パートナーと深い話をできる・できないはどこで決まる?深い話ができる2人になるためにできること

パートナーと深い話をできる・できないはどこで決まる?深い話ができる2人になるためにできること

あげまん理論の読者から以下のような質問があった。

より深い話合いができる方とできない方の違いはどこにありますか?


こんにちは!
いつもあげまん理論を読んで、男性とのコミュニケーションを学んでおります!

そんな中で気になったことがあります。
私は、話し合い=聴き合い=引き出し合い=愛し合い
だと思っていますが、
これってあげまん女性ならどんな男性とでもできることですよね?
より深い話合いができる方とできない方の違いはどういった所にあるんでしょうか。

また話し合いができない方を話し合いができる方に成長させることはあげまん女性なら可能でしょうか。

ぜひ、ご回答お待ちしております。

 

いつも読んでくれてありがとう!
あげまん理論を読んでくれてて嬉しい。今日は、「より深い話し合いができる人とできない人との違い」と「話し合いができる男性に成長させることは可能か?」ということに答えていきたいと思う。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在6,706名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

話し合い=聴き合い=引き出し合い=愛し合い

まず、質問者さんの、話し合いは、聞き合いであり、引き出し合いであり、愛し合いという指摘はとても良い。
たくさん、あげまん理論を読んでくれていると分かるね。

この話題をはじめて見る人は、以下の記事を読んでもらうと理解が早くなるからぜひ見てみよう。

あのね、「話し合う」っていうのは、言いたいことを言い合うのではなく、お互いが聴きたいことを聴き合うことなんだよ

「愛する」ということは「話し合う」ということだ。「話し合う」ことができない人の5つの特徴

「仕事辞めたい」とパートナーから言われたらあげまん女性なら何と答える?「受容と同意を分ける」ことが鍵

この辺りの記事を読んでから、今日の記事を見ていくと理解度は深まるよ。

より深い話し合いができる人とできない人との違いとは?

「深い質問」、「人生に対する質問」をするほど、相手の本質に近づける

質問者さんの「より深い話合いができる方とできない方の違いはどういった所にあるんでしょうか。」という質問だが、これは一言でいうと「確認し合うこと」ができるかどうかだ。

確認し合うということは、相手から出た本音に対して「つまりあなたが言いたいことってこれで合ってるかな?」「私は、あなたが言ったことでこういう風に受け取ったんだけど、あなたが伝えたいことってそれで合ってるかな?」という風に確認し合えるかどうかなのだ。

深い話し合いができない人の共通点は、相手の想いを聴いたり、引き出したとしても、頭で解釈をしてしまったり脳内変換をしてしまう。

例えば、「きっとこの人はこういう性格だから、つまりこういうことだろう」「以前にこれで悩んでたらから、今の悩みもこれだろう」

という風に、相手の言葉を自分が都合の良いように解釈したり、相手の言動の真意を自分勝手に意味付けして受け取ってしまうことにある。

それをしてしまうと、いつまでたっても深い話し合いができない。
お互いが伝えたいことと違う解釈や受け取り方をしているから、一向に二人が落ち着く答えにはいかない。ずっと堂々巡りだ。

そうならないためにも、深い話し合いができるようになるためには、「確認し合う」ということを習慣づけよう。

「確認し合う」ことができれば、パートナーも話し合えば合うほど深い話し合いができるようになる

質問者さんからのもう一つの質問である「また話し合いができない方を話し合いができる方に成長させることはあげまん女性なら可能でしょうか。」という質問も、「確認し合う」ことでできるようになってくる。

例えば以下のような会話だ。

男性

ぼくはいつも仕事頑張ってるじゃないか。
君は、いつも家にいるだけじゃないか。

さげまん女性

なんですって!
あなたが家にいない間、家事がどれくらい大変だと思ってるの!
私だって働きたいわよ!

こういう風にパートナーが言ったことの真意を確かめずに「きっと私も働いて稼いでほしいんだわ」という思考の元、ケンカになってしまっている。

では、あげまん女性の「確認し合う」コミュニケーションを入れていくとどうなるだろうか。

男性

ぼくはいつも仕事頑張ってるじゃないか。
君は、いつも家にいるだけじゃないか。

あげまん女性

そうなのね。
つまり、あなたが言いたいことって私も働いて私も稼いでほしいってこと?
私はあなたの言葉で、そういう風に受け取ったんだけど合ってるかな?

男性

いや、違うよ。そういうことが言いたいんじゃない。
ぼくが言いたいのは、もっとぼくを尊重して、ぼくを認めてほしいってことだよ。

あげまん女性

ああ、そうなのね。
あなたはいつも仕事頑張っててすごいなって思ってるよ、いつも感謝してるよ。

男性

そっか、ありがとう。

あげまん女性

ただ、あなたのその言い方だったら、「私も働いて」って言ってるように聞こえるわ。
次からは、ちゃんとそういう風に「尊重して、認めてほしい」って言ってね。

男性

・・・分かった。いつもありがとう。

こういう風に、きちんと「確認し合う」ことで相手が伝えたかったこと、自分が伝えたかったことをきちんと伝えることができる。
「確認し合う」ことで、余計なケンカにもならず、パートナーシップは深まる。

さらに、「確認し合う」ことで、男性側も「あ、その言い方だとそんな風に受け取られてしまうのか」と学ぶことができる。

つまり、「確認し合う」ことで二人で成長し合うことができるのだ。

パートナーとより深い話し合いをしていくコツは「確認し合う」こと

上記のように、パートナーと深い話し合いをしていくコツは「確認し合う」ことだ。
話し合うことは、「愛し合う」ことだというマインドで、話し合うことは「聴き合う」「引き出し合う」という姿勢からお互いを受け入れ、「確認し合う」ことでより深い理解をお互いが持てるようになる。

相手の言動の真意を自分勝手に意味付けして受け取ることをやめて、感情が出てくる前に、「それってこういう意味で合ってる?」「私、こういう風に受け取ったんだけど合ってる?」と冷静に確認してみよう。

それだけでも、パートナーと深い話し合いができ、お互いの深い理解につながり、深く愛し合うことができるようになる。

ぜひ実践してみてほしい。
あなたのパートナーシップがより深くなっていくように願っているね。

あげまん理論5ステップ動画講座では、女性では決してわからない男性心理やコミュニケーションの取り方、夫婦で深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。ぜひ見てみよう。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

あげまん理論5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

あげまん女性の4タイプ診断はこちら

あげまん女性の4タイプ診断

もう一記事いかが?深い話し合うためのコツはこちら

「あげまん理論」と他の恋愛学の違いは、「男女の信頼関係の向上」に重きをおいていること

成功は「その人の中」にしかない。だから、「その人の心の声」を引き出せる人が隣にいるだけでその人は成功するんだよ

あのね、「自分を信じる」だけで、彼に対する能力や将来の不安はなくなるんだよ

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!