一緒にいて落ち着く人なら、好きでもない人と結婚したほういいの?必要なのは「自分の納得度」を高めるスキルだ

一緒にいて落ち着く人なら、好きでもない人と結婚したほういいの?必要なのは「自分の納得度」を高めるスキルだ

あげまん理論の読者から以下のような質問が来た。

好きになれない相手でも「一緒にいて落ち着ける相手」を選んだほうがいいのでしょうか?


いつも、あげまん理論メールマガジン読ませてもらっています。
いつも目から鱗でこんな風にパートナーシップって築いていく必要があるんだってびっくりしてます。
毎回深いなぁと思いながら読ませてもらっています。

そこで質問なのですが、あげまん理論では「話し合える相手」「一緒にいて落ち着ける相手」というのを選びましょう。というのを伝えてらっしゃるかと思います。例えばですが、それって好きになれない相手でも「一緒にいて落ち着ける相手」を選んだほうがいいのでしょうか?

私は、仕事が好きなキャリア女性で、やはりどうしても自分より仕事ができる相手を好きになってしまいます。ただ、そういう人が必ずしも落ち着ける相手かと言われたらそうではないです。

この辺りはどのように考えていけばいいでしょうか?

 

ここら辺は、婚活をしている女性であれば悩むことは多いテーマかもしれない。「好きな相手なのか」「一緒にいて落ち着く相手なのか」などの選択肢で迷ったりすることもあるだろう。
今日はそんな時にどのように考えていけばいいのか詳しく説明していこう。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在6,049名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

パートナー探しは「自分探し」である

聴くコツは、相手の話を最後まで聴きながら、自分の呼吸に意識を持つこと

まず、パートナー選びにおいて大切なことは「自分の納得度」がとても大切だ。
婚活をしていて気づくだろうが、パートナー探しは「自分探し」でもある。自分は何を大切にしたいのか、どんな人生を選びたいのかを、相手という鏡を通して自問自答することこそ「婚活の本質」だ。

色んな男性と話したり、付き合ってみたりで、「あー自分はこれが大切なんだな」と気づく過程こそが、婚活やパートナー選びの素晴らしさだ。あげまん理論では、「男性の収入や顔ではなく、自分が理想とする人生を思い浮かべながら婚活をしよう」と伝えている。

結婚とは、非日常の恋愛ではなく、日常の生活そのものだからだ。
そしてパートナーとは、最初こそ恋愛相手でもあるが、長期的にみてあなたにとっての一番の家族となる人でもある。一番の信頼できる家族が、必ずしも顔がタイプの男性ではないということだね。(笑)

最終的に落ち着くパートナーは、送りたい人生観が一致している人

「聴く」ということは、相手に本音を話してもらう「空間を与える」ということだよ

質問者さんは、仕事が好きなキャリア女性ということだが、あげまん理論で年間3000人以上の女性の相談に乗ってきて、最終的に落ち着くのは送りたい人生観が一致している人なのだ。

最初こそ、自分より仕事ができる男性・収入が多い男性を選ぼうとするが、結局は深く付き合っていった時に、一緒に過ごす時間が合わなかったり、価値観が合わなかったりすることが多い。また、そういう男性ほど「もっと家で癒されたい」と言ったりして別れる事例も多かった。

また、好きな相手と結婚したとしても、人の心は当たり前のように変わっていくことも多い。
それはこれを読んでいるあなたも、友人や有名人のニュースを見て、「あれだけラブラブだったのに、別れちゃうんだ」と感じた経験は多いはずだ。

人の心は変わるし、変化するし、いくら条件面で選んだとしても、自分が生活にストレスを感じる相手とは一緒に入れないのだ。

誰を選ぶか一番大切なことは、「自分の納得度」である

あのね、「自分が持っている能力」をパートナーにも求めなくていいんだよ

では、そんな状況でどのような基準で相手を選んでいけばいいのか。それは自分の納得度である。
自分はどんな人生を送っていきたいのか、そのためにはどんな相手がいいのか。ということの納得度を高めていくことだ。

そのために必要なのは、自分の人生を深掘りしていくことにある。
あげまん理論では、アカデミーで自分が大切にしている価値観や感情を深く掘っていく。そうすることで、自己肯定感や自己確信が一層高まっていく。

その状態で、どんな男性がいいのかを見極めていくには、男性心理とコミュニケーションが必要不可欠だ。
男性の本質を見るスキル、聴くスキルこそ自分の人生の方向性と合っている相手なのかが分かるのだ。

この自分の人生の深掘りやビジョン、そして男性の本質を見るスキル。
これらがより深くできると、自分が選ぶパートナーに対して「大きな納得度」を得ることができる。

だからこそ、あげまん理論では「自己肯定感」「男性心理」「聴くスキル」というのはとても大切なのものなのだ。
質問者さんは、「好きになる相手」か「落ち着く相手」かどちらがいいか?という質問だったが、自分の送りたい人生を確信を持って持つことができたら「好きになる相手」も変わってくるんだよ、ということがあげまん理論の答えだ。

婚活は、体力も使うしめんどくさいこともあるけど、たくさんの出会いから自分を深く知る旅だと思って、楽しんでほしい。
ぼくが見てきた中で、幸せな結婚をしている人はドキドキする恋愛をしていた相手ではなく、自分自身がストレスなく、送りたいような生活を共に送れる相手をちゃんと選べたかどうかなんだよね。

結婚で失敗したくない人は、自分の人生をもっと深掘ること、そして男性をもっと深掘れるようになることだ。

あげまん理論5ステップ動画講座では、男性心理や自己肯定感、深いパートナーシップ築く方法を詳しく説明している。パートナーを選ぶ前には必ず見ておこう。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?婚活やパートナー選びにおける「あげまん理論®︎」の記事はこちら

「あげまん理論」と他の恋愛学の違いは、「男女の信頼関係の向上」に重きをおいていること

あのね、「自分を信じる」だけで、彼に対する能力や将来の不安はなくなるんだよ

あげまん理論における理想のパートナーは「深い話し合い」ができる男性

 

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!