自己肯定感診断チェックの解説

自己肯定感診断チェックの解説

自己肯定感診断チェックの解説ページだ。
もしまだ自己肯定感診断チェックを受けていないなら、以下のページから受けてみよう。

自己肯定感診断チェックシート

女性のための自己肯定感診断チェックはこちら



設問1の解説!「怒りっぽい」のはあなたの親が関係している

設問① 自分は怒りっぽいほうだと思う?

自己肯定感が低いと、自分でも感情がコントロールしづらくなってしまう。あなたがすぐに怒りのスイッチが入ってしまうのには、あなたの育ち方が影響している。

何か失敗をすると、親に理不尽に叱られた経験がたくさんあるのではにだろうか?
小さい時に感じた理不尽な思いを消化しないままでいると、大人になった時もこの想いを引きずって影響してきてしまう。

あなたが怒ってしまう時は、他の人に対して責め立てる気持ちと同じくらい、同時に自分のことも責めてしまっているんだ。

自分を認めてあげる自己肯定感を持つことで、怒りのスイッチが入りにくいようにしていこう。

あげまん理論では「感情のマネジメント」をすることを大切にしている。
怒りの感情について、以下の記事が分かりやすいのでみてみよう。

「結婚はしたいけど、「あなたじゃない」と言われました」(怒りの感情マネジメント)

設問2の解説!男性に負けたくないのは、女性として自分を肯定できていない

設問②どんなことでも男性に負けたくないと思っている?

男性と同じように肩を並べて仕事をしたい、もしくは男性以上に能力を認められて成功したいと願ってしまうのは、あなたが負けず嫌いな性格ということだけが理由じゃないんだ。

女性、男性と性別の区別なく評価されたいと願ってしまうのには、小さい頃から競争社会で追い立てられて成長してきてしまったことが関係している。

男女平等、あなたが頑張ってきたその考え方もまちがいではないけれど、大切なことは女性であるあなた自身らしさを認めてあげ、自己肯定感を高めてあげることだ。

女性に向いた分野、男性に向いた分野って必ずあって、すべてを男性と同等に張り合おうとする必要なんてない。女性男性それぞれの特性を活かす方法を見つけていくべきなんだ。

あげまん理論では男女の役割の違いを紹介している。
男性と女性、どちらがいいとかではなく、それぞれの役割がある。

あのね、あげまんは「自己犠牲」じゃない。「女性の幸せそのもの」なんだよ

あのね、あげまんは「自己犠牲」じゃない。「女性の幸せそのもの」なんだよ

設問3の解説!つい口から出る余計なアドバイスは自己肯定感の低さから

設問③ 何かとアドバイスしたがってしまう?

職場で同僚や、後輩、もしくはパートナーに対してつい上から目線でアドバイスをしてしまうのは、あなたがあなた自身を認めていないことが関係している。

自己肯定感が低いと、他人の成功を素直に喜べない。自分のアドバイスがあったからこそ他人が成功できたのだと、意識のすり替えをどこかで行おうとしてしまっている。

自己肯定感が高くなれば、他の人の成功に自分の評価を連動させようと思わなくなってくる。

嫉妬を感じるということは、○○のサイン

嫉妬を感じるということは、○○のサインなんだよ

設問4の解説!褒められたことを素直に認められないのは、自己肯定感が低いから!

設問④ 褒められても素直に受けれずに、相手の真意に疑いの心を持ってしまう?

褒められた時に、つい相手の言葉に疑いを抱いてしまうのはあなたがあなた自身を認められていない、自己肯定感が低い証拠だ。

他人の言葉には、裏があってそこには悪意が隠れていることも少なくない。けれど自己肯定感が高く自分の評価が正しくできている人ならば、他人の言葉の裏まで読み取ろうとせずポジティブな言葉だけを自分の中に吸収できるはず。

言葉の裏まで考えられるということは、一方であなたは思慮深い人だということでもある。自己肯定感を高めてあげることで、今よりももっとあなたの能力を発揮することができるようになり、他の人に褒められた時もそれを素直に受け入れることができるようになるはずだ。

あげまん理論では、褒められたときにちゃんと受けとること。そして、あなたが誰かを褒めることでどんな男性が器が大きいのかを分かるようになれる。

褒め上手になるには?「褒め上手」こそ素晴らしい男性を見極め・引き寄せる最大のスキル

設問5の解説!大事なことほど口に出せなくなるのは、自分を否定されるのが怖いから

設問⑤ 大事なことほど言えなくなってしまう?

あなたにとって大事なことほど口に出すことをためらってしまうのは、自分を否定されることを極端に怖がり、拒んでいるからだ。

自分の言葉を否定されるということは、自分自身を否定されることだ。子どもでも大人でも耐えがたい気持ちになる。自分はどうせ分かってもらえない、わかってもらえないならいっそ本音の言葉を発さなくなる、そんな悪循環におちいってしまう恐れがある。

自己肯定感を上げて、自分のありのままを認めてあげることができるようになれば、自然と大事なことも口に出せるように変化してくるのが自分自身でも分かるはずだ。

自己肯定感を上げて、しまい込んでいた言葉をどんどん解放してあげよう。

あげまん理論では、本音をいうことでしかパートナーと話し合うことはできないと伝えている。
「話し合う」ことは「愛し合う」ことなのだ。あなたが本音を話し、パートナーが本音を話すことでしか、自分と相手を愛することはできない。

以下の記事で「愛し合う」(=話し合う)ことが詳しく書かれてある。ぜひ見てみよう。

「愛する」ということは「話し合う」ということだ。「話し合う」ことができない人の5つの特徴

「愛する」ということは「話し合う」ということだ。「話し合う」ことができない人の5つの特徴
セックスはエネルギーの交換であり、循環である。セックスも「話し合う」ことが大切
男性が「浮気したい」と言ってきたら、あげまん女性はどう答える?

設問6の解説!仕事を休みにくくしているのはあなた自身の自己肯定感の低さかも…

設問⑥ 人に悪いから仕事を休めない?

例えば何でも自分だけで仕事を背負い込んでしまったり、他の人の仕事まで受け持ったりしてはいないだろうか?

仕事を断れないということを、どこか自慢に思っているのだとしたらそれは間違いだ。

明らかに自分の許容量を超えていたり、休んでもいい状況なのにきちんと休めないということは決してあなたが優秀だからということではない。

きちんと仕事を休める人は、メリハリのついた仕事の進め方を知っている。そして自分の能力の範囲をきちんと把握していて、足りない部分もあるそのままの状態の自分のことを認められていて、自己肯定感をしっかり持てているんだ。

適度に仕事を休むことこそ、自分の成長につながるということを覚えておこう。

あげまん理論では、人に頼ること、完璧主義になり過ぎないことで、周りの人も幸せにすることを伝えている。

あなたの価値は、仕事で判断されるわけではなく、恋愛や恋愛相手で判断されるわけではない。
あなたの価値はあなただけのものだ。

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

設問7の解説!付き合った男がダメンズになってしまうのは、あなた自身が自分を否定しているから。

設問⑦ 付き合った人がどんどんダメンズになっていく?

あなたと付き合った男がどんどんダメンズになっていってしまうのは、あなたが相手の男性の価値を正しく認めてあげられないさげまん女性だからなんだ。

自分の価値を認められず、自己肯定感の低い女性は無意識の内に男性の可能性をもつぶしてしまいがち。

相手の男性の能力や経済力が成長する芽を見つけてあげられる、あげまん女性へと変身していくには、あなた自身が自分を認めて相手の自己肯定感を高められる女性になる必要がある。

あげまん理論では、ダメンズを引き寄せてている原因とダメンズになってしまう原因を書いてある。

30代キャリア女性の「さげまん」は、なぜ「だめんず」を大量に引き寄せてしまうのか?

30代キャリア女性の「さげまん」は、なぜ「だめんず」を大量に引き寄せてしまうのか?
【続】30代キャリア女性の「さげまん」は、なぜ「だめんず」を大量生産してしまうのか?

設問8の解説!パートナーが甘えてきた時に受け入れられないのは、自分を受け入れてないから

設問⑧ パートナーが甘えてきたら、引いてしまう?

あなたのパートナーである男性を素直甘えさせてあげることに抵抗があるのは、あなた自身が自分のことを肯定できていないからなんだ。

「甘える」という行為、あなたは小さな頃にたくさんできていただろうか?

兄弟姉妹が小さかったり、病気がちだったり、何か普通より手のかかる事情がないと、あなたじゃない他の兄弟姉妹の世話や仕事が大変で、両親にあまり手をかけてもらってなかったことはないだろうか?

その時に満たされなかった気持ちが、素直に甘えられない今のあなたを作ってしまっている。

自分がうまく甘えられないのに、自分より強いはずの男性が甘えてくるのが耐えられない気持ちになってしまうんだ。

まずは自己肯定感を高めて、甘えてもいいんだと自分のことを受け入れてあげよう。そうすればパートナーがあなたに甘えてきてくれる喜びを感じることができるようになるはずだ。

「完璧主義」は誰も幸せにならない。頼ることでこそ周りの男性が輝き出すんだよ

設問9の解説!自分の本音がわからないのは、自分と本当の意味で向き合えていないから

設問⑨ 自分の本音がわからない?

自分の本音がわからない、それは自分を心のどこかで否定してしまっているからだ。自己肯定感の低い人は、自分のありのままを認めることができていない。

何かが立派にできたから、という条件付きの自分ではなくて、マイナス面も含めた等身大の自分を受け入れるということが必要なんだ。

あなたが本当に望んでいることならば、立派なことでなくてもいい。それが周りの人には否定されそうなことでもいいんだ。

すべての自分の気持ちを受け入れること、それこそがあなたの自己肯定感をあげることにつながる。自己肯定感をしっかり持つことができれば、次第に自分が本当は何を感じ、何を望んでいるのか、心の中に湧き出るように分かってくるはずだ。

女性を悩ませる問題への万能薬かつ特効薬は「自己肯定感」を高めること

【完全まとめ】自己肯定感が低い女性の特徴・行動パターンと高める方法を徹底解説

設問10の解説!大人になっても親が許せないのは、あなた自身を不幸にしている。

設問⑩ 自分の親にイライラしたり反抗心が消えなかったり、許せない?

思春期の頃は親への不満を口にすれば、周りの友だちも多くが共感してくれて気持ちを分かち合えていただろう。

成長して大人になるにつれて、親へのわだかまりをいつまでも残していると、なんだか自分の方がまちがっているのではないかと不安になってはいないだろうか?

あなたがいつまでも親のことを許せない、と思うのは、小さい頃に親に自己肯定感を育ててもらえなかったことが大きく影響している。決して、あなた自身に問題や責任があるわけではない。

本来親に育ててもらうはずだった自己肯定感を、今からでも育てることはできる。それにはあなた自身の心の傷を治してあげることが一番大切になってくる。

親を許さないことであなたの自尊心を保ってきたのであれば、ゆっくりゆっくり、自分を受け入れてあげることから始めてみよう。

どんなにボロボロになった自尊心でも、あなたのそのままを認めてあげることが大切だ。

そうして自己肯定感を上げることができれば、親の苦悩や現実もあなたは受け入れることができる強さを手に入れ、親を許すことができるようになる。

親を許す方法は下の記事でぼくの経験も書いてある。ぜひ読んでみよう。

大人の自己肯定感の低さが子どもの育ちに悪影響!母親が自分を認めることの大切さを知ろう

30過ぎても親を許せないやつはバカだ

またそのまま自分が親になることでの影響もある。あなたが自己肯定感を上げることで、将来の自分のパートナーや子どもの自己肯定感に影響してくるんだよ。

自己肯定感が低いと子育てにも悪影響。母親がまず自分を認めることが子どもへの最高のギフトだと知ろう。

自己肯定感を高めて、自分だけじゃなく、周りも幸せにしよう!

自己肯定感を高めて、あなただけではなく、周りも幸せにしよう。
ぼくは自己肯定感を高める方法と、あなたによって男性や子どもの影響を中村あきらの「あげまん理論」としてまとめてある。

ぜひ最初からゆっくりと読んでほしい。
ぼくは常々「優秀な男性は隣にいる女性がつくっている」と語っている。あなたが自分を認めるかどうか、あなたの自己肯定感が高まるかどうかで、隣にいる男性や家族の状況も変わってくるのだ。

自分の自己肯定感を高めて、自分だけじゃなく周りも幸せにしよう!

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!