「あげまん=セックス」ではなく、「また話したい」と思われる女性こそ「あげまん」

「あげまん=セックス」ではなく、「また話したい」と思われる女性こそ「あげまん」

最近、多くの女性があげまん理論を見てくれている。
LINE@で友達に紹介してくれたり、ブログを友達に口コミしてくれたり、女性のファンにたくさん支えられてあげまん理論が成り立っていることを感じる。

今日は、久しぶりに「あげまん」について語りたい。
あげまんと言えば一般的に、セックスが上手い女性という認知が多い。本来の意味はあげまんの「間」の意味で、良い巡り合わせという意味だ。

現代は、大人の女性であればワンナイトラブやセックスに対するハードルが下がり、カジュアル感は上がったように感じる。そんな時代だからこそ「あげまん女性」がモテる。

そこで伝えたいのは、あげまん女性とは、「あげまん=セックス」ではなく、また話したいと思われる女性こそ「あげまん」だと言うことだ。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在5,947名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

また話したいと思われるには「傾聴のスキル」は必須

また話したいと思われるには「傾聴のスキル」は必須

あげまん理論アカデミーでは、特に傾聴力のスキルを伝えることが多い。
婚活やパートナーシップが上手くいっていない女性に共通するのが、「傾聴」のスキルが低いことなのだ。

男性の言葉尻だけを捉えて、男性が言っていることを判断したり、男性の想いや本音を聞き切ることができなかったり、男性と議論をしてしまい戦ったり、傾聴ができないことでかなり損をしていることが多い。

傾聴のスキルはどんなに話好きな人で人の話をゆっくり聴くのが苦手な人でも、誰かの想いを引き出すという点においては必要なスキルになる。

そして成長していくパートナーシップや、男性の本音を知り、パートナーと話し合いながら、お互いの感情や気持ちを分かち合いながら築いていくパートナーシップにおいては特に必要不可欠なものだ。

30代、40代の女性にとって今まで傾聴の習慣がなく、苦手とする人も多いが、自分がどんな結果を得たいのかをしっかりと自問していこう。

自分が将来的に、あげまん女性のような共に成長し合うパートナーシップを築いていきたいという想いがあるのなら、傾聴は習得しなくてはいけない技術なのだ。

そうじゃないとあなたばかり話をして、相手の男性はあなたに気を遣ってデートが終わる。
付き合っても結婚しても、何を相手が感じてたのか分からないまま別れてしまうことになる。

そういう風な別れやパートナーシップにならないためには、傾聴のスキルを磨いていこう。傾聴ができるだけで、男性はあなたといる時間が楽しくなる。

男性は30代、40代と年齢が重ねるほど一緒にいて楽しい「あげまん女性」を求める

男性は30代、40代と年齢が重ねるほど一緒にいて楽しい「あげまん女性」を求める

ぼくも30代だが、男性は30代、40代と年齢を重ねるほどパートナーに選ぶ女性は一緒にいて楽しい女性。きれいとか美しいよりも、また話したいと思える女性だ。

それは最初こそ美人な人に目をむけるかもしれないが、話をしていったり何度も会っていくと一緒にいて楽しい、自分の仕事や想いを理解してくれる女性をパートナーに選ぶようになる。

美人やきれいだけだとある程度お金が自由になっている年代だと、風俗やキャバクラなどで手に入ってしまうというのもある。

パートナーとして意識される要素の中で、見た目よりも効果があるのがやはりあげまん女性の傾聴力のスキルだ。

あげまん理論リアルアカデミー生やインストラクター候補生でも傾聴力を学ぶ前は、「私は男性に傾聴してたのではなく、コンサルティングをしてました。問題を見つけ解決策を探す思考ばかりやっていました」という感想もあるくらいだ。

本当のあげまん女性の傾聴力を学べば、男性はあなたと「また話したい」「ちょっと仕事で落ちてて話を聞いてほしい」「壁にぶつかって混乱してるんだけど頭の整理に付き合ってくれない?」などたくさんの仕事ができる男性たちから求められることになるだろう。

まずは「聴き切るという心構え」から

傾聴をやっていくときは、まず今日はこの人の想いを最後まで聴き切るという心構えから始めよう。
傾聴のテクニックはオンラインアカデミーで教えているのでそれを見てもらうとして、何よりも大事なのは心構えだ。

「今日は朝まで飲もう」という心構えがないと朝まで飲み明かすなんてできないように、今日は最後まで聴き切ろうという心構えがないと相手の話を聴き切るというのは難しい。

相手が考え込んでいる間も待つ、相手が出そうとしているのを待つ、相手が不安そうにしてたら「その話で大丈夫だよ、つづけて」と優しく言う。

最後にあなたが「全部出し切れた?」「話したいことはスッキリした?」と聞いてみよう。多くの男性がその言葉を聞いて、さらなる言葉が出てくるはずだ。

男性は、正解しか話せない生き物だ。
あなたが促したり、うなづいたり、楽しそうにしてたり、もっと聴きたいと言ったりして、初めて相手の本音や想いが出てくるんだって覚えておこう。

それを出し切れた男性は、またあなたと話したいって絶対思ってくれる。
男性はね、自分の想いを全部出し切れる相手を信頼するんだよ。

傾聴力さえあれば、あなたはどんな男性にも信頼され愛されるあげまん女性になることができる。ぜひ傾聴力を学ぼう。

今日もあなたが太陽のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?あげまん女性の聴く技術についての記事はこちら

あのね、その男性が自分に合うパートナーかどうかは「男を見る目」じゃなく「男を聴く力」を身に付けることだよ

あのね、「話し合う」っていうのは、言いたいことを言い合うのではなく、お互いが聴きたいことを聴き合うことなんだよ

男性の心を読もうとしないこと。察しながら脳内会議するのをやめて「直接聴く」ことで99%の問題が解決する

Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!
あげまん理論がたくさんのメディアに取り上げられました!