起業家が飛行機内での生産性を維持することができる6つの方法

起業家が飛行機内での生産性を維持することができる6つの方法

海外メディアで「Entrepreneurs Can Stay Productive on an Airplane」という記事があったので、翻訳して紹介したい。
その名も「起業家が飛行機内での生産性を維持することができる方法」だ。

ぼくも仕事柄、飛行機での移動が多い。
その間自分なりの仕事に役立つことをする。

飛行機の中での時間というのは、とてもクリエイティブな自分になれる大切な時間だと思ってる。

そんな飛行機の中で、起業家はどのようなことを行っているのか紹介する。

起業家が飛行機内での生産性を維持することができる方法

ビジネスで定期的に飛行機に乗る必要があることが気が進まない出来事になることもある。早起きし、荷物をすべて持ち、空港へと向かい、搭乗口を通過するのは面倒だ。さらに長時間座席に座り、何もすることもなく時間を過ごさなければいけない。

しかし起業家は飛行機に乗るということを異なった視点で見て、ひとつのチャンスと捉えている。飛行機に乗る全ての過程を嫌がるのではなく、その過程を受け入れ、目的地に到着する時間まで生産性を維持する方法を考え出している。

以下のリストは、生産性を維持するために起業家が行うことだ。これらの中から自分自身に合う方法を試してみよう。

1.業界についての本を読む

業界についての本を読む

フライト中に本や雑誌を読むことは、生産性を維持するための最も一般的な方法の一つだ。フライト中にはほとんどの起業家が、特定の業界に関する本を読んだり、自分のビジネスにおいて利用できるものについて読むことに時間を使っている。自分の普段の生活やビジネスのどちらにおいても、賢くフライト時間を使い、自分の成長を助けると感じる本を選ぶといいだろう。

2.散らかった機器の掃除をする

起業家が飛行機内での生産性を維持することができる6つの方法

ぼくたちはすぐに必要としないノートパソコンやモバイル端末を散らかしてしまうけど、それらを使用することはめったにない。次のフライトでは、持っている機器を整理することに少し時間を使った方がいい。ぼくであればメールの片づけから始める。例えば、ゴミ箱の中のメールを消去し、重要なEメールをフォルダに入れ、容量だけを食っている古いメールを削除する。

注目すべきすべてのメールに返信することで、もう少しメールの片づけができる。ネットに接続が出来たらすぐに下書きとして保存し、送信ボタンを押すだけだ。持っている機器に保存されている必要のない写真や書類ファイルを消去することから初めてもいいだろう。これからやってくる重要なもののために容量を空けておこう。

3.目標を書く

目標を書く

目標を書くことはどこででもできるが、静かなフライト中は最適の時間だ。フライト中の何もしていない時間にゆっくり座り、設定したい目標について実際に考え、その目標を達成するためのプラン作りができる。すでに自分の目標について書き出しているなら、機内に持っていき、目標の下に小さな目標を書き始めよう。もし1枚の紙きれに目標を書くことができなければ、やりたいこともわからなくなってしまうだろう。

4.到着した後の予定を作成しよう

自分のネットワークやビジネスを成長させたいなら、到着したときのために試合プランを作っておくことは重要だ。到着して会議があるなら、どうすればその会議にもっと付加価値を付けることができるかを考えよう。自由時間がある場合は、時間の有効な使い方を計画するといい。

あなたがもう一度電話したいと思う人は誰だろうか。自分の携帯電話や電子メールをざっと見返して、時間がなくて電話できなかったが本当に話そうと思った誰かを探そう。常にチャンスを探して、それを最大限に利用しよう。

5.コンテンツを作成しよう

起業家として、ビジネスのためのコンテンツを作成することは非常に重要だ。フライト時間の長・短に関わらず、それに時間を常に使うことができる。あなたのブログ、ウェブサイトや他のオンライン出版物のために書きたい記事のアイデアを作成しよう。

また、ビデオや録音を編集する時間として使うことができる。貴重な新鮮なコンテンツを作成すれば、それらを見る読者や顧客をさらに引き留めておくことができる。コンテンツ作成のためにこの時間を使うことにしよう。

6.ネットワーキングしよう

起業家が飛行機内での生産性を維持することができる6つの方法

飛行機の中での人とのネットワークは、チャンスを見つける方法としては、おそらく最も見落とされているものの一つだろう。ネットワークというものは、全ての人に名刺を手渡しする迷惑なセールスマンのことではない。単純に話して楽しい人との会話を作りだすものだ。

ひょっとするとその人は、あなたに従業員として来てもらい、訓練をしたいと思っている会社の最高経営責任者(CEO)であるかもしれない。または、その人があなたの偉大な顧客になりうる人かもしれない。その人があなたとただの友達になったとしても、それも勝利だ。飛行機の中で人と話をすることを恐れることはない。ほとんどの人が実際には会話を楽しんでいる。

飛行機の時間をクリエイティブなものにしよう!

世界中で仕事をする高城剛がこう言っている。

「アイデア(の質、量)は移動距離に比例する」

ぼくはこの言葉が好きで、移動するという事自体がクリエイティブになることだと思ってる。

また飛行機の上というのは、なぜかいっぱいのアイディアが浮かんでくるものだ。
あなたもぜひ飛行機の時間を有意義なものにしていほしい。そして、ビジネスでアイディアを増やすために移動自体を増やしてみてはいかがだろうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402