ぼくらにとってのビジネスとは何だろう?


どうしても、キャッシュが苦しいとき

お金のために働いてしまう自分がいる。

もちろん、事業なのだから、利益をまわすことは当たり前。

 

でも、それだけじゃないと思います。

それは、自分らがお客さんに何を提供したいかという基準。

お金を稼ぐことが基準だったら、そのビジネスはお金を稼いだら成功。
でも自分たちのビジネスにあった基準を選べば、それが成功の基準になる。

例えば、ビジネスにおいて関わる人を喜ばせるという基準を置いた場合、
人を喜ばせたら、そのビジネスは僕らにとって成功となる。

ビジネスにおいて関わる人が楽しむという基準をもって、
楽しんだらそれは成功となる。

 

僕らにとってビジネスとは何だろう?
喜ばすこと?驚かすこと?感動させること?売り上げをあげること?

今、感じている答えを書こうと思ったけど、
もうちょっと考えてみよう。

というか僕一人で答えを出すのではなく、チームのみんなでしっくりくる答えを見つけよう。

そうおもった。

 

今日の感謝

・同居人のとしろうさんが、えびちりを作ってくれた。おいしかったです。としろうさんには、いつもセッションしてもらい、僕の人生を変えるような気づき、癒しを与えてもらってます。いつか僕の力が必要になったら言ってほしいな。僕も力になりたいです。いつもありがとうございます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。