<動画>なぜ「あげまん理論」なのか?あげまん王子・中村あきらから感謝と想い

<動画>なぜ「あげまん理論」なのか?あげまん王子・中村あきらから感謝と想い

先日「あげまん理論®︎」創設者の中村あきらが今、あげまん理論に関わってくれているみんなへの想いを語った。

4年前から語っているあげまん理論についての今の想いと、アカデミー生・インストラクターたちに語った中村あきらの想いとは?

前の事業の失敗から何を学び、あげまん理論に集まる人たちから何を感じているのか。
ぜひ聴いてみよう。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在4,801名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

中村あきらの20代後半で事業を失敗させた経験

ぼくは今まで事業をする中で、たくさんの失敗をしていきている。
その中でも、以前の記事「あれから5年・・・資金ショートと会社崩壊から何を学んだかを振り返る」でも書いたが、その中でも20代のときに会社経営を失敗した経験はとても大きく感じている。

アカデミー生やインストラクターのみんなに「あげまん理論がどんどん大きくなり関わる人が増えていく中で、20代の会社経営の失敗が頭をよぎることがある。」ということを伝えた。

あの時は本当に大変だったし、経営というのを分かっていなかったなと感じる。
会社を一度リセットし、世界中を回って、アメリカのシリコンバレーに移住して、自分らしい会社とは何か?自分らしいビジネスとは何か?を5年〜10年考えた。

その中で出てきたものが「あげまん理論」だ。
女性は素晴らしいという想い、女性を助けたいという想いと、優秀な女性たちと仕事がしたい。そして心の囚われから解放したいという思いが「あげまん理論」というコンテンツになった。

雇用関係じゃなくて、インストラクターのようなビジネスパートナーの仲間とつながっていく組織へ

20代のときの会社経営の中での一番の学びは、社長と会社員というような雇用関係で仕事をするということが合わなかったということ。

日本だとどうしても雇用関係になると、上下の関係になってしまう。
そうではなく、ビジネスパートナーとしてつながる組織や会社のあり方をつくっていきたいと思ったのが、今のあげまん理論認定インストラクターの広がりだ。

このつながりはぼくにとってとても合っているなと、改めて感じる。
みんなとは社長と会社員という関係でもないし、オフィスに毎日会って顔を合わせるわけでもない。

「あげまん理論®︎」というブランドでつながっていて、ビジネスパートナーとして一緒に成長して大きくしていっている。
雇用関係ではなく、仲間だと感じるし、一緒に成長しているという感覚もある。

ぼくが大きくしていきたかったつながりは、こういう「つながり」だと日々感じられる。
本当に今、関わってくれているみんなに感謝している。

これからも「あげまん理論®︎」を一緒に大きくしていこう

あげまん理論・中村あきらスピーチ あげまん理論・中村あきらスピーチ

アカデミー生やインストラクターのみんな、これからも一緒に「あげまん理論®︎」を大きくしていこう。

日本は特に自己肯定感が低い国で、自分を認められない・自分を愛せないという人たちが多い。
またパートナーシップで悩んでいる女性や夫婦もとても多い。

ぼくたちのコンテンツや存在は、そんな人たちにとっての光になる。
これから一人一人の認定講師たちが活躍したり、世界中に認定インストラクターが増えていったら、世界中に自分や家族を愛せる女性たちが増えていく。

そしたら幸せな夫婦がどんどん増えて、幸せな子どもたちがどんどん増えていく。
女性が幸せになることで、パートナーもその子どもたちも幸せになる。

ぼくたちの仕事は、そんな偉大で尊い、素晴らしい仕事なんだ。
みんなの力が必要で、ぜひ力を貸してほしい。

一緒に「あげまん理論®︎」を大きくしていこう。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?あげまん理論やインストラクターへの想いはこちら

インストラクター講座への想い!全体像の理解と把握「あげまんで世界を変えよう!」

あげまん理論アカデミーとインストラクター講座の違いって何?それは「自己肯定感」と「使命」だ。

あれから5年・・・資金ショートと会社崩壊から何を学んだかを振り返る

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!