Cryptocurrency(暗号通貨)とは


Cryptocurrency(暗号通貨)とは、代替通貨のひとつで、デジタル通貨の事である。
2009年にビットコインが初めて分散化され登場したが、これが暗号通貨である。

また暗号通貨とはビットコインと、それを改造して作られたコイン群の事を指す。

2015年時点において、数百にも及ぶ暗号通貨が存在しているが、これらもまた暗号通貨の一種で、暗号論理を用いて取引の安全性の確保している。
また大部分の暗号通貨の特徴として、その発行量が徐々に減少するように設計されており、貴金属のように将来的に流通する通貨の総量に上限が設けられている。

暗号通貨であるリップルがとても人気が高い

暗号通貨であるリップルがとても人気が高い

ビットコインが非常に人気が高い中で、ビットコイン以外の暗号通貨も活発に動きを見せている。
特に人気となっている通貨が、リップルという暗号通貨となる。

ではなぜこのリップルが人気があるのかというと、理由は単純である。
それは世界ランキングに名を連ねるGoogleが、このリップルに投資をしているからである。

またその他にも、シリコンバレーでは著名なベンチャーキャピタルが揃って出資している事が、人気が高い理由の一つとして挙げる事が出来る。

ビットコインとリップルの違い

ビットコインとリップルの違い

ビットコインの創業者は未だに判明していないが、リップルの創業者はJedMcCalebが率いるシリコンバレー・スタートアップOpenCoin社が開発している。
JedMcCalebは、東京のBitcoin交換取引所Mt.Goxを制作した人物である。

ビットコインとリップルの仕組みの違いは、ビットコインはP2Pで取引されており、貴金属のように採掘できる総量に限界があり上限量が2100枚と限られている。
それに対してリップルは、このビットコインの欠点を補った暗号通貨であると言える。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402