成功が近づいている


最近、よく感じることがある。

成功がもうすぐそこまで来ている、ということ。

成功と言っても、人それぞれに解釈があると思う。
僕が今来ていると、感じている成功は、もっと一般的なもの。

つまりは、結果を残し、有名になるということ。

ただそこに自分でむかっている感覚は、ほとんどない。

何かに引き寄せられているという感覚が、ぼくの今感じてるものに近い。

僕は、その引き寄せられる引力のようなものに、実はずっとブレーキをかけている。

「ちょっと待って、まだいけない。
まだ準備ができてないのよ。」

心の声を聞くと、いつもそういっているんさ。

そうなったとき、僕はどんな心のあり方でいればいいの?

今まで僕に興味を持ってくれた人は、
ちゃんと僕自身に興味を持ってくれる人で、
ちゃんと自分で立っている人で、
ちゃんと『分かっている』人だった。

でも有名になったりすると、そうじゃない人たちが寄ってくる。

僕はどう対処すればいい?

傷つきたくない、
その人達の一言一言に対してちゃんと自分でいられるだろうか。

ちゃんと本物と、そうでない人を見分けることができるのだろうか。

おごったりしてみんな離れていかないだろうか。

こうして考えれば考えるほど、
自分が調子にのっているんじゃないだろうかと、思ってしまう。

こんなことを考える自分を分かってくれるはずがいないと、
勝手に孤立してしまう自分がいる。

「僕が昔と変わって仕事を選ぶようになって、がっかりしてる?
調子にのってると思っている?
僕が有名になっても、僕と一緒にいてくれる?
調子にのっても、がっかりしても、恐がっていても、僕と友達でいてくれる?」

僕は、大切な人たちにそのどれも聴けないんだ。
そんでもって最悪の答えを予想していた。

弱い男だね、ホントに。

でも分かってるんだ。
もう求められてる。俺も行きたいと思っている。

あとはやるだけなんだ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。