離婚してさらにさげまんになる女性と、離婚してあげまんになって幸せになる女性の違い


あげまん理論には、「離婚するべきかどうか」の悩みを持つ女性の相談も多い。
子どものために夫婦関係を続けること=幸せということでもないし、離婚することが不幸ということでももちろんない。

しかし、世の中には離婚してしまい後悔する女性と、幸せになっていく女性がいるのも事実だ。
あげまん理論でも、離婚してさらにさげまんになっていく女性と、離婚してあげまんになって幸せになっていく女性もいるのだ。

「離婚したほうがいいかどうか」悩む女性のために今回の記事をお届けしよう。



離婚したほうがいい場合と、離婚して後悔する場合

離婚したほうがいい場合と、離婚して後悔する場合

今回は離婚して後悔する女性の例を参考に紹介していきたい。

離婚して後悔する女性①不倫相手と比べて旦那さんが良くないから離婚したい

女性の離婚したい理由として「他に好きな男性」ができた。という理由がある。
しかし、相手が独身の男性だったらまだいいが、向こうも既婚者だという場合が多い。

そのW不倫というパターンの既婚者の男性と比べて、今の旦那さんが良くないという理由で離婚を考えていることだ。
旦那さんと比べて良くない理由としては、不倫相手の人の方が「優しい」「視野が広い」「気遣いができる」「話し合うことができる」といった理由によく出会う。

なぜこのパターンに後悔が多いかというと、女性は自分が離婚すればあわよくば相手も離婚して一緒になってくれるという期待を抱くからだ。向こう側も「妻と上手くいっていない」と話していたりして、自分が隣に行けばこの人をあげられる!と思ってしまうわけだ。

しかし、このとき多くの場合が、向こう側の男性が別れるということはない。
これは「自分と似た状況の人を引き寄せているだけ」で、あなたが離婚したとしても、相手が離婚することはほぼない。片方が離婚することでお互いの状況が同じではなくなるので、付き合いが終了し離れてしまうのだ。

また、男性は「外の顔」と「内の顔」が全く違う人が多い。
外では饒舌でも、家では無口とかはザラだ。
結局付き合っていく過程で、前の旦那の方が良かったとなることが多い。

不倫相手を想って離婚することは、後悔する女性に多いパターンだ。
離婚するならば、不倫相手の人とも一緒にいれなくなったとしても離婚するという覚悟で離婚しよう。

離婚して後悔する女性②男性心理を知らず、「もう私を愛していない」と決めつけている女性

男性心理を知らず、男性心理を理解しようともせず「あの人は私をもう愛していない」と別れを選択するパターンだ。
あげまん理論では、「喜びそうなこと」と「喜ぶこと」は違うと伝えている。

あなたが尽くしたことは、あなたがしたいことであって、旦那さんがして欲しかったことではないかもしれない。
二人で、こういうことをしてほしいという欲求を話し合ったことはあっただろうか?

関心を持ってほしい、聴いてほしい、わかってほしい、大切にしてほしい、愛してほしい。
それは旦那さんも同じなんだよ。

離婚して後悔する女性③一つの裏切りによって、パートナーの全てを否定してしまう

よく「一度くらいの浮気なら許せ」と日本にはある。
この言葉ではないが、一回あなたを浮気や不倫で裏切ったからといって、全てを否定するような心持ちでは結局のところ新しい結婚をしたとしても同じことを繰り返す。

浮気や不倫をしたのなら、なぜ浮気や不倫をしたのか深く夫婦で話し合っただろうか?「私に魅力を感じなくなった」「女性として見れなくなったんだ」と自分の中で頭の中で勝手に妄想して、本当の理由を聞くことから逃げてはいないだろうか。

男性にも言い分があるかもしれない、浮気や不倫をする前に「俺のことなんか愛してないんだ」って傷ついた出来事があったかもしれない。「軽い気持ちで遊んだだけ」かもしれない。それらの理由を聞いて、自分の思いをちゃんと伝えたとしても一緒にいたくないだろうか。

離婚するべき男性

離婚するべき男性

さて、そんな中でも明確に離婚した方がいい男性の特徴をあげよう。
あなたを「尊重」してくれない男性だ。

尊重するというのは端的にいうと「相手の価値観を認めて、押し付けない」=「ありのままの相手を認めて敬う」ということだ。

ただ尊重と言っても、人によって受け取り方が違う。
その中で自分の中でアウトの境界線を引いておくといいだろう。

ぼくのおすすめの境界線は、

・暴力を振るう
・暴言を吐いてくる
・いやだと伝えても何度も浮気をする
・薬物・クスリ

これらをやってきたら、どんなに普段優しい男性だったとしても、離婚するべきだ。
この状態では、あなたが幸せになることが不可能だからだ。

あなたが幸せではなかったら、男性を上げていくということはできない。共に成長していくということはできない。一刻も早く離れて、新しい幸せを見つけるべきだ。

迷うなら離婚してはいけない!

ぼくのアドバイスとしては、自分の中で確固として「離婚する」と決めていなかったとしたら、離婚しないことをおすすめする。

迷っているならば、「夫婦円満になっていく方法」を学ぶべきだ。
あげまん理論で「話し合う」方法や旦那さんの仕事を応援していく方法、信頼を回復していく方法はいっぱいある。それらを学んで二人で新しい夫婦へとまた生まれ変わればいい。

しかし、もう決まっているのならば、大事なことは次の人生はこういう人生を生きるとしっかりと決めることだ。新しい男性はこういう人が理想と探す前に、あなた自身が次はこういう人生を生きると決めよう。

そうじゃないとまた同じような人生の繰り返しであり、同じような男性を引き寄せるだけだからだ。

「離婚するもしないも」感謝で終わること

家族のつながりを教えてくれるあげちん男性

どんな終わり方であれ、あなたの心が感謝で終わることが大事だ。
別れても、夫婦を継続していても、旦那さんのことを悪くいう女性はずっとさげまんだ。

男性は、結婚するということに女性よりも大きな決意をして結婚する。
あなたの人生を守ることだけじゃなく、あなたの家族や自分の家族を全て含めて幸せにしようという気概を持って結婚の決意をしたわけだ。

そのことに対して、そういった思いに対して、いくら年月がたちあなたがどれだけ我慢したとしても、その男性の想いに対して感謝できず、むしろ悪くいうとしたら、あなたはいつまでたっても男性に恵まれることはない。

「お互い違う道を歩くことになったけど、結婚してくれてありがとう。一緒に結婚生活を経験してくれてありがとう。」と心から思えないんだとしたら、それは男性の問題ではない。あなたの問題だ。

早急に心の在り方、人生に対する見方を変えなければ、ずっと同じことの繰り返しになってしまう。

離婚するにしても、しないにしても、やることは同じだ。
自分を愛しなさい。自分を愛したら、現実は変わってくる。感謝も生まれてくる。

あなたが本当の幸せを自分自身で見つけられる力を持っているということを、ぼくは信じてるよ。

もう一記事いかが?あげまん理論の結婚についての記事はこちら

あのね、結婚とは「共同プロジェクト」なんだよ

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

ドキドキや刺激を求めて結婚しても、その先には離婚・別居・不倫しかないよ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!