【中編】恒吉彩矢子×中村あきら対談『「結婚をしたい」と「心の底から」思うには?』

恒吉彩矢子×中村あきら対談『

ハッピーライフコンサルタントとして20冊以上も著書を出版しているベストセラー作家の恒吉彩矢子さん。これまで、5,000人以上に”心と体を健やかにする”アドバイスやセッションを行い、さらに公演や著書を通じて、”自分らしく幸せにいきる”ためのメッセージを発信し続けています。ご自身もアラフォーオーバーで、プロポーズを受けて、理想的な旦那さんと結婚をされました。今回は、恒吉彩矢子さんが考えるあげまん女性とは、また理想の男性と結婚をするための秘訣について聞きました。

【前編】『パートナーシップにおける引き寄せの法則はこれだ!』はこちら
【中編】『「結婚をしたい」と「心の底から」思うには?』はこちら
【後編】『自分の理想以上の男性を引き寄せるには?』はこちら

恒吉彩矢子×中村あきら

あきら 最新刊の「いままで結婚しなくて正解だったと思える本」というまさにタイトル通りなんですが、結婚しなくて正解だった、と思うことが大事ということなんですか?

恒吉 というよりも、この本を読んでからのほうが、絶対にいい方と出会えるようになるし、パートナーシップも上手くいくから、いままで結婚しなくて正解だった、という意味なんです。

あきら 本を読むと正解だった理由が分かるんですね。

恒吉 はい。この本では、いままで結婚しなかった理由を知り、いまから理想以上のパートナーと出会うための方法をたっぷりとお伝えしています。私は結婚相談所でセミナーもしていますが、結婚相談所に入っているのになかなかいい方と出会えなくて、「自分が足りてないからだ。自分が高望み過ぎるからだ」と自分を否定される方がたくさんいらっしゃいます。でも、それが本当の理由ではないんです。高い入会金を払って結婚相談所に入るぐらいやる気があるように見えても、心の底では、「結婚したら自分のお金や時間が無くなる」とか、「結婚って大変、結婚って面倒くさい」と結婚を怖れて、本当の本音では結婚を望んでいないので、引き寄せることができなかったのだ、と気づいていただくことからスタートします。

あきら そうなんですね。

恒吉彩矢子×中村あきら

恒吉 いままで結婚していない方というのは、自分に足りないからではなく、結婚への怖れがあったり、自分のことを肯定できていなかったり、自分を満たすことが得意でなかったりしただけなんです。ですから、そこが整っていけば、結婚を引き寄せやすい自分になるんですよ。

あきら まず結婚に対して、自分がどう思っているかしっかり向き合うのが大事ということですね。

恒吉 はい。結婚でも、お金持ちになりたいという希望でも、あげちんの男性を求めることでも、もしうまくいっていないとしたら、それは心の底で、「でも無理なんじゃないか」と思っているから、「無理」を叶えてしまっていたのかも、ということに気づけたら、1歩大きな前進です。

あきら ぼくのセミナーでも、たくさんの女性が結婚相談所に通いながら自分は選ばれるのかな、自分は愛されるのかな、という悩みを抱えています。実際に、自分は大丈夫と思ったとしても、本心では思えないのかなと思うんですが、本心で思うようになるためには、どういうことをしていけばいいんですか?

恒吉 まず1つは、自分がダメなところを、魅力に転換していくということです。

あきら 弱いところは強みでもある。

恒吉彩矢子×中村あきら

恒吉 そうです。あともう2つ目が、自分を「せかしあ」すること。自分で自分を大切にして、「自分はこういう幸せなことを経験してもいいんだ」と心から思うようになることです。たとえば旅行に行きたいと思ったときに、誰かが連れて行ってくれるのを待っていたら、いつになるか分かりませんよね?ですから自分で行ってしまうのです。それで、自分1人でもこんなに楽しいんだから、パートナーがいたらもっと楽しいだろうから、早くパートナーとこういう所に行きたいな、というような気持ちになれば、受け入れ態勢がどんどん整ってきます。

あきら 自分にOKを出していくということですよね。自分にOKを出していく方法としては、1人で旅行なども行って、体感してしまうというような感じでしょうか?

恒吉 それもありますね。何よりも、「どうせ私は」と思っていると、「どうせお前は」という人を引き寄せてしまいます。ですからまずは自分に幸せな体験を重ねて、「私はこんなに素敵でこんなに幸せな経験をたくさんできているんだから、もっと幸せになってもいいよね」と思うぐらい、自分を認めて、肯定することを続けていくと、自分を幸せにしてくれる人とどんどん出会いやすくなります。

あきら 本心から「そうなる」と思うことなんですね。

恒吉 はい。引き寄せの法則の怖いところは、「こうなりたい!」と思えば思うほど、「自分はそうではない」と同時に思って、そちらの方を引き寄せてしまうということ。ですから、「自分はそれに近づいている」、「自分は幸せになるのが当然の幸せな人だ」と本心から思うようになることがとても大切なのです。そうすると、同じものを引き寄せますから、幸せなことが引き寄せられてくるんですよ。

あきら いいですね。分かりやすいなと思います。そういう体験で、自分の当たり前度のようなものを上げていくということですよね。

恒吉 そうです。「私は幸せな結婚ができるだろうか?」と思っているときというのは、同時に「できないかも」と思っています。だから、感じがいい方が来ても、「私なんてダメよね」と遠慮してしまうので、キャッチしそこなって、「やっぱり私はダメなんだ」となってしまいます。ですから、今の自分をどんどん幸せにして、「よーし来た、ついに来た。究極の花ムコ!」をキャッチするんです。

あきら なるほど!それにしても、なぜこの本を書かれたのですか?

恒吉彩矢子×中村あきら

恒吉 実は私、10年以上、引き寄せの法則を使って幸せになる方法をお伝えしてきたのに、結婚だけはなかなか引き寄せられなかったんです。

あきら それは何か理由があったのですか?

恒吉 私は、口では「そろそろ結婚しないとね」と言いながら、心の中では「結婚をしたら家事をしなくちゃいけないし、実家から離れないといけないし」と怖れがたくさんあったのです。ですから、「今のままでいい」という思いが独身生活を引き寄せていたんですね。それに、パートナーがいなくても、充実して幸せでしたし。
でも、「結婚してパートナーと一緒に人生を味わう、そういう幸せも経験したい」と、心の底から本気で思うようになり、本に書いてあるように心の準備を整え、結婚するためのアクションをし続けたら・・・。なんと想定外のプロポーズを受けて3カ月で入籍したんです。

あきら 3カ月で入籍されたんですね。話を聞いて、心の中では実家に住みたいというところに気づいたというのがキーポイントだなと思ったんですが、そういうのに対して「気づく」ために、なにかできることはありますか?

恒吉 本のワークにもあるんですが、自分はこうなりたいと思うことがうまくいかない場合は、結婚であれば「大好きな実家から離れる」とか「自分の時間が無くなる」とか、ネガティブなことや不安に思っていることがないかなと、考えてみるといいと思います。

恒吉彩矢子×中村あきら

あきら 自分はこうしたいのに引き寄せられていないということは、何か自分が見つけられていない「気づき」があるということなんですね。

恒吉 はい。ですからまずは、自分が怖れていることに気づき、それを解除していくこと。さらに、受け取り上手になるために、幸せになる自分を認め、肯定すること。そしていつも自分を幸せにしていると、理想のパートナーを引き寄せるようになるんです。

あきら そのプロセスがすごくできている女性は、男性に対しても「あなたはそうしたいと言っているのに引き寄せてないってことは、何かあるんじゃないの」と、深い気づきのところに持っていってあげられるなと思いました。

恒吉 そうなんです。自分ができていたら、他の人が上手くいってなかったら、「この人はなにかブロックがある」とわかりますよね。ですから対話することで気づいて、それを解除して、男性をどんどん引き上げるようになると思います。

あきら ぼくの理論に、あげまん女性とは褒めているのではなく、「気づき」を与えているのだというものがあります。その気づきを与えるときに、先程のような方法を試していただければいいなと思いました。

恒吉彩矢子×中村あきら対談『

Photo by Akinori Hamada

次回は、『自分の理想以上の男性を引き寄せるには?』をお届けします。

【前編】『パートナーシップにおける引き寄せの法則はこれだ!』はこちら
【中編】『「結婚をしたい」と「心の底から」思うには?』はこちら
【後編】『自分の理想以上の男性を引き寄せるには?』はこちら

恒吉彩矢子さんのプロフィールはこちら

ハッピーライフ・セラピスト。
リラクゼーションサロンを経営し、アロマセラピー、整体、ヒーリング、カウンセリング等を現在までに、のべ5000名以上に行っている。

さらに、多くのクライアントや成功者と接するなかで、「ツキとハッピーを引き寄せる法則」の研究を行う。
現在はサロンを経営しながら、ブログ、メルマガ、書籍、講演活動を通じて、自分らしく幸せに生きるためのメッセージを発信。

著書は『仕事と人生が100倍うまくいく!「喜び」と「怖れ」の法則』(きこ書房)、『幸運が舞い込む プリンセスルール』(中経出版)等多数。

恒吉彩矢子のツキとハッピーに愛されるホームページはこちら

もう一記事いかが?あげまん理論の結婚に対する記事はこちら

男性が結婚を決意するのは、「人生に」共感してもらえたとき。あげまん女性が知っている男女の「共感」の違い

Vol.4 白石新×中村あきら対談「ぼくたちが結婚を決意した瞬間。男性は結婚を「理屈」で考えるんだよ。」

あげまん・あげちん理論テクニックまとめ!あなたに成功を見させてくれる男性の探し方とコツ!

【セミナー参加者の声】Twitterで大反響!「結婚」に対する男の本音と、今後、結婚相手を見つけるための私の対策方法


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。