Traction(トラクション)とは

Serial Entrepreneurs(シリアルアントレプレナー)とは

Traction(トラクション)とは、IT企業における成果であり、地面を掴む事で生み出される推進力を意味する。
つまり、ユーザや売り上げの伸びなど、サービスを伸ばしていくための勢いと言った方が分かり易い。



Traction(トラクション)失敗例

スタートアップ時に市場に出せる製品やサービスを充分に持っていたにも関わらず、失敗してしまうという企業がある。
この失敗してしまう原因を分析すると、起業時におけるTraction(トラクション)が足りないといった傾向がある。

そのため、市場に出せるアイデアを思いついたその瞬間からTraction(トラクション)を上げられるようすべきと考える。
またトラクションが足りないという事は、推進力を得るために必要な充分な顧客を掴んでいないという事になる。

つまり、会社を成長させる推進力を得る事こそが、困難な起業を成功に導くと言っても過言ではない。

近年のシリコンバレー流のTraction(トラクション)

近年のシリコンバレー流のTraction(トラクション)は、少ない資金でより早くビジネスをスケールさせる方向となっている。
まず起業家が重要視してほしい事は問題を解決するためのプロダクトを創る事である。

そのために、起業家と資金調達は昔から、切っても切れない関係にあるのはそのためである。
シリコンバレー流では、プロダクトはとても重要と位置付けている。

プロダクトがある程度、形になっているのであれば、次はビジネスをスケールするための資金調達を行い、一気に事業拡大をするのが一般的となっているのだ。

またこの資金調達にしてもそれぞれのフェーズがあり、事業段階に合わせて投資ラウンドを行う。
このフェーズに関する認識こそが、最近の考えが劇的に変化してきているポイントとなっているのである。

具体的にはより早い投資フェーズ段階で、事業の進捗が求められているのが現実である。
これはプロダクトの早いリリースや素早い市場適応が求められているという事に他ならない。

そのため、良いプロダクトを作れるチームの需要が強くなっているという証拠でもある。

もう一記事いかが?Traction(トラクション)に関する記事はこちら

【書評】スタートアップが有名になるまでの全戦略を網羅!『トラクション-スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル』ガブリエル・ワインバーグ著


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!