復縁して離婚する割合・離婚率は低い?復縁しても別れてしまう理由とは

復縁して離婚する割合・離婚率は低い?復縁しても別れてしまう理由とは

「あげまん理論®︎」では復縁に関する悩みは多い。
その中でも復縁して結婚する中での離婚や離婚率はどうしても気になってしまうようだ。

復縁を考えていて、また同じ相手と付き合い・結婚して「もし別れたら?」「絶対別れたくないし、同じ失敗は2回もしたくない」と思うのは当然の考えだろう。

今日は復縁して離婚・別れてしまう理由やその割合・離婚率を紹介しよう。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在5,947名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

元彼と復縁して離婚する割合・離婚率は?

元彼と復縁して離婚する割合・離婚率は?

以前の記事「復縁して結婚する人の割合は?男女の復縁きっかけと復縁後うまくいったエピソード」でも紹介したが、復縁から結婚する割合・結婚率は以下の数字だった。

・別れた恋人と復縁した割合23%
・その中で結婚した割合は8.9%
・以上を踏まえると、復縁して結婚する割合は約1%程度

という結果だった。
ここから、復縁した23%の内に別れた割合は、62.2%で別れる率はとても高かったという統計が出ている。

しかし、これは復縁して付き合った後別れた割合であり、
復縁して結婚した後の離婚率はとても低いということが分かった。

復縁した後の結婚はみんなかなり慎重だけど、結婚したら離婚率は低い

この統計から分かることは、復縁した後の結婚は100人1人とかなり慎重だけど、結婚したら離婚率はとても低いということだ。

一度別れた分、付き合うということはできても結婚となるとお互いがかなり慎重になる。
しかし、それでも「この人だ」と思って結婚する分、かなり離婚率は少なくなるということだ。

復縁後の離婚率が低くても離婚・別れてしまった人の特徴

「浮気の話し合い」は、自分でも相手のせいにするでもなく「2人の何がこの現実をつくったのか」を考えること

あげまん理論に相談に来る女性で、かなり少ないが復縁した後に結婚して離婚してしまったという女性たちがいた。
その相談の中で見えてきた、「なぜ復縁してまで結婚したのに離婚してしまったのか?」を尋ねてみた。

別れたり付き合ったりを繰り返し、結婚後も同じパターンで別れた

結婚前に、別れたり付き合ったりを繰り返し、結婚した後も同じパターンで別れてしまったというケースだ。

お互いにとって別れのハードルが低くなってしまっており、別れありきの付き合いになってる状態だったという。
ケンカをしてもすぐ言葉尻で、「別れるぞ!」「離婚だ」みたいなケンカが多く、お互いが言葉を出した手前感情が高くなっていくとすぐ別れるということになってしまう。

このケースで大切なのは、結婚する前にきちんと「話し合い」を持っておくことが大切だ。
パートナーシップを深めていかないが故に、浅い付き合いをずっと繰り返していることになっている。

またケンカのときやぶつかった時に、お互いに「これだけは言わないこと」というルールをきちんと作ろう。例えば「別れる!」とか「離婚だ」とかは言わない。言葉に出さない。言い出したらきちんと「話し合い」の場を持つことだ。

「浮気」「不倫」で別れて、よりを戻したが「どうしても信じられなかった」

片方が「浮気や不倫」が理由で一度別れてしまい、お互いがまた恋しくなり復縁結婚をした。
しかし、一緒にいるとどうしても「浮気した過去」「不倫した過去」が頭をよぎってしまい、「どうしても信じることができなかった」というところで離婚したという。

こうならないためには、自分の気持ちをしっかりと結婚前に確認することが大切だ。
「本当に信じられるか」「どんな未来になったとしてもこの人だったら後悔はないか」など自問自答したり感情をノートに書いてみたりしよう。

しっかりと自分の中で整理ができた状態で、復縁して結婚することで他の人たちと同じように離婚の可能性は少なくなるだろう。

経済的な理由で復縁したが、子どもが成人したら「離婚した」

子どももいるし、一度別れたがシングルマザーなど時間とお金の苦労が大きく、結局は元パートナーに頼らざるを得ない状態が続いた。
理性的に考えたところ、経済的にも時間的にも「復縁」することが子どものためになると判断。

そういった理由で、復縁する夫婦も多い。

結婚中は子どものためにある一定の距離(夫婦二人で別々の部屋に寝る、お互いに期待しないなど)を保ちながら、生活をしていく。
しかし、子どもが成人したりして「一緒にいる理由」がなくなり、離婚したというケースも50代以降の女性の相談で多い。

もちろんシングルマザーで経済は大変だと思うが、本当に子どものためであれば「子どもは親の背中を見て育つ」ことになる。

以前の記事「あのね、シングルマザーでも結婚したいという男性はいっぱいいるんだよ」でも書いたが、シングルマザーでも結婚したいという男性はいっぱいいいる。

どうしても以前の旦那さんに頼るのが楽だったり、また新しい出会いを探すのが面倒だったりもするかもしれない。しかし、「自分の本当の幸せは何か?」をきちんと考えることが大切だ。

復縁した後に結婚して離婚しないようにするには、「話し合い」の技術を上げること

【完全まとめ】夫婦恋人「話し合い」の方法やコツ!愛する男性(彼氏・旦那)と分かり合うために大切なこと

復縁した後の結婚は、離婚率がとても低い。
それはなぜかというと、お互いが一度の失敗でしっかりと向き合い、「改善すべきこと」や「変えるべきこと」が明確だからこそ以前に別れた二人の関係とは違うものになっているからだ。

あげまん理論でいつも伝えている「復縁とは出会い直し」なんだよ。ということだ。

しっかりと出会い直しができておらず、何も変えずに復縁してしまったら結婚しても離婚してしまうということになる。

そのためには、パートナーとの「話し合い」のスキルを上げていくことだ。きちんと相手の想いを聴く力、自分の想いを伝える力、共に成長していくパートナーシップを築く力、それが「話し合い」のスキルだ。

復縁はお互いが慎重になる分、とても「話し合い」が大切になってくる。またきちんとした「話し合い」ができていれば離婚することもとても少ない。

復縁して結婚後の離婚が心配な人は「あげまん理論®︎」の話し合いのスキルを学ぼう。
話し合うことは愛し合うこと。つまり、愛し合う方法をきちんと学ぶことが大事なのだ。

そしたら復縁しても別れる・離婚することはないからね^^

あなたが今日も、「太陽」のように周りを照らしますように^^

一度別れた相手と復縁して結婚するためのまとめ記事はこちら

【完全まとめ】復縁から結婚したいなら必ず知っておこう!幸せな復縁を叶えるパートナーシップの秘訣

もう一記事いかが?「復縁」や「話し合い」についての記事はこちら

【完全まとめ】夫婦恋人「話し合い」の方法やコツ!愛する男性(彼氏・旦那)と分かり合うために大切なこと

復縁をするなら「結婚前提」を伝えよう!別れ・破局からの復活、元彼への告白「結婚前提」を上手く伝える方法とは?

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!