【#アゲナナ3話】自分のお金が自分の口座に入ってこようが、パートナーの口座に入ってこようが関係ない!

【#アゲナナ3話】自分のお金が自分の口座に入ってこようが、パートナーの口座に入ってこようが関係ない!

大人気連載シリーズ「元バリキャリ女子でダメンズ製造機だった私と、イケメンでメンヘラ製造機だった旦那が「あげまん理論」で月収が7桁になった話」通称「#アゲナナ」です!

自分たちの人生を通じて「あげまん理論」を検証し、その検証結果についてみなさんにお伝えする機会をいただきました、「よしおとあいか」です。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在7,275名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

自分のお金は自分で稼ぐ!が口癖だった、少し前の私。

さて、この記事を読んでくださっている方の多くは「女性」で、その中でも「働かないといけない!」「自分のお金は自分で稼ぐことが大事だ!」と頑張っている方ばかりなのではないでしょうか。

何を隠そう、私も「自分のお金は自分で稼ぐ」という概念が骨の髄までこびりついていて、旦那が稼いだお金を使う、ということが怖くて怖くて。学歴やキャリアを第一に重視し、それらを兼ね備えた”自立した女性”になるんだ、と口癖のように言っていました。

さらには、離婚でもして自分が一人になった時に、旦那の稼ぎに依存していると生きていけなくなる、という恐怖もあり、長らく「仕事をしない」という選択肢を選ぶことができませんでした。

アゲナナよしおとあいか

そんな私でしたが、自分の好きなこと・嬉しいこと・楽しいことは何か?をじっくり考えた結果、「寝る・食う・よしおと一緒にいる」という何とも単純な答えが出たので、これは嫌々働いている場合じゃないな、と思い、時間給の仕事を一切断ち切る決断をしました。(相当怖かったのですが。)

とはいえ、こういう記事の執筆やブログ、講演会でのお話などは、息をするように自然とできることがわかったので、そういう「自分の心に無理をさせない、楽しい仕事」は変わらず続けています。

お金ってなんだろう?

アゲナナよしおとあいか

突然ですがみなさんは、「お金」って何だと思いますか?

私は、「お金」= 頑張って汗水垂らして働いた対価だと思っていました。毎日満員電車に詰め込まれ、同じ時間に出社して、時間いっぱい嫌なことも全て引き受けて頑張って働いてようやく手にしたお金。自分の「1時間」を「お金」と交換している。

そうやって頑張って手にしたお金だから、使うときも慎重になる。98円の卵を買うのに、少し先のスーパーまで行ってみたり。1円でも得したい、損したくない。そんな感じ。

だからこそ、自分が働いていないのに、旦那が一生懸命に働いて稼いできてくれたお金を使うのは…と、「罪悪感」を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

セレブ妻とそうでない人たちの違いってなんだろう?

一方で、セレブ妻をイメージしてみてください。当然、働いていないですよね。にも関わらず、ブランドバッグやジュエリー、ホテルのラウンジでのお茶会など、一体お金がどこから湧いてくるんだ!??というくらい、お金を使いに使いまくっています。

このセレブ妻たちとの違いって何だかわかりますか?

それは、お金のブロックがあるか否か、なのです。

急に、「毎月100万円、何もしなくてもあげるよ!」と言われたら、素直に受け取れるでしょうか。何か裏があるんじゃないか。何か莫大な対価を要求されるんじゃないか。だまされてる?!バチが当たるんじゃないか。。。

そんな風に、受け取ることを躊躇してしまう人が多いはず。だけどセレブ妻なら、きっと素直に、軽やかに、受け取ってしまいます。

それだけ受け取る価値が自分にはある、自分は存在しているだけで価値がある!と思っているんです。
自己肯定感の高さ、半端ないっす。

アゲナナよしおとあいか

私も、「私がいるからよしおの仕事運や金運が上がってる!」とようやく思えるようになってきました。私は存在そのものでよしおを喜ばせている。お金は働いた対価ではなく、存在に対してもらえるんだーー!って、思っています。

だんだんとセレブ妻の「当たり前」の考え方に近づけてきている、はず…!

あげまん理論のこの記事『お金のブロックは「自分は誰を喜ばせられるか」の枠を広げることで解放できる』では、既述したような、「お金を受け取ることを躊躇してしまう女性たち」の特徴について詳しく書かれています。

お金のブロックがあるか否か=お金に対する器が大きいか小さいか
自分がどれだけのお金をストレスなく受け取れるか否か。

100万円のお金をもらえる自分を認めているか、1万円のお金をもらえる自分を認めていないか。
つまりお金の自己肯定感の違いがあるというのです。

しかも、お金の自己肯定感を下げてしまっている原因のひとつに、「人間関係のストレス」があるというから、驚きです。お金と人間関係って、あまり関係がなさそうなのに…!!

お金のブロックをはずす第一歩は、「自分が誰に対して人間関係のストレスを抱えているんだろう?」と、明らかにすることなんだそう。

まさかそんなところに原因があるなんて!!と思った方は、
ぜひこちらの記事を読んでみてくださいね。

お金が入ってくる「ルート」を限定しないで!

みなさん、よく考えてみてください。お金を得る、というのを一つの目的とするならば、旦那の稼いだお金でもいいし / フリマアプリの売上でもいいし / 親からお小遣いをもらってもいいし / 宝くじが当たってもいいじゃないか!と思いませんか?

アゲナナよしおとあいか

“自分という器”にお金が入ってくる、のなら、そのお金が入ってくる道(ルート)を一つに限定しちゃうのって、なんか勿体無くない?って思えたのです。

アゲナナよしおとあいか

自分という器に、お金が色々な道(ルート)を通って入りたがっています。
その道を、罪悪感という障害物で邪魔をしたら、お金がかわいそう!
“お金のブロック”の名の通り、まさに、「お金をブロック」していますよね。

アゲナナよしおとあいか

さらに、あげまん理論のこの記事『女性に多い5つのお金のブロック!「パートナーの男性の収入を超えてはいけない」など 』では、既述したようなお金の制限を自分に対してかけていたり、お金を受け取るストレスがあれば、パートナーの収入増加も無意識のうちに止めてしまうということが書かれています。

例えば、「女性である自分が、男性パートナーの収入を超えてはいけない」というブロック。
これ、めちゃくちゃわかります。少し前の私そのもの。

パートナーを「すごい!」と褒めるために、自分の収入はパートナーであるよしおよりも低くあるべきだ、低く見せなくては!と思い込んでいました。

アゲナナよしおとあいか

この思い込みって、実はパートナーを「器の小さい男だ」と決めつけているんですよね。

私 (あいか) は、私自身もっと活躍できるはずだという自分の可能性を信じていて、それと同時にパートナー (よしお) に対しては、潜在的に、私が活躍したら私を嫌いになってしまうような器の小さい男だと思っているということなのです。

人が意識できる顕在意識は、脳の5%〜7% を使っていて、
無意識の潜在意識は、脳の93%以上を使っているそう。

そんな脳のほとんどを占める潜在意識で、自分のパートナーを「器の小さい男だ」と認識しているということは……

そう、それが現実になっていくんですよね。
どんどんよしおを器の小さい男にしていたわけです。
ひぃぃぃ、恐ろしい。

パートナーのためを思って、自分の収入を制限しなくては!と頑張っていたのに、
それが逆にパートナーの収入も、そして自分に入ってくるお金まで制限することになるなんて。。。

だけどそれに気づけたなら、そこから「自分はどうしたいか?」を考えるだけ。

この記事にも書かれているように、「自分がよしおの収入を超えてしまったら、どうなると思っているのか?」「よしおはどう思うと感じているのか?」「もしそれを気にせずに生きていけたらどんな人生になるか?」と私も考えてみました。

私あいかは、自分の収入がよしおの収入を超えてしまったら、よしおは機嫌が悪くなって私を嫌いになる、と思っていました(笑)。

それに気づいてからは、私の収入がよしおの収入を超えることになっても大丈夫!
私は私らしく活躍しても大丈夫!と思うようにしました。

そうすると、これまでの心配や頑張りはどこへ行ったのやら、
いつのまにか私は望み通り働くこともなく、逆にパートナーであるよしおの月収が爆上がりしていました。不思議すぎ。

「自分にはどんなお金のブロックがあるのか?」を確かめてみたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

お金のブロックをはずすこと、そして、お金が入ってくるルートを限定しないこと。
ぜひこの2点について、改めて自分のことを見つめ直してみてください。

あげまん理論5ステップ動画講座では、女性では決してわからない男性心理やコミュニケーションの取り方、夫婦で深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。ぜひ見てみよう。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

連載シリーズ「#アゲナナ」のバックナンバーはこちらから見れます。

【連載1話目】元バリキャリ女子でダメンズ製造機だった私と、イケメンでメンヘラ製造機だった旦那が「あげまん理論」で月収が7桁になった話

よしおさんとあいかさん夫婦は、「あげまん理論®︎」を実践してパートナーシップが良くなり、旦那さんのよしおさんの収入が大幅に上がったという経験をしたと報告を受けました。
ぜひその実証結果を連載としてまとめてもらえませんか?とお願いしたところ、快くOKしてもらいました。

よしおさんとあいかさんの連載から実践者にしか分からない、実践者だからこそ分かるあげまん理論で収入をアップするパートナーシップの方法を楽しんでください。

【連載シリーズ】元バリキャリ女子でダメンズ製造機だった私と、イケメンでメンヘラ製造機だった旦那が「あげまん理論」で月収が7桁になった話

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう一記事いかが?#アゲナナのあいかさんが紹介してたあげまん理論の記事はこちら

女性に多い5つのお金のブロック!「パートナーの男性の収入を超えてはいけない」など

あのね、「自分を信じる」だけで、彼に対する能力や将来の不安はなくなるんだよ

「ホメて伸ばす」だけでは浅い。男を成長させるあげまん女性が本当に与えている7つのギフト

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!