広告をやめたら、売上は下がったが利益は上がった


今年、2月ぐらいから広告をやめた。
売上は大きく下がったが、利益は大きく上がった。

あとから振り返ると、広告をやめて良かったのだけど
やめるときは怖かった。
気づいたら、広告に頼りすぎていた。

広告は予算をあげれば、売り上げを増やせる。
予算をさげれば、売上を減らせる。
そのコントロールができるところはいいのだが、
自分らの本来の実力がどこにあるのかが不明確になる。

いくら頑張っても、これは広告による効果のなのか
がんばった成果なのかわからなかった。

今は広告をやめて、頑張った分が結果に反映される。
自分らの本来の器を数値化できている。
地に足がついて成長できている感覚がなにより心地いい。

それは大きな安心感にもなってる。
このまま自分らの器を大きくすることにフォーカスしていく。

今は、華やかな成功ではなく、
どんな天変地異でも崩れない土台がほしい。

目指すは、
・営業利益率50%以上
・自己資本比率50%以上
・一人当たりの営業利益1000万円以上
・銀行による企業格付け90点以上

そんな会社にしていく。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402