自転車の旅~豊田で一泊~


あきらです。
高尾山を無事(?)ぬけたあと、彼女がバイトをしている豊田に向かいました。

そこで、彼女のひろみが働いているのが花屋さんなのですが
その店長のうらさんというかたの家に泊めてもらいました。

うらさんは、本田健の『「ライフワーク」で豊かに生きる』という本で
事例としてご紹介されてるほど、花が大好きな人です。

本田健のホームページでも紹介されています
http://www.aiueoffice.com/main.cfm?PID=NicePeople&ID=250&Person=0

今回は、ひろみのご縁で泊まらせていただけることになりました ニコニコ

高尾山で泥んこになった体を、癒しましたー

幸せ。生きてるってすばらしいですね。

うらさんの家には、FUKIKOさんという方も一緒に住んでいて
とてもあったかい二人でした。

二人はビジネスと、人生と色んな紆余曲折をしていて
人生経験の大先輩なので

二人には色んな話を聞きました。

そこで聞いた感情の話が素晴らしかったので、紹介しますね ニコニコ

うらさん

「あきらくん、

人間すべて感情で動いてるんよ。

ひろみちゃんとあきらくんなら知ってると思うけどね。
それでやっぱりね

どんなに成功哲学を学ぼうと
どんな周りに成功者がいようと
”感情のブロック”があれば自分で自分を止めてしまうんよ。

僕も周りは成功者ばっかりだったよ
本田健さん、本田晃ちゃん、神田昌典さん、小阪さん
みんな一緒に飲んだりしてたけんね。

僕もある程度までは行ったよ。

でもうまくいかなくなって
ある時自分で止めてるんだって気づいたのね。

社員のせいにしたり
無意識に死のうとしたり

「あ~こりゃいかん」って思って、
感情のブロックと向き合うようになったんよ。」

FUKIKOさん

「私もそんな感じ。
私もそれなりに色々勉強していたの。
ビジネス、自己啓発、スピリチュアル・・・
もう数え切れないほどのセミナーや本を読んだわ。

でも結局うまくいかなくなってね。
そのときうらさんのセッションを受けたの。

そのとき出てきたのがね

「私に対して、人は誰も助けてくれない」

という思い込みがあったことがわかったわ。

潜在意識の深いレベルでね

私は35年間、その思い込みを持ちながら生きてたってことに
そのとき初めて気づいたのよ。

そりゃうまくいかないよね。

なんでも自分でしなきゃって思ってたんだから。無意識に。

こういう深いレベルの意識は、自分で気づくことはできないのよ」

うらさん

「そうそうFUKIちゃん
それが出たとき、立てなかったよね 笑」

——————————————-

この話を聞いたとき
ハッとしました。

そうか、今自分が向き合うべきは
感情のブロックなのだ。

自分でビジネスをやっていて
確かに人は喜んでくれる。

でも自分は、疲労困憊してくばかりだった。

大好きな人と、大好きなことはできている。
しかしそれに対して、自分が作り上げていく感情が
自分を疲れさせているのだろう。

もっともっと自分の感情と向き合っていこう!

そう思いました。

———————————————–

うらさんとFUKIKOさんの家で
ゆっくりと疲れを癒しました 虹

あぁ幸せ。
生きてて良かった。

いつも読んでいただきありがとうございます ニコニコ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!