初妊娠のときに彼から「寂しい」と言われました。あげまん女性ならどう対応していけばいいですか?

初妊娠のときに彼から「寂しい」と言われました。あげまん女性ならどう対応していけばいいですか?

あげまん理論の読者から以下のような質問が届いた。

彼の「寂しさ」について不安です


こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。
記事の内容を、自分と照らし合わせながら、パートナーとの関係を深めるために参考にさせていただいています。

さて、今日はパートナーとのことで相談させていただきたくて、メールを送りました。
私は、現在付き合って4年半経った彼と3月中旬に入籍しました。妊娠6ヶ月の授かり婚であります。
今は、お互いの仕事の都合で別居婚状態で、週に一回お互いの家を行き来したり、彼の仕事(農業)を手伝ったりしています。彼は、私の3つ下になり、一度離婚した経験もあります。

それで、その彼とのことなのですが、先日彼との会話の中で、彼の口から「寂しい」という言葉が出てきました。
何が寂しいの?と聞き返したのですが、彼自身、何による寂しさなのか漠然としているようで、私の体がぶくぶく太っていくことが寂しいと冗談めかして言っていました。

妊娠が発覚し、これからどうするか話し合った時にも「寂しい」というワードが出てきていました。
その時、言っていたことは、
❶私との2人の時間がなくなってしまう寂しさ、
❷子どもができたら子ども中心になってしまう寂しさ、
❸私が変化して(子ども中心になる)しまう寂しさ

等等を言って、妊娠や入籍について前向きではありませんでした。
その際、私自身感情的になってしまいましたが、彼が何に不安になっているのか考え、気持ちに寄り添いたいなと思い、改めて私が彼とどうしていきたいかを伝え、今に至る次第です。

この連休にはお互いの親の顔合わせも済ませ、彼との時間の中で幸せを感じたところなのですが、彼の「寂しい」という言葉が、なんだか魚の小骨のようにひっかかり、今回相談させていただきました。

彼の離婚の原因も話を聞くと、寂しさから来る浮気だったようです。彼の寂しさは、彼だけのものなので、私が解決できることではないし、埋めてあげられるものでもないなと私自身、思っています。
それから、なんとなく彼の寂しさは彼のお母さんとの関係によるものではないのかなと思ってもいます。

彼には、長い間心臓を患っているお母様がいて、一年半前に亡くなったばかりです。
彼の寂しさは、彼自身が解決するものとは思うのですが、あげまん女性であれば、パートナーの寂しさを解消できるのではないのかなとも思い、お考えをお聞きしたくて質問させていただきました。

あげまん女性の視点で考えるならば、今後、彼にどのように対応していけばいいのかご助言いただければと思います。

 

質問ありがとう。
初めての子どもができたり、妊娠したときはより、男性の不安は精神面で現れやすい。
今日はこちらの質問に答えていこう。

パートナーの初妊娠、初出産で男性はメンタルをかなり崩しやすい

初妊娠・初出産でパートナーシップが悪くなる夫婦と良くなる夫婦の大きな違い

以前の記事「初妊娠・初出産でパートナーシップが悪くなる夫婦と良くなる夫婦の大きな違い」でも書いたが、男性は初妊娠・初出産の時期はかなりメンタルを崩しやすい。
それは質問者さんのパートナーのように「失う恐怖」や「寂しさ」を感じやすい。

なぜそんな風に感じるのかというと、初めての妊娠出産などでは、

「自分は良い父親になれるんだろうか」
「家族を守っていけるくらい仕事で稼げるだろうか」
「子ども中心になって、自分は必要なくなるんじゃないか」

などの不安を感じやすい。それがよりさらに深い悩みになると
「自分は価値がない人間じゃないだろうか」
「自分の存在意義はないんじゃないだろうか」

という風に精神が落ちていきやすい。
それが行き過ぎると、妊娠中の浮気などにつながりやすくはなっていく。

対処する心の在り方としては、男性は初出産・初妊娠時はそうなるものと知っておくこと

結婚前提とは男性にとってはどんな意味?男性心理における「結婚前提」を知ろう!

女性であるあなたに知っておきたいのは、男性は初出産・初妊娠時はそうなるものと知っておくことだ。
サナギから蝶になるように、男性も心が親になろうとしているしている時期なんだということだ。

その時に、女性はもちろん肉体的にも精神的にも大変なんだけど、男性の心の大きな不安は見過ごされがちで、それを否定していると傷つき「寂しさ」で外に居場所を探しにいくのが男性という生き物だ。

だけど、お互いが思いやり、支え合えば初出産・初妊娠は深い信頼関係を築ける大きなイベントになる。

男性は、女性よりも親になる感覚が遅れてやってくる。
女性は妊娠中に心が親に変化し、子どもが生まれると完全に親としてマインドに変わるが、
男性は妊娠半年後くらいから心が変化し出し、自分の子供から「パパ」と呼ばれ出す時期になって初めて親のマインドに変わる。

このタイムラグが、パートナーシップでは大きなすれ違いとなる原因だ。
この精神が親になるタイムラグを知っておくことで、女性側としては対処することができるはずだ。

女性のあなたは妊娠中から親へと変化し始め、子どもが生まれるときには、既に親になっているのに対し、男性の心はまだまだ二人だった時と変わらない。そのタイムラグが男性の「寂しさ」の正体だ。

パートナーの寂しさを受け入れつつ、お互いがちゃんと親になれると信じること

男性と女性の愛の"ものさし"の違い!男性は「日常」、女性は「非日常」で愛を測る

あなたの在り方としては、パートナーの寂しいという感情をないがしろにせず、きちんと受け止めてあげよう。

あげまん女性

そうだよね、「寂しい」よね。
初妊娠・初出産のときは、男の人ってその状態になるらしいよ。
でも、それって心が親に変化しようとしてるんだって。だから、あなたもこの子の親になろうとしてるんだよ。

私も大変だけど、あなたも大変だよね。いつも本当にありがとう。
あなたがいてくれるから、私もがんばれるよ。
一緒に支え合って、成長していけたらいいな。

そんな言葉を伝えてあげてほしい。
誰かの親になるって、本当に怖いことだと思うし、大変なことだと思うよ。
女性であるあなたも、もちろん不安だろうし、大変なのはみんな分かってる。

でもそれでも、自分だけや子どもだけに集中してたらいけないんだよね、家族って。
お母さんになるってことは、そういうことなんだよ。

良くも悪くも、家族の中心はあなたなんだ。自分も幸せにして、家族も周りも幸せにしてほしい。
あなただったらそれがきっとできるよ。

もし誰かに相談したかったり、話を聞いてほしいと感じたなら、ぜひ個別カウンセリングを受けてみてね。
ぼくたちはあなたの人生を本気でサポートするよ。

あげまん理論5ステップ動画講座では、自己肯定感を高める方法やメカニズム、男性心理やコミュニケーションの取り方、パートナーと深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。5ステップ動画講座に登録した方には、自己肯定感を高めるヒントになる個別カウンセリングが受けれる特典も用意してるよ。ぜひ見てみよう!


あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

あげまん理論5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

自己肯定感を高めることができるparcy’sアカデミーの様子はこちら

【完全まとめ】parcy’sアカデミーの受講風景・評判と受講生の声まとめ

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう1記事いかが?妊娠・出産や子育てに関係する記事はこちら

初妊娠・初出産でパートナーシップが悪くなる夫婦と良くなる夫婦の大きな違い

「聴く」ということは、相手に本音を話してもらう「空間を与える」ということだよ

自己肯定感が低いと子育てにも悪影響。母親がまず自分を認めることが子どもへの最高のギフトだと知ろう。

 

 

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!