【書評】家族が増えるってことは、心の琴線が増えること『海と空へ』高橋歩

高橋歩の新刊「海と空へ」

高橋歩の「海と空へ」(A-Works)を読んだ。

ぼくが学生のときに、初めて高橋歩の本を読んだ時の感動は忘れられないな。
「人生の地図」は学生の時の自分の最高のバイブルだった。

あれから起業して、経営者になってからあんまり高橋歩の本は読まなくなったけど、
今回高橋歩が「子どもに向けた手紙」として、高橋歩の子ども海と空に向けた本「海と空へ」を買ってみた。

もう高橋歩の子どもも、14歳と12歳だってさ。
ぼくが高橋歩の本に出会ったころは、まだ2才か3才ぐらいだったのにね。

時が経つのは早いな~。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在4,048名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

ママの愛情を忘れたら、バチが当たるぜ。

この1ページがすごい!


最初にも書いたように、
家族4人で暮らせる時間は、
もう、残りわずかだよな。

そのうえで、まず、
海と空に、伝えたいこと。

それは、やっぱり、
ママのことかな。

ママは、父ちゃんのように、
口がうまくないから、
気持ちが伝わらなかったり、
誤解されることもあるけど。

海。空。
ふたりが生まれたときから。

ふたりの命には、ママの全力の愛情が、
どれだけ注がれてきたか。

それを忘れたら、
さすがに、バチあたるぜ。

ママは、若い頃、ずっと働いていたし、
仕事もしっかりできる人だけど、
結婚するときに、父ちゃんが頼んだから、
今は、専業主婦をやっている。

だから、外に出て稼ぐかわりに、
家族みんなが気持ちよく暮らせるように、
毎日、毎日、見えないところで、
一生懸命、家のことをやってくれているよな。

父ちゃんが仕事に集中できているのも、
ママが、父ちゃんのために、
最強のアシストをしてくれているからなんだ。

うちの家族が暮らしていくために、
みんなが使っているお金は、
父ちゃんひとりで稼いでいるわけじゃない。

父ちゃんとママ、ふたりで、
半分ずつ稼いでいる。

これは、ママを持ち上げているんじゃなくて、
父ちゃん、本気でそう思ってる。

—『海と空へ』高橋歩著「ママのこと」より

 

ぼくも子どもが生まれて、妻であるひろみの子どもに注ぐ愛情をすぐそばで見てて、本当にすごいと感じてる。

ぼくが仕事に集中できているのも、直人の成長を感じさせてくれるのも、ひろみのおかげだ。
確かに、自分の子どもが大きくなって、それを忘れるような子どもになったら、それはバチが当たるぜ。

ありがたいなあ、本当に。
ふたりを見てると、もっとがんばろうって思えてくるよ。

お金のこと、将来のこと、好きなこと、人生は素晴らしいんだっていうこと

この本では、高橋歩が海と空について、様々な面から言葉を送っている。

お金のことや、将来のこと、スマホのことまで多種多様だ。
自分も子どもが大きくなった時に、何を伝えたいだろうと考えられずにはいられない。

子どもはやっぱり、言った言葉よりも、ぼくが何を選んだか「背中」を見てるなと思うんだよね。
自分は何を語るのだろう。背中で何を見せてあげれるだろう。って考える。

その時になって後悔しない生き方だけは選択し続けたい。
それこそ、やっぱり、最大のメッセージだよね。

子どもを持つ父親におすすめ

この本「海と空へ」は、やっぱり子どもを持つ父親におすすめ。
昔はあまりピンと来なかったかも知れない、でも子どもを持つと、心の琴線にふれることがいっぱいあるね。

家族が増えるってことは、心の琴線が増えることかもしれない。
それだけ幸せに触れることが多くなるってことなんだね、きっと。

もう一記事いかが?高橋歩のこと、父であることについての記事はこちら

【書評】あなたの「前提」が男性を大きく育てる!『すぐそばも幸せにできないで。~半径5メートルのレシピ~』高島大

読むと人生が変わる!「働き方」の概念をぶち壊してくれる偉大な作家8選!

【近況報告!】12月22日無事、2734gの赤ちゃんを出産できました!


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!