く向き合ってみよう。
それはどんな理想なのか。それは今の相手とできることなのか。できるなら、どう未来を話し合っていけばいいだろうか。それを考えてみよう。

そしたら、今の倦怠期から抜けることができるよ。大切なのは「あなたはどうしたいのか?」だよ。
人生においてどんなパートナーシップを築いていきたいのか?それが分かれば、相手とどんな話をしていけばいいかがわかってくるからね。

もし自分一人だと分からない向き合っていけない場合は、parcy’sの体験個別カウンセリングを受けてみてほしい。プロのパートナーシップトレーナーのサポートを受けるだけで、全く違う自分を見れることができるよ。

ぼくたちはあなたが、理想のパートナーシップを築けるよう全力でサポートするね。

parcy’s5ステップ動画講座では、自己肯定感を高める方法やメカニズム、男性心理やコミュニケーションの取り方、パートナーと深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。5ステップ動画講座に登録した方には、自己肯定感を高めるヒントになる体験個別カウンセリングが受けれる特典も用意してるよ。ぜひ見てみよう!


あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

parcy’s5ステップ動画講座はこちら

parcy’s5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

理想のパートナーシップの築き方がわかる体験個別カウンセリングはこちら

パートナーシップ体験個別カウンセリング

parcy’sやあげまん理論の記事を読んで

・もう少し具体的に今の悩みと記事をつなげて説明して欲しい
・動画や記事の内容は頭では理解できるけれど、自分は何から始めたらいいのか分からないから相談したい

自分にとっての具体的なアドバイスが欲しい方は、ぜひ体験個別カウンセリングを受けてほしい。

本当は別れたくない、浮気・不倫、喧嘩ばかり、進展しない関係、
「どうにもできない」という悩みも、プロのパートナーシップカウンセラーに相談できる。ぜひ受けてみよう!

体験個別カウンセリングはこちら

自己肯定感を高め、理想のパートナーシップを築けるparcy’sアカデミーの様子はこちら

【完全まとめ】parcy’sアカデミーの受講風景・評判と受講生の声まとめ

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう1記事いかが?倦怠期についての記事はこちら

大好きだけど、別れることになる人の特徴

倦怠期の話し合いへの切り出し方は?彼氏だけ倦怠期になった場合の乗り越え方もチェック!

恋人とパートナーの違いは?恋愛で「人生のパートナー」と「ただの恋人」との違いをチェック

 

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!