Semantic Search(セマンティック検索)とは

シリコンバレー用語集

セマンティック検索の代表的なものには、BingやGoogleなどがある。
グーグル翻訳では、Semantic Searchはそのまま「セマンティック検索」と翻訳される。
Semanticは意味、Searchは検索の意味がある。
従来の検索方法がキーワード一致型であったのに対して、セマンティック検索は類似のワードも検索対象とするのが特徴である。



ロボット型検索エンジン

かつて主流だったロボット型検索エンジンでは、HTMLのメタ部のキーワードを自動的にチェックしていた。
そのため、メタ部に大量のキーワードを記述すれば、いろんなキーワードで検索上位に表示させることもできた。
このことは、商品に関係ないキーワードを羅列できることを意味している。
そのためにユーザーは無関係な検索結果が多いことに失望したり、あまりにも検索結果が多すぎるために最初の1ページ目のリンクしかみない、という場合もある。

セマンティック検索エンジン

セマンティック検索では、ユーザーが入力したキーワードだけでなく、そのキーワードに類似する単語も検索対象とすることができる。
そのため、完全一致型と比較すると、1つのワードに対して多くの情報を短時間で提供できる。
ロボット型検索ではメタ部に類似のキーワードを事前に入力しておく必要があるが、セマンティック検索では文書の内容からメタデータを自動的に作成してサーバー側で付与される。

セマンティック検索のメリット

グーグル検索では、右側の大きなパネルの中に、関連性のあるワードが表示される。
このパネルは知識グラフ(Knowledge Graph)と呼ばれている。
アマゾンでも、ユーザーが商品を選択したとき、同じ商品を購入したユーザーはこんな商品も購入している、と表示される。
セマンティック検索の結果は、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、企業側の利益向上にも結びついてくる。
ただし、あまりにも広告数が多過ぎると、ユーザーは目的の商品に辿りつく前に、他のショッピングサイトに辿りついてしまうだろう。

セマンティック検索のデメリット

現時点では、セマンティック検索はまだ万能とは言えない。
WEB上には膨大な数のページが存在しているために、それらにすべてにメタデータを付与するのは途方もない時間がかかる。
WEBページは頻繁に内容が書き換えられているし、認証性などの問題でデータ化できないページもある。

シリコンバレーでは、セマンティック検索の技術をもってる企業がM&Aで人気

シリコンバレーに本拠をおくマイクロソフトやグーグルなどは、セマンティック検索の技術を有する企業の買収をすすめている。
これは、セマンティック検索の将来性が非常に高いことを意味している。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。