【書評】不労所得を持てるかどうかはストックビジネスにある!『ストックビジネスの教科書』大竹啓裕著

ストックビジネスの教科書大竹啓裕著

『ストックビジネスの教科書』大竹啓裕著(ポプラ社)を読んだ。

この本はストックビジネスという考え方についてすごく詳しくわかりやすく説明してくれてる本だね。
実はこの前開催した「不労所得ナイト」でも、結局のところ不労所得をつくるにはストックビジネスをするしかないという話もした。

不労所得を得たかったら絶対「ストックビジネス」をやらないといけない。

不労所得を得たい個人じゃなくても、継続的に安定的な売り上げを上げていきたい会社はストックビジネスの概念を勉強しておく必要はあるよね。

継続的に安定的に収益を上げたいと思った時は、この本はすごく勉強になる!

 

ストックビジネスって何?

この本ではストックビジネスの定義をこういう風に書いてある。

①継続的にお金が入る。
②そのビジネス自体を売ることができる。

継続的にお金が入る

継続的にお金が入る仕組みのビジネスモデルかどうかだ。
例えば、スポーツクラブは会員制のビジネスなので毎月継続的に収益を発生させることができる。
しかし、花屋などは継続的に入ってくるビジネスモデルではない。だから毎回営業をかけなければいけない。

そのビジネスを売ることができる

そのビジネスを売ることができるかどうか大事だ。
逆に「売ることができないビジネス」って何かというと人に依存してしまうビジネスのことだ。
同じ飲食業でも飲食自販機業だと誰がオーナーでもそのビジネスの売上は変わらない。
だから、違う人にそのビジネスを売ることができる。

しかし、カリスマシェフの飲食店はそのカリスマがいないと売上をあげることができないから、そのビジネスを他人に売ることっていうのはできないんだ。

ソフトバンクの成長の歴史はストック化の歴史だ!

この1ページがすごい!


ストック化で成功した企業は数多くあります。
なかでも、ソフトバンクは戦略的に「ストック化」に移行していったとみていいと思っています。

ソフトバンクの孫正義氏がまず始めたのは、コンピューターソフトの卸売業でした。
すなわち「ストックビジネス」の反対の「フロービジネス」で、一度売ったとしても定期的な収益が得られるわけではないビジネスモデルでした。

そこから、ポータルサイト事業「Yahoo!Japan」を始めましたが、これも広告事業が主体で、ストックビジネスとは言い切れないモデルでした。

ここから孫氏は、ストックビジネスに向けて大きく舵を切ることになります。
つまり、定額制のサービスに移行していったのです。「Yahoo!BB」のADSL事業を皮切りに、「日本テレコム」を買収して電話通信事業を始め、そしてついに「ボーダフォン」を買収して携帯電話事業に本格的に参入しました。

①「ソフトバンク」コンピューターソフト卸売業 《ストック×》
②「Yahoo!Japan」ポータルサイト事業/インターネット広告事業 《ストック△》
③「Yahoo!BB」ADSL事業 《ストック〇》
④「日本テレコム」電話通信事業 《ストック〇》
⑤「ボーダフォン(現ソフトバンク」携帯電話事業 《ストック〇》

こうしてみるとソフトバンクの歴史は「ストック化」の歴史であったことがわかります。

—『ストックビジネスの教科書』大竹啓裕著

これはすごくわかりやすい。
やっぱりビジネスをやってると、最初はとりあえず目の前にあるもの売りに出る。
それが上手くいったら、お金が入ってくるけどずっと営業しなきゃいけない。
上の経営者の人達はどうやってあんなに安定的に売り上げをあげてるんだって疑問がわく。

そしたらビジネスモデルが大事だって気づいていくんだよ。
そのためにはストック化できるビジネスに着手しないといけないって気づくんだよね。

まずはストック思考をもて!

まずストックビジネスをつくるには、ストック思考を持つことが大事だ。
一度このストック思考をインストールすると、街で見かけるビジネスや経済ニュースを見たときに、
「あ、このビジネスはストック性が高い」とかを瞬時に判断できるようになる。

ストック思考は、ビジネスの良しあしを判断するのにとてもいい視点を与えてくれるはずだ。
起業家のみならずとも、転職を考えるビジネスマン、株取引をするディーラーなど
その会社が良い会社かどうかを判断するときにすごく役に立っていく。

ストック性が高いビジネスを持っている会社は将来も安定的だし、何より経営者のビジネスセンスの高さもうかがえる。
そのストック思考を知っておくことで、企業選びがグッと楽になっていくはずだ。

ストックビジネスをつくろう!

ぜひこれから起業する人はストックビジネスを目指そう!
この考え方を知っているだけで、他の起業家との3年後、5年後の成長が全く違う。

結局のところ、どんなビジネスを選ぶかで成長というのは変わってくる。
もちろん自分に合っているビジネス、自分が情熱をもてるビジネスというのもビジネスを選ぶうえで重要な要素だ。

だけど、このビジネスモデルの考え方を知りながら、選択するビジネスとそうではないビジネスはきっと方向性が違ってくるはずだ。

この本には、もっとストック化した企業の事例、ストックビジネスの作り方など他にも満載だ。
ぜひおすすめ!

この記事が載ってある「まとめ記事」はこちら

pexels-photo-26890-2

【随時更新!】中村あきらのおすすめ本のまとめ

pexels-photo-26890-2

ビジネスを「手段」ではなく、「目的」に!『ビジネスモデルの美しさがわかる本8選!』

2015年中村あきらの年間521冊読んだ中でのめちゃくちゃタメになった本ベスト12

2015年中村あきらの年間521冊読んだ中でのめちゃくちゃタメになった本ベスト12


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402