アントレプレナー(起業家)とは

シリコンバレー用語集

アントレプレナー(起業家)とは、自ら事業を興す(起業)者をいう。
通常、スタートアップを開業する者を指す場合が多い。

経済学の父として知られるアダム・スミスは1776年、『国富論』のなかで、起業家(undertaker)の行為を「資本を集め、プロジェクトを企画し、実行する」と定義している。
それから約100年後、イノベーションの父とたたえられたシュンペーターは『経済発展の理論』のなかで、アントレプレナー(起業家)を「変化と冒険、困難を好み、新結合を遂行する行為」ととらえた。

いつの時代にも困難に立ち向かい、人・モノ・カネの資源を集め、組織やチームを編成し、ビジネスを構築していく。
それがアントレプレナー(起業家)の仕事だ。

シリコンバレーでは、立ち上げた会社をバイアウト(売却)し、また新たにスタートアップを立ち上げる。それを繰り返すアントレプレナー(起業家)をシリアルアントレプレナー(連続起業家)と呼ぶ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。