【シアトル】伝説のスターバックス1号店に行ってきた!

スターバックス一号店の前で記念撮影

スターバックスコーヒーは、1971年にアメリカワシントン州のシアトルで開業した。
なんと1号店は他店とは違ったデザインになっており、シアトルの観光名所になっている。

ぜひ見てみよう!

 

一号店、つまりスターバックスパイクプレイス店の住所は「Pike Place Market1912 Pike PlSeattle, WA 98101」で、パイク・プレイス・マーケットのすぐ近くにある。

パイク・プレース・マーケット

バイクプレイスマーケットは、シアトル近海でとれた新鮮な魚介類が売られている魚市場だ。
シアトルでは有名な観光名所の一つでもある。

バイクプレイスマーケットの果物売り場 1バイクプレイスマーケットの魚介売り場

バイクプレイスマーケットを超えると一号店が見えてくる

スターバックス一号店の看板

スターバックス一号店の看板が見えてきた!
歌をうたっているヒッピー風のおっちゃんと、観光客でたくさんの人がいた。

一号店のロゴ

現在使われているスターバックスの緑のロゴではない。
当時使っていたロゴには、ギリシャ神話に登場する「セイレーン」と呼ばれる、2つの尾を持つ人魚の全身描かれている。
これが創業当初のロゴなのだ。

スターバックス一号店の店内

店内は、普通のスターバックスとは違って座り席はなく、狭い。
立ったままコーヒーを飲む人や、お店の前でコーヒーを飲む人が多い。

一号店のメニュー

一号店のメニュー。実は、このスターバックス一号店でしか飲めないメニューもたくさんあるという。

スターバックスのお姉さん

まだまだ違いがある。スターバックスのお姉さんたちがボトルを投げたりする軽いショーのようなものも見れるのだ。

限定のマグカップやグッズ

この一号店にしか売っていない、限定のマグカップやタンブラーがある。
お土産として限定のグッズなどを購入している人も多い。

スターバックス一号店でしか飲めないコーヒーを

一号店のコーヒー

コーヒーのカップは、一号店限定で赤のカップだ。
エスプレッソの豆は日本のスターバックスと同じものを使っているが、グランデには3ショットのエスプレッソが入っている。だから、日本で一般的なショートサイズやトールサイズのラテよりもコーヒーの味が濃い。

スターバックス一号店の前で記念撮影

スターバックス一号店、すごくおすすめ!
シアトルに来たらパイク・プレース・マーケットと合わせてぜひ来てみてほしい。

ここでしか飲めない1杯をぜひ!

 

名前:スターバックス一号店 パイクプレイス店
設立:1971年
住所:Pike Place Market1912 Pike PlSeattle, WA 98101

 

世界企業訪問記

今まで行ってきた世界中のオフィス写真がまとめてあります。

中村あきらの世界企業訪問記はこちら

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402