あのね、あげまんは「自己犠牲」じゃない。「女性の幸せそのもの」なんだよ

あのね、あげまんは「自己犠牲」じゃない。「女性の幸せそのもの」なんだよ

「あげまん」と聞くと、女性の中には「男性だけが幸せになるための好き勝手な言い分では?」と思われる方もいるのではないだろうか。

ぼくはこの3年たくさんの女性にあげまん理論を伝えてきた。
その中で思うことは、女性の幸福とは、大切な男性がどんどん活躍したり、どんどん成長するということあってこそなんだってすごく感じる。

女性が「より高いレベルの幸せ」を得る方法は、やっぱり『あげまん女性になること』なんだよね。



男性と女性では「役割」が違う

今の日本は、女性が自立し過ぎているなと感じることがいっぱいある。
男性に負けないために、傷つかないように強くなりたいと思う心はとても大事だ。

でもその先には一人で入れる「自由」があったとしても、「幸せ」というものは少ない。

何かを成し遂げたいと思う時に、目の前や足元がおろそかになりやすい、男性一人の力では実現していくことは難しい。

より多くの人を幸せにしたいと思った時に、公平性よりも身近な人を優先させてしまいやすい、女性一人の力では実現していくことは難しい。

男性と女性、どちらがいいとかではなく、それぞれの役割がある。

お互いが努力するからこそ、一人では行けない場所へといける。

ぼくら夫婦で言えば、ぼく一人だけだったら成功できなかっただろう。
奥さん一人だけだったら、たくさんの場所に移住したり、海外に住むという選択肢は持てなかっただろう。

一人だと自分の人生を自分でコントロールすることは簡単だ。
でも、二人なら自分一人では決して見られない、想像以上の景色を見る事ができる。

そこにはたくさんの女性の「自由」があり、「幸せ」があるんだよ。

女性の幸せは、男性と共に成長していくことだ

男性の幸せっていうものは、隣にいる女性で決まる。
大切にしたい女性や家族がいるからこそ、男性というものは大きく飛躍していく。どんどんがんばっていく。どんどんリスクをとって挑戦していく。

「あげまん」というのは、男性を成長させることで、一緒に自分も成長していく。
男性を幸せにすることで、一緒に自分も幸せになっていく。
男性を成功させることで、一緒に自分も成功していく。

それってね、一人だけでは決して得られない「女性の幸せ」なんだよね。

もちろん片方だけでの努力でもいけない。
男性が必死に成功しようと思っても、女性が興味なかったらいけない。
女性が必死にあげようと思っても、男性が努力できなかったらいけない。

だからこそ共に成長していくパートナーシップが「あげまん・あげちん理論」なんだ。

あげまん女性になるとは、「自分のことを深く愛せる女性になるということ」

改めて、ぼくは全ての女性があげまんになったらいいと思っている。
あげまん女性になるということは、全ての女性の幸せが全部詰まったものだからだ。

例えば、自分を愛したり認められたりしなかったらあげまんではない。
自分を愛せないと男性のことも本当の意味で愛せないからだ。

あげまん女性になるとは、自分のことを深く愛せる女性になるということだ。

例えば、男性心理を知って男性のことに深く興味を持たないと男性と本当に幸せになることはできない。

彼氏が仕事で悩んでいたとき、あなたが心配して色々話したのに「別に・・」「ほっといて」と言われて傷ついてしまったりする女性を何度も見てきた。
こういう場面でも、男性が本当に悩んだら一人で考えたい性質があるということさえ知っていれば何も傷つくことなんて必要ないのだ。

男性心理や男性が本当にどうしたいかを知るということで、あなたのほとんどの行動が変わっていくんだよ。お互いが心地よく人生を共に歩むことができるようになる。

あげまん女性になるということは、パートナーと共に成長できるようになるということだ。

「あげまん」は、人生におけるパートナーシップの土台になる

他にもあげまん女性にるということは、男性からもどんどんモテるようになります。
ただの美人やキレイだと、一回あったら終わり、一回セックスしたら終わり、少し付き合ったら終わりという場合がほとんどだ。美人やキレイは男性にとっては刺激なので、その刺激が弱くなったらいる意味がない。

しかし「仕事の相談に乗ってくれる」「自分がつらい時に話を聞いてくれる」あげまん女性は、男性にとってただの刺激ではなく、必要な存在であり「自分ごと」になる。

あげまん女性になるということは、男性にとってなくてはならない存在になるということだ。
あげまん女性の在り方は、多くの男性を引き寄せて、恋人だけじゃなくて、男性友達、女性友達、部下や上司からも求められる女性になるということなのだ。

さらにあげまん女性は結婚後の生活も全く違う。刺激やドキドキを元にした恋愛感情は3年で終わる。その後は家族愛や愛情が何十年もパートナーシップの基礎になっていく。

ただの美人やさげまんだと、パートナーとの深い愛を築いていくことはとても難しい。自分を愛し、パートナーを愛し、あげまん理論のテクニックや男性心理を知るだけで、男性は結婚後もどんどん社会に求められるようになっていく。あなたはお金の心配をする必要は全くなくなるし、男性側もそんなあなたに毎日感謝するようになる。

そして言わずもがな、そのあげまん女性の在り方は、子育てにも強く影響していく。どんな優れた教育よりも、お母さんが自分をちゃんと愛していて、お父さんが楽しそうにしている家族像以上の教育はないよね。子どもの人生に一番影響を与えるのは、お母さんとお父さんだからだ。

あげまん女性になるということは、どんな素晴らしい高等教育以上の力を持つということだ。

あげまんであろうとなかろうと、あなたは多くの男性に影響を与えている。だったら・・・

これを読んだらわかるように、女性というのは生きているだけで、たくさんの人たちに影響を与えているんだよ。
これは生きているだけで、だ。女性は生きているだけでたくさんの人に影響を与えている。

どうせたくさんの人に影響を与えているんだから、自分に触れていく人たちをさげるのは本当にもったいないことだと思わないだろうか?あなたと出会う人、関わる人、家族や大切な人がもっともっと幸せになっていく女性になっていこう。

あげまん女性になるということは、そういう自分になるということだ。

あげまん女性になるということは、決して難しいことではない。
あなたが本来持っている自分の魅力を思い出し、男性心理を少し理解するだけだ。それがあげまん理論なのだ。

それだけで、あなたの人生と交わり、通り過ぎる全ての人が幸せになっていく。ね、こんな素晴らしいことはないでしょ?^^
ぜひあげまん理論にもっと触れてみよう。

あげまん女性は決して自己犠牲ではない、「女性の幸せそのもの」だ

「あげまん」と聞くと、男性の後ろに一歩下がり、自分自身を犠牲にして、男性を支えていく。
そんなイメージが強いのではないだろうか。

女性自身もちゃんと幸せにならないと本当の意味でのあげまんではない。
どちらか一方が「どうして、自分ばっかり」ってなっているパートナーシップに幸せなんてものはない。

これからは女性の時代だ。
でもそれは、女性だけが社会で活躍したり、女性が一人で生き抜いていく時代じゃない。

男性と共に「対等」に一緒に成功していく時代だということだ。

男も女も幸せになる新しい時代のパートナーシップを語る上で、
その主人公が『あげまん女性』なんだよ。

もう一記事いかが?あげまん女性の価値観がわかる記事はこちら

あのね「美人」も「セックス」もお金で買えるんだよ。でも「あげまん」は買えない。

「あげまん」は結局何がしたいのかって?あなたを通じて大きな世界を見たいんだよ

キャリア女性と恋愛を考えている男性からの質問!「結婚」を手に入れたい女性と「成功」を手に入れたい男性の真剣勝負!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。