6年経営したジパング・ドットコムを手放すことにしました。関わってくれた方々に感謝!

ジパング・ドットコムを手放す

先日、6年間経営した家具の通販事業ジパング・ドットコムを手放すことを決めた。

25歳のときからサイトをオープンさせ、
様々なメンバーを巻き込んで、沖縄にいって社員を雇って、
年商5億円まで成長させ、資金ショートして
借金を7000万背負ったり、裁判で訴えられたり、
世界中を周ったり、シリコンバレーに住んだり、
資本政策を学び、最後は事業を売却という形でバトンを渡すことにした。

はじめて自分でもったビジネス。
経営者として様々なことを学ばせてもらった。

6年間で3万件以上の注文、6万個以上の家具を出荷した。

出来ればずっと続いてほしい。

ジパング・ドットコムの軌跡

中村あきら学生時代

今の妻と二人で、ジパング・ドットコムを立ち上げた。
当時の名前は、「一人暮らしインテリア.com」だった。

月商3000万円達成!

仲間も増えて、月商3000万円達成!

社員全員で沖縄旅行!

外部関係者も含めて、沖縄旅行!
ここで沖縄移住することを伝える。

株式会社ユナイテッド・ビジョン

沖縄でオフィスを持ち社員も30名に。
しかし、資金ショートをしてしまう。

高井ちゃんと裕美

高井ちゃんと少数精鋭、売上至上主義から、利益至上主義へ。

中村あきら著書「東京以外で、1人で年商1億のネットビジネスをつくる方法」

これらの経験を「東京以外で、1人で年商1億のネットビジネスをつくる方法」でまとめる。

人形町のオフィスでジパング・ドットコムのメンバーは働いている

CLINKS株式会社さんと組んで、
株式会社ジパング・ドットコムを設立して上場を目指した。

自分は「0→1」が向いていると気づいた

株式会社ジパング・トットコムを設立して、上場を目指した。
しかし、やってみて分かったことは自分は「0→1」をつくることが好きだってことだ。

新しい事業をつくり、無を形あるものにする。そして、「1→100」にできる会社に売却すること。
それをやり続けるということだ。

今の段階のジパングは、「1→100」にするフェーズであり、
自分がもはや代表を務めるべきではないし、自分自身も価値を発揮できないという結論にいたった。

だから、一緒に株式会社ジパング・ドットコムをつくったCLINKS株式会社さんに譲渡するようにした。

ただ代表という形ではないけれど、サポートできるところはサポートしていくつもりだ。

今までジパングに関わってくれた人は、ただ、ただ「感謝」

今までジパングに関わってくれた人は、のべ数百人もいる。
一つの事業を大きくする、継続するというのはここまで多くの人が関わるのかとおもうほどだ。

ジパングに関わってくれた人には、感謝しかない。
まさに自分のわがままに付き合ってもらった。

ぼくは、ジパングに関しては全てやりきったと思ってるよ。
後悔はない。

でも、心残りはもう一度V字回復を、資金ショートで迷惑をかけた人たちに見せたかったことだ。
本来ならば、もっと早く売却をしてよかったし、するべきだったと思ってる。

でも、それを止めてたのは、もう一度復活させた姿を見せたかったことに他ならない。
それだけが心残りだけど、でも、それでも、ぼくができる全てはやったと思う。

この事業を通して、この事業に関わってもらった人たちを通して、
ぼくは何をやるべきか、何をやるべきではないかを教えてもらった。

また新たな事業を通して、この学びを生かしていきたい。

ジパングに関わってもらった人達、本当にありがとう!感謝!

次は何をやるかは決まってない、でも「中村あきら情報発信&コンサルティング」はやっていく!

次は、どんな事業をやっていくかはまだ決まってない。
でも、このAKIRA DRIVEを通じて中村あきら情報発信には集中していく予定だ。

あと、子どもも生まれたし、お金も稼ぐのは好きだし、
コンサルティングという形で自分の知識を必要としている人に伝えていくのはやっていく。

しばらくはそれに集中するつもりだ。

いつもみんなには応援してもらってるし、それをずっと感じてる。
これからも変わらずずっと応援してほしい。

いつもありがとう!

もう一記事いかが?ジパングに関する記事はこちら

【お知らせ】2つ目の会社、株式会社ジパング・ドットコムを設立しました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402