映画『糸』の小松菜奈さん演じるヒロインに見る「理想の生き方」を描くこと、自己肯定感が高まることの大切さ

映画『糸』の小松菜奈さん演じるヒロインに見る「理想の生き方」を描くこと、自己肯定感が高まることの大切さ

2020年8月21日に公開された、映画『糸』。この映画のヒロイン・園田葵(そのだ あおい)の生き方からは、「自分の理想の生き方」を描くこと、自己肯定感を高めていくことの大切さが、わかりやすく伝わってきた。

その他にも魅力的なキャラクターが登場していて、自己肯定感や理想のパートナーシップで悩んでいる人にはヒントがあると思うので、解説しよう。

すでに観た人も、これから観るという人も、ぜひ参考にしてね。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在7,275名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

ストーリーを少しだけご紹介

映画『糸』は、中島みゆきさんの名曲『糸』をモチーフにした、人と人との「めぐり逢い」をテーマにした作品

映画『糸』は、中島みゆきさんの名曲『糸』をモチーフにした、人と人との「めぐり逢い」をテーマにした作品。
平成元年生まれの男女が、13歳のときに北海道で出会い、初恋をする。しかし、家庭の事情で離れ離れになり、大人になって再会するもののすれ違い、さらには遠く離れ、それぞれの人生を歩む。そんな二人が平成最後の日に再会し、運命的に結ばれる。

平成という時代も感じられるし、北海道、東京、沖縄、シンガポールと舞台を移していく壮大なラブストーリー。

小松菜奈さん演じる園田葵の自己肯定感の変化

まず最初に注目したいのが、ヒロイン・園田 葵が世間一般から比べたら大変な状況で育ちながらも、「理想の生き方」を持っていたことだ。

中学1年生の葵は、父親とは死別し、母親の若い恋人から殴る蹴るの暴力を受けて育つ。
この時点の葵の願いは「普通の生活」で、心の支えは漣(れん・菅田将暉さん)との楽しい時間。目の前で暴力を振るわれていても、助けてはくれない弱い母との別れを決意し、「中学を卒業したら働く」と、しっかり勉強を続け、そんな環境に耐えている。
彼女は幼いながらも、「普通の生活」という自分の理想を叶えるために、努力を続けていた。この時点ではまだ、頑張り屋さん。

自己肯定感低めの葵✖️さげメン

その後、葵は母と距離をおき、水商売のバイトをしながら大学進学も果たす。ファンドマネージャーの水島(斎藤工さん)と出会って同棲し、「普通の生活」以上の暮らしをはじめる。
愛しているかどうかわからない男性と、流されるように付き合ってしまう葵からは、自己肯定感の低さが感じられる。

ほどなくしてリーマンショックが起こり、水島の会社は経営破綻。葵にお金だけ残して、沖縄に逃げる。そんな水島を追って、大学を辞めて沖縄に行き、「今度は私に頼って」と支える葵。しかしまた、水島はお金を残して葵の前から去る。彼の行動には、さげメンの特徴が出ているよ。

前に進むために過去と向き合い、葵の自己肯定感が高まりはじめる

東京に戻った葵は、役所からの母への通知をきっかけに、生まれ故郷へ。偶然、役場で漣と再会する。
自分の過去と向き合い、「お母さんに謝ってもらいたい」と母の消息を求め、函館の伯父を尋ねるも、母は病気で他界。「一度でいいから抱きしめてほしかった」という本音を漣に語り、母親との関係に一つの区切りをつけることができた

しかし、このとき漣には結婚を約束した人がいたし、葵は親友から一緒に働こうと誘われていた。過去と向き合えた葵は、「海外で働く」という夢を叶えにシンガポールへ。

実は、育った環境や親との関係が、大人になってからのパートナーシップに大きく影響する。だから、ここで葵が過去と向き合えたことには意味があるし、ここから数年、葵がパートナーと呼べるような男性と付き合わずに、自分の夢を優先させたのも、まずは自分を満たしてからという時期に彼女がいたんだと理解できる。

シンガポールで苦労しながらも起業し、目標を達成していくことで葵は自己肯定感を高めていく。その後、親友に裏切られて全てを失い東京へ戻った葵が、腐らず、前向きにいられたのは、自己肯定感が高まってきたからだ。

そんな葵が運命の人と結ばれるまでの様子は、ぜひ映画館で確認してね。

その他の注目ポイント

映画『糸』には、葵の他にも魅力的なキャラクターがいたので、少しだけ紹介しておこう。

榮倉奈々さん演じる桐野 香は、あげまん理論を実践!?

結婚とは共同プロジェクト6

香は、漣の働くチーズ工房の先輩。北海道で生きていくことを決めた漣と結婚し、妊娠して幸せの絶頂にいるときにガンが見つかる。出産を諦めるべきだという漣や両親に対し、「私の人生だから私が決める」と、出産して漣と娘との幸せな3年間を過ごし他界する。

理想の生き方を描き、それを叶えてくれるパートナーとして漣を選ぶという、あげまん理論の「結婚は共同プロジェクト」を実践してた。

菅田将暉さん演じる高橋 漣は、あげまん桐野 香と出会いアゲメンに

アゲメン男性の特徴まとめ

13歳の漣はサッカー少年で、「世界で活躍したい」という夢を持っていたが、高校生になるとサッカーを辞め、なんとなく卒業し、そのまま地元で働きはじめる。

男性は、出会う女性によって変われるんだ。
「どうせ俺なんか」と口にしてしまう、さげメンな漣が、何事にも一生懸命な あげまん香と出会い、アゲメンに成長していく姿にも注目しよう。

他にも、山本美月さん(葵の親友・高木玲子 役)、成田凌さん(漣の親友・竹原直樹 役)、二階堂ふみさん(竹原の妻・利子 役)、高杉真宙さん(葵の同僚・冴島亮太 役)など、魅力的な俳優さんが出演されています。

ぼくは普段から映画やドラマ、漫画の登場人物を、あげまん理論の視点で観ているよ。
今回の『糸』は、小松菜奈さんや榮倉奈々さんの演じる女性が、とても素敵で、あげまん理論を理解していただくのにわかりやすいと感じたので、紹介しました。

あなたもぜひ、映画館で「あげまん理論」を意識して観てみてね。あなたが自己肯定感を高め、「理想の生き方」を描けることをぼくは心から願っているよ。

さらに詳しくパートナーシップのコミュニケーション方法を学びたい人は「あげまん理論」5ステップ動画講座を見てみよう。個別にカウンセリングも受けられるからぜひ登録してね。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

あげまん理論5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

 

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう一記事いかが?自己肯定感を高めるのに役立つ記事はこちら記事

女性のための自己肯定感診断チェック

【動画】自己肯定感を高めて恋愛パートナーシップの自信を持つ方法

男性は「女性の器の大きさ」をどんな瞬間に感じるのか?

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!