WordPress(ワードプレス)プラグイン「AddQuicktag」のおすすめの設定と使い方 – 「表示されない」「インポートできない」などの問題も解決!

WordPress(ワードプレス)プラグイン「AddQuicktag」のおすすめの設定と使い方 - 「表示されない」「インポートできない」などの問題も解決!

AKIRA DRIVEで使用しているプラグインソフトを紹介する。
WordPress(ワードプレス)で記事を作成しているとき、コードを使用することがあると思うが、頻繁に使うコードを簡単に使えるように本文上部にクイックタグを表示するというものだ。

今回はそのAddQuicktagの使い方から設定方法、表示されない、インポートできないなどの問題解決方法について解説する。

AddQuicktag1

WordPress(ワードプレス)プラグイン、AddQuicktagの設定

1. AddQuicktagのインストール

ダッシュボードの左にあるメニューから「プラグイン」「新規追加」を選択する。

AddQuicktag2

お目当てのプラグインは決まっているので、「キーワード」に直接「AddQuicktag」と入力する。

AddQuicktag3

AddQuickが出てくるので「今すぐインストール」をクリックして、インストールする。

AddQuicktag4

2. AddQuicktagの設定

インストールが終わったら次は設定に移る。
「プラグイン」メニューの「インストール済みプラグイン」をクリックすると、先ほどインストールしたAddQuicktagが表示されているので、「設定」を選択。

AddQuicktag5

設定画面に移動する。
例として見出しの<h3>を作ってみよう。

AddQuicktag6

「ボタン名」:ここに入力した名前が記事作成時の本文上部に表示されるボタン名となる。あなたがわかりやすい名前を入れるといいだろう。

「開始タグ」:今回は「<h3>」と入力する。
「終了タグ」:今回は「</h3>」と入力する。

右側にある「post」や「page」などチェックを入れる部分は、どの画面でAddQuickタグを表示するかの選択ができるようになっている。ちゃんとチェックを入れておかないと表示されないので注意が必要だ。WordPress(ワードプレス)やAddQuicktagをアップデートした後に表示されなくなることがあるようだが、その時はここのチェックが外れていることがあるので覚えておくといいだろう。
一番右端にチェックを入れるとすべてにチェックが入るので、こちらにチェックマークを入れる。

入力が終わったら左下にある「変更を保存」をクリックする。
新規投稿画面に行き、確認してみよう。

先ほど設定した「<h3>」のボタンが表示されているのがわかる。

AddQuicktag7

ビジュアルエディタの場合は以下のようにプルダウンででてくる。

AddQuicktag

試しに「AddQuicktagのおすすめの設定と使い方」という見出しでやってみよう。

AddQuicktag8

見出しをつけたい文字列を選択し、先ほど作成した「<h3>」ボタンを押すだけで、以下のようにコードが設定されている。

AddQuicktag9

いちいちタイプするより簡単にコードを使用できることをお分かりいただけただろうか。

* 設定しておくと便利なコードを幾つか挙げておく。

◯h4見出し
「開始タグ」:<h4>
「終了タグ」:</h4>

◯文字色(赤)
「開始タグ」:<font color=red>
「終了タグ」:</font>
*ここでは赤で書いたが色によって「blue」「green」などお好みで変更して使って欲しい。

◯マーカー(黄)
「開始タグ」:<font style=”background-color:yellow”>
「終了タグ」:</font>
*文字色とおなじく、ここでは黄で書いたが色によって「red」「blue」などお好みで変更して使って欲しい。

◯空白
「開始タグ」:&nbsp;
「終了タグ」:入力なし

◯太字
「開始タグ」:<strong>
「終了タグ」:</strong>

3. AddQuicktagのエクスポート/インポート方法

これから説明する方法を使えば、ワードプレスを新たにインストールしても、いつも使っているタグもそのまま続けるためにAddQuicktagを一から設定し直す必要はない。

すでに設定してあるAddQuicktagの設定画面に行くと下の方に「書き出し」という項目がある。
「書き出しファイルをダウンロードする」をクリックすると、今使用中のAddQuicktagのデータがダウンロードされる。

AddQuicktag11

新しいWordPress(ワードプレス)のAddQuicktagの設定画面に行き(もちろんこちらのWordPress(ワードプレス)にもAddQuicktagがインストールしてあることが前提だ。)「インポート」で、先ほどダウンロードしたエクスポートデータを選択し、インストールする。

AddQuicktag12

これで新しいサイトでも使い慣れたAddQuicktagを使用できる。

補足.AddQuicktagのエラーの対処方法

1.  AddQuicktagが表示されない!?

AddQuicktagが表示されなくった時、設定ページに行ってチェックがちゃんとついているかどうか確認してみよう。上記2でも言及しているが、WordPress(ワードプレス)やAddQuicktagのアップデート後にチェックが外れてしまっていることがあるので覚えておこう。

AddQuicktag10

2. AddQuicktagがインポートされない!?

上記3で説明したAddQuicktagのデータのエクスポートとインポートについて、新しいWordPress(ワードプレス)でインポートされない、または、インポートできたけど使えないということがあるようだ。
問題はエクスポートしたAddQuicktagと、インポートしたAddQuicktagが違うバージョンだとでてくる。
そんな時は以下の方法を試すといいだろう。

1.Addquicktag最新版を削除
2.Addquicktag旧バージョンをインストール
3.クイックタグファイルをインポート
4.クイックタグが使用できるか確認
5.Addquicktagを最新版にアップデート

Addquicktagの旧バージョンはここで入手できる。
https://wordpress.org/plugins/addquicktag/developers/

3. クイックタグがビジュアルエディタで表示されない!?

そんな時は本文上部にあるメニューの「ツールバー切り替え」を押してみよう。
「Quicktags」というプルダウンメニューが表示されるはずだ。

AddQuicktag13

こちらの説明でAddQuicktagがいかに便利なプラグインかお分かりいただけただろうか。
WordPress(ワードプレス)を使う上でぜひインストールしてもらいたいプラグインである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。