Hearables(ヒアラブル)とは

Hearables

Hearables(ヒアラブル)とは、耳に装着するスマートなワイヤレスイヤホンの事である。
現在、ウェアラブルやスマートグラスに次ぐヒット市場になると考えられており、シリコンバレーに拠点を置く各企業も注目を集めている。

Hearables(ヒアラブル)に求められる機能

テクノロジー企業の集積地といわれているシリコンバレーでも、Hearables(ヒアラブル)はとても注目されている。
Hearables(ヒアラブル)に求められる機能は、音楽を聞ける事はもちろんとなるが、求められる重要な機能がいくつかある。

それはノイズキャンセリング機能、医療レベルの補聴器、GPS機能の搭載、歩数計、心拍数といった生体情報をモニタリングできる機能である。

さらにこれらのデータをネットやアプリと連携して、より高度な機能を提供できる事が好ましいと考えられている。

Hearables(ヒアラブル)は人々の生活に欠かす事のできないアイテム

Hearables

マーケットを賑わせている製品として、ワイヤレスホンがある。
これらの製品は数年前から各企業で競争率が激しく、より音質が良く、バッテリーも長持ち、フィット感も良い新製品が次々と登場している状態である。

しかしHearables(ヒアラブル)は、これよりもさらに盛り上がる素質を持っている。
この理由として、音楽の使用以外でも日常生活の中で使える機能があるとして、重要視されているからである。
現代人は、一日平均15分の音声通話を利用していると言われている。
また音楽ストリーミングには45分、さらに動画の視聴、ゲーム、SNSはもはや音楽が欠かす事のできないものとなっている。

そして最近ではノイズキャンセリング機能も充実しているため、ストレスの軽減、集中力が高まるとして多くの利用者が増えている。
そのため個人使用だけに留まらず、職場においても作業効率アップのためにHearablesが普及する可能性が高いとされている。

この事からHearables(ヒアラブル)のニーズは、人々の生活に紐づいたものとなっているため、予想以上に高い状態である。
そのため今後は、さらにHearables(ヒアラブル)のニーズは加速化し、2020年には市場45億ドルまで成長すると見込まれている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!