ウェブ交流会に行ってきた。


今日は、ウェブ交流会に行ってきました。

とりあえず情報交換や、勉強など目的は様々でした。
みんな知りたいことは多岐にわたって、
僕はウェブ制作会社として参加。

「こういうサイトを作りたいんだけど、いくらぐらい?」
という質問とかに答えたりしてました。

僕は、いつも一人で妄想をするのが好きだから、
あまりこういう場には足を運ばないのだけれど、
たまに行くとすごく新鮮。

 

学生さんたちもいました。

「若いよね~!」ということを言われてて、
「もっと人生で空白の2年間ぐらいあったほうがいいんじゃない?(笑)」
とかなんとか散々言われていました。

良い交流会でしたね。

 

でも帰りの電車で少し反省。

今日の僕は、今の自分と話しが合う人、または利害関係がある人としか
話さなかったし、エネルギーが向かなかったんです。

学生の人たちは、もっと自分で稼ぐとはどういうことか?
自分でビジネスをするとはどういうことなのか?

そういった話が聞きたがっていました。

僕はあまり答えませんでした。

 

自分がそういった話をしたくない人間ではないことを
どこかしら思っていた感があります。

そして過去の経験から、それを自信満々に話す人ほど、
人生経験が薄い、すごいと思われたい、自己顕示欲が強いだけの人間、
つまりは、一番なりたくないかっこわるい人間の象徴的な姿でした。

これから学ぶ人、これから経験するであろう人に、自分の価値観を押し付けるほど
迷惑なものはないと思っています。

 

しかし何かを吸収したい人にとって
経験がある人の話は聴きたいと思うもの・・・
自分もそうでした。

 

そんなジレンマから、どう接したらいいか分かりませんでした。

そのことをずっと帰りの電車の中考えてたんです。

 

 

考えた末に、僕にもできることがありました。

 

話を聴くこと。

聴いたうえで、
自分が感じたことを言うのならできたと思います。

 

どんなにすごい経営者と話すときも、
学生と話すときも、
僕は結局それしかできない。

でもそれをすれば一番喜ばれる。

そんなことに改めて気づかせてくれた交流会でした。

感謝です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。