TeamLancer(チームランサー)とは


TeamLancer(チームランサー)とは、チームとしてプロジェクトを引き受け、解決に向かって推進するものである。
そしてプロジェクトが終了すればチームは解散となり、それぞれ従事しているプロジェクトに戻るか、新たなプロジェクトに参戦する事を繰り返す働き方である。

TeamLancer(チームランサー)とは反対にフリーランスという働き方もあるが、こちらは本人の能力に左右し収入が変化する特徴があるので不安定な働き方と言える。



TeamLancer(チームランサー)のメリット

TeamLancer(チームランサー)のメリットはチームでプロジェクトを行う特性上、仕事の自由度が効く点、スキルアップ向上ができる点、人脈を広げる事ができる点がある。

仕事の自由度が効く点は、プロジェクトには様々な仕事があるが、その際に自分の得意分野や能力を十分に発揮できる仕事を選ぶ事ができるので、プロジェクトを円滑かつ効率良く進める事ができる。

スキルアップ向上ができる点は、自分の未知なる領域でも、チーム内の誰かの元で仕事ができるため、他人から技術を伝承できる可能性もあり、さらなるスキルアップ向上が期待できる。

また、企業に所属せずに働く事がどのようなものかを、身を持って体験する事ができる。
人脈を広げる事ができる点は、フリーランスから転身してきた人も多くいるので様々な話を聞く事もでき、またクライアントとの人脈も広げられる。

TeamLancer(チームランサー)のデメリット

TeamLancer

TeamLancer(チームランサー)のデメリットは、コミュニケーション能力が求められる事である。
これはプロジェクト単位に要求を理解する必要があり、複数人で開発を行うのでコミュニケーションは必須となる。
そのため、コミュニケーションをとる事が苦手な人にとっては厳しい働き方となる。

シリコンバレーTeamLancer(チームランサー)

シリコンバレーエンジニアはフリーランスで働いている印象が強いが、実はチームで働いている事が多いのである。

当然、実力がある人はフリーランスで働く方が自由に仕事ができ、多く稼ぐ事ができるという事実もあるが、高度な技術を要する案件の場合、ひとりで実施するには作業量やアイデアを捻出するにはやはり限界がある。

一般的に、世の中を圧倒させるクリエイティブを作るには様々な考えを取り入れ、意見を出し合う事で企画の精度も上がるので良い物ができる傾向にある。

また扱う仕事量も増えるといった利点が多いため、シリコンバレーエンジニアが好んで実践している働き方なのである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。