Vertical(バーティカル)とは

シリコンバレー用語集

Vertical(バーティカル)とは、WEB翻訳では、Verticalは垂直の、という意味である。
まず、バーティカル市場、バーティカルECについて簡単に説明する。



バーティカル市場

バーティカル市場とは、保険、銀行、病院、などのように、特定の分野に特化した市場のことである。
銀行のATM、病院の電子カルテ、MRIなどは、販売する対象が限定されている。

バーティカルEC

オンラインショッピングを経験している人であれば、WEBサイトで企業広告をみたことがあるだろう。
だがその広告が、かならずしも興味をひくものとは限らない。
パソコン通販店のように、特定の分野に特化したWEBサイトであれば、広告主が対象を絞りやすいという利点があるため、利益に結びつきやすくなる。

まとめサイトの台頭

欲しい情報を入手したい場合には、グーグル検索を利用するのが一般的だった。
だがしばらくして、まとめサイトの人気が高まってきた。
これらのサイトでは、ネット上で収集したさまざまな情報のリンクがまとめられている。
情報をまとめる者はキュレーターとよばれている。
キュレーターは手作業で情報をまとめるので、不要な部分が少なくなるため、この点も人気が高まっている要因であろう。
まとめサイトやニュースアプリのような情報量の浅いメディアは、キュレーションメディアと呼ばれている。

横から縦へ

スマートフォンでニュースアプリを使いながら、見たい情報がでるまで横にスライドしていき、知りたい情報がでたらタップする。
そのとき、表示されている情報が少なすぎて、もっと知りたいと思うこともあるだろう。
ユーザーが知りたいことについて、より深い情報や専門性の高い情報を提供しているサイトは、バーティカルメディアと呼ばれている。
キュレーションメディアが情報の横の部分(浅い部分)を提示するのに対して、バーティカルメディアは情報の縦の部分(深い部分)を提示する。

Google検索でもバーティカルに検索ができる

書き忘れるところだったが、グーグル検索でも、画像、動画、ニュースなど、特定の分野でバーティカルに検索することができる。
シリコンバレーに居を構える巨大企業3社の、検索エンジンの利用率はグーグルが圧倒的シェアを誇っている。
YAHOOはマイクロソフトやグーグルの検索機能を併用することで、広告収益を増加させようとしている。

検索結果が表示されたときに、広告が大量に表示されるのは、はたしてユーザーが本当に望むバーティカルなのだろうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。