あげまん女性とさげまん女性の「愛の注ぎ方の違い」

あげまん理論の読者から、以下のようなコメントをもらった。

あげまん理論読者
私は相手の境界線を踏み続けたら、他人行儀になったのが悲しくて、理詰めで切り込んだ事がありました。。。( ´,_ゝ`)
あげまん王子中村あきら
面白いですね 笑
男性はさらに自分を守るためにバリアを厚くするパターンですね^^
あげまん理論読者
その通りです(笑)。

「やり過ぎました。ごめんなさい。」とは伝えたけど、更に不足している所を指摘されない様になりましたね。

どーしたもんだかです。
┐(´д`)┌

内助の功って、男性には分からないんですね。
( ´,_ゝ`)

彼の初回講習会で事前に質問を広く受け付けるってあったけれど、回りが遠慮して質問が0で、自作自演になる位ならと、先陣切って質問出したのが、境界線を踏み続けたのが、始まりなんですけど、私も質問ひねり出したり、子供の様に興味が尽きなくなったりしたけど、

結果的にやり過ぎて、害悪にしかならなかったです。
(。´Д⊂)

あげまん王子中村あきら
それは男性からの信頼レベルが下がってしまいましたね。

彼が自分で問題解決をしようとしているところに、隣で切り込んだら彼も「邪魔しないで」とガードしますね。

それは内助の功になってないです。彼の邪魔をしてるだけです。
彼に心配を与えて、信頼を与えないさげまん的な行動でしたね。

もちろん彼のためを思ってやったことですが、彼からしたら攻撃されたと感じたでしょうねー。

あげまん理論読者
まさに、ブレーキを踏み込んだんです。

結果的に、講習会やメルマガで私の質問をピックアップし続けたから、広く認知される様にはなりましたから、彼なりに成功は治めたと思います。。。

あげまん王子中村あきら

まあ、その成功って結局隣にいるパートナーを見返すための成功になるし、成功したからって幸せにはならないですね。

またそうやって成功したとしても、成功したあとも結局信頼されないから、男性は離れていくんですよね。

女性側から見たら、あれだけサポートして成功したら離れたみたいな見え方になりますが、男性から見たら信頼されない窮屈さを感じながらがんばって、成功しても信頼されないから離れたという感じになりますねー

あげまん理論読者
ですね。( ´,_ゝ`)
まさに、
「あんなに○○したのに。」って気持ちが出ました。

彼の講習会のクオリティの高さに圧倒されましたが、「絶対に見返してやる!」って気持ち満々でしたから、、、

意図的に作り上げるより、自然に任せたら良かったと思いました。
( ´,_ゝ`)💨

母親になってしまったんですね💨💨💨

あげまん王子中村あきら
母親になってしまったのではないですよ。それだと母性で接することや、サポートしてあげることが悪いことになります。

彼に心配を与えて、信頼を与えられなかっただけです。
自分がしてほしいことを彼にしてあげて、彼がしてほしいことを彼にしてあげられなかっただけです。
彼の本質に水を注げなかったということです。

素晴らしい母親は、信頼もできるし、本質に水を注げることはできますからね。

母性で包んであげることや、彼をサポートすることが悪いことではありません。
エネルギーや愛をを注ぐ場所が違っていただけです。そこを変えればいいだけ。

なので、エネルギーや愛を注ぐのをやめないでくださいね^^

この現象というのは、本当にたくさんの場面で起こっている。
女性が男性心理を知らないがために、せっかく彼やパートナーを想ってサポートしても、彼にとってそれが窮屈や信頼されていないと感じたり、最悪の場合攻撃されたと感じるようになってしまう。

そうならないためにも、あげまん理論を学んで、あなたの愛をパートナーの男性にとっても望む形で受け取れるようにしていこう。

今日は、あげまん女性とさげまん女性の愛の注ぎ方の違いだ。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在8,883名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
parcysLINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

根っこに愛(水)を注ぐのがあげまん女性、上辺に愛(水)を注ぐのがさげまん女性

以前、「「ホメて伸ばす」だけでは浅い。男を成長させるあげまん女性が本当に与えている7つのギフト」という記事を書いたが、あげまん女性は根っこに愛(水)を注いでいるということを知っておこう。

あげまん女性の男性の育て方

逆にさげまん女性は、上辺だけのものに愛(水)を注いでしまうため、男性の精神のバランスが悪くなったり、息をするための葉っぱに水がバシャバシャかかるので息が詰まってしまう。

さげまん女性の男性の育て方

これこそ、女性がパートナーに力や愛を注いでいるのにも関わらず、男性が離れていってしまったり、弱くなっていってしまったりする原因でもあるのだ。

あなたがパートナーの本当の力になりたいのであれば、男性の根っこはどこなのか?を見れる力をつけること。そしてそこに向かって愛(水)を注げるようになることだ。

愛の注ぎ場所が違うだけで変化する男性心理

男性は、愛の注ぎ場所が違うだけで全く違う成長を遂げていくし、さらにあなたへの信頼もあつくなってく。

下記の図を見てみよう。
あげまん女性は根っこに水を注ぐから、男性は生き生きと太陽に向かって伸びていくことができる。
しかし、さげまん女性は葉っぱにバシャバシャと水をかけるから、男性は息ができなくなってしまう。そして同じように水をかけていても、片方は枯れていき、片方は花ひらくようになるのだ。

あげまん女性とさげまん女性の愛の注ぎ方のちがい

実はこれは子育てでも大切な愛の注ぎ方にもなってくる。
赤ちゃんや幼児のころは、根っこに水を注ごうが、上辺に水を注ごうがそんなに大きな変化は起こらない。
しかし、子どもが思春期になってくると、あげまん女性に育てたらた子どもは自由な精神で自立し育ち、才能が花開いていくが、さげまん女性に育てられた子どもは、息が詰まって大きな反抗期と自信を喪失するようになる。

さげまん女性の子育て

さげまん女性の子育て

あげまん女性の子育て

あげまん女性の子育て

同じように愛しているように見えて、男性や子どもの本質を見れるようになることはこんなにも関わる人の人生を変えてしまうんだということを覚えておこう。

根っこに水を注ぐには、その男性の「ワクワク」や「エネルギーが高い瞬間」を見ておくこと

男性の根っこは、どのように判断するかはあげまん理論ではたくさん方法がある。
その中でも一番わかりやすいのは、その男性が「ワクワク」したことや「やりたいこと」をしっかりと見ておくことだ。

その男性が「やるべきこと」ややったほうが「正しい」ことではなく、その男性が一番エネルギーが上がったところや一番楽しそうにしていた行動などをしっかり見ておくことだ。

それが男性の根っこだ。

そこに彼だけしか持ってない根っこや本質がある。
その楽しい瞬間、ワクワクしている瞬間、それを彼の人生において少しでも長く、少しでも多くしていくことが彼の本質を伸ばしていくことになる。そこに対してパートナーとして背中を押していくことが、彼が素晴らしい男性に成長していく鍵なのだ。

パートナーの根っこに愛を注ぐ一番のコツは、自分の自己肯定感を高めていくこと

あなたがあげまん女性になるだけで、周りの男性の人生が大きく変わるのだ。
それは男性や子どものどこを見るかという違いだけなのだ、どこに愛を注ぐかの違いだけなのだ。

パートナーの根っこに愛を注げるようになる一番のコツは、あなたの自己肯定感を高めていくことだ。
自分を否定してたり、嫌いだったら、全ての行動は「自分を認められたい」「愛されたい」という行動になってしまう。それって与えているようで、自分が受け取りたいものを求めているだけなんだよね。

でも自分を自分で満たせてたり、自分が大好きで自分自身が一番自分を認めている人は、相手の本質を大切にできるし、尊重することもできる。つまり大切なのは、あなたが頑張って人に与えようとすることではなく、あなたがいかに自分自身を認め満たされることができるかどうかなのだ。

ぜひ本当に愛を注げるあげまん女性になるためにも、まずはあなた自身が自分に対して根っこに愛を注げるようになろう。

もし自分の習慣を変えて、素晴らしいパートナーシップを築きたいなら体験個別カウンセリングを受けてみてほしい。自分がどんな原因で今のパートナーシップになってしまっているかの原因がわかるよ。

ぼくたちは心からあなたが豊かなパートナーシップを築いていけることを願っているね。

あげまん理論5ステップ動画講座では、自己肯定感を高める方法やメカニズム、男性心理やコミュニケーションの取り方、パートナーと深く話し合っていく方法など分かりやすく説明している。5ステップ動画講座に登録した方には、自己肯定感を高めるヒントになる体験個別カウンセリングが受けれる特典も用意してるよ。ぜひ見てみよう!


あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

あげまん理論5ステップ動画講座で送られてくる質問フォームにあなたの悩みや疑問を送ると、ブログで中村あきらが回答してくれるよ。ぜひあなたの疑問や悩みを気軽に送ってみよう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

自己肯定感を高めることができるparcy’sアカデミーの様子はこちら

【完全まとめ】parcy’sアカデミーの受講風景・評判と受講生の声まとめ


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!