質問「ネットワークビジネスってどう思いますか?」回答「若い段階で着手するビジネスじゃないね」

ネットワークビジネスについて

シリコンバレーにいたときも、ブログにも度々学生や若い社会人からこの質問が結構ある。
今回はこの質問をもらった。

あきらさん!一年半ぶりです。
サンフランシスコの、スタンフォード大学の見学等々でご一緒させていただいた、Mです。あまりたくさんは話せませんでしたが、いつもFacebookでたくさんのアクティビティを拝見させていただいています。

この度、ちょっとしたご相談をしたいと思いまして、ご連絡しております。
〇〇というネットワークビジネスをご存知でしょうか?先日、友人から、このネットワークビジネスを紹介されました。ネットワークビジネスというと、良くない噂などどうしてもメディアで発信されるイメージがあって、踏み込んでいいものか悩んでいます。

そこで、社会経験豊富な先輩方に意見を聞きたいと思いまして、ご連絡しました。

アメリカでできた会社で、一年前に日本にやってきました。まだ、駆け出しの会社で、ここ1年~5年で増えていく会員は、製品を提供するのではなく、人を紹介していくだけで報酬がどんどん入るそうです。

どう思われますか?そもそもネットワークビジネスについてどう思われますか?

連絡ありがとう!
ぼくはネットワークビジネスはやったことがないんだけど、ビジネスモデルの仕組みとしてはすごく面白くて、興味があるから答えていくよ!

結論から行くと、若い段階で着手するビジネスとしてはおすすめしないね!

そもそもネットワークビジネスって?

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、日本での正式名称は「連鎖販売取引」って定義されてる商取引の形態ことだね。
商品を紹介していけばいくほど、のちに入ってくる会員に販売価格の何%が入ってくるビジネスモデルだよ。

Mさんが、Aさんに商品を紹介する。Aさんが商品を買い続ければずっとMさんに購入額の数%が入ってくる。さらに紹介者のAさんがまた誰かに商品を紹介すると、その紹介した人の購入額の数%が入ってくる仕組みだね。

よく日本では「マルチ商法」や「マルチレベルマーケティング(MLM)」って言われてる。
アメリカでの正式名称は、「ピラミッド セリング(pyramid selling)」になる。

よく「ねずみ講」って聞くけど、「ねずみ講」は犯罪ね。
「ねずみ講」は正式名称は無限連鎖講って言って、金銭配当のみ、つまりお金だけでこのネットワークができるとダメ。
商品やサービスを流通させないと犯罪になっちゃうってことだね。

そのビジネスモデルの性質上、人間関係を軸に出来上がってるビジネスだから、問題も多いよね。
宗教の勧誘みたいに感じる人も多くて、「怪しい」とか感じる人も多いみたい。

ネットワークビジネスは、商品の価値を守るビジネス

確かな品質を守るビジネスモデル

そんなネットワークビジネスだけど
ネットワークビジネスでも本物はいっぱいあるし、商品が本物だったら素晴らしいビジネスモデルだよ。

このビジネスモデルって、商品の価値っていうのをずっと守り続けていけるんだよね。
クローズドに市場に流通させていくことで、価格破壊に悩まされる心配がない。
オープンに市場に流通させていくと、誰が販売してるか、どこで販売してるか商品の作り手が管理できなくなるんだ。
だから、知らない間にめちゃめちゃ安い価格で販売されたり、高級商品で売ってたのに、勝手にバーゲン商品のように売られて消費者に勝手なブランドイメージがついちゃう。

そういうことで、商品の作り手側はずっと悩まされちゃうわけよ。

でも、このネットワークビジネスで広がっていった商品は、作り手側がブランド価値を維持することもできるし、価格もコントロールができる。
商品価値をずっと守り続けていけるんだ。商品が本物だったら、ちゃんとみんな紹介してくれて広がっていくしね。

本物の商品かどうかを見極められるかがポイント

だからこのネットワークビジネスがうまくいくかどうかは、Mさんが商品が本物かどうかを見分けることができるかどうかにかかっている。

ぼくは、若い段階で商品を見る目っていうのは養えないって思ってる。
その商品で自分自身の人生が変わったとか、小さい頃からの病気が治ったとか、そんな風に劇的な体験がない限りその商品が本物かどうかは分かんないよね。

人間関係が成熟しているかがポイント

多くの経営者に会いに行く

ネットワークビジネスってMさんもMさんと接するお客さんにもある程度のビジネス感性が求められるだよね。
そうじゃないと、いくら真摯に商品を紹介してもどこかでお客さんやMさん自身に「感情のしこり」みたいなものができるんですよね。

つまり誤解が多い。ネットワークビジネスって。
だからある程度人間性やビジネス経験が高い人間同士がやらないと、ただそれだけで怪しいっていって離れる人がいるってことだね。

だからMさん20代前半だから、必然的にお客さんは20代前半になると思うんだけど、お互いビジネス感性が成熟してないから、いっぱい誤解やしこりが生まれると思うね。

ぼくのおすすめとしては、30代、40代で着手。
もしくは、2つ目、3つ目のビジネスとして着手がおすすめかな。

20代で一つのビジネスのサイクル(導入期→成長期→成熟期→衰退期)っていうものを経験して、「じゃあ次はなにをやろうか」って考えたときにやるぐらいがちょうどいいかな。

そのサイクルを経験してると、Mさんのビジネス感性も高まってるはずだし、類は友を呼ぶでMさんの周りにはビジネス感性が高い友達も多くなってる。年齢や経験も重ねて商品を見る目もつちかわれてるはずだしね。

おすすめのネットワークビジネス商品

ヤングリビング社のアロマオイル

ぼくはネットワークビジネスはやってないけど、ネットワークビジネスの商品はたまに買うよ。
例えば、ヤングリビング社のアロマオイルはもう最高。
製法や品質、会社としての理念やビジョンに至るまでグッとくる。

これこそ本物の商品だね。
本物の商品には、本物の人が集まってくる。

まず本物はこのネットワークビジネス会員になればお金が儲かるよとか言ってこないから。

ネットワークビジネスやりたいなら、まずはこういう商品に触れて、ネットワークビジネスの経験を積んでいくことだね。
ヤングリビングはもう結構有名だから、Mさんを通して爆発的に広がるってことはないけど、経験にはなる。

その経験をもとに、まだ日本に広がってないけど、本物の商品を扱ってるネットワークビジネスを見つけることができれば、一気に勝負をかけて成功するぜよ!

若いんだから、そんなレベルの高いビジネスやらないでネットやりなよ!

Mさん、まずはネットワークビジネスみたいなレベル高い商売やらないで、ネットでビジネスやりなよ。
インターネットでものを売る、アプリをつくる、サービスをつくる。

そっちのほうががぜん簡単だし、年齢が高い人たちはできないビジネスなんだよ。

ネットワークビジネスは、年齢が高くなればなるほど有利なビジネスだと思うし、若いんだったら若い人が勝つビジネスに着手するべしだね。

がんば!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402