【ストックホルム】本は、偉大だ


スウェーデンを代表する建築家、グルナール・アスプルンド設計の
ストックホルム市立図書館(Stockholms Stadsbibliotek)に行ってきました。

ストックホルム市立図書館の階段
ここはすごかった。
入り口にはいって、細い階段を抜けると
360°の本の大パノラマがあります。

ストックホルム市立図書館の360°本の大パノラマ
3階まである円形ホールの本棚。
壁にぎっしり詰まった書籍は、国別、分野別に分かれていて、
1週すると次の階の階段につながっています。

 

ストックホルム市立図書館の360°本の大パノラマ
この設計は、人間の脳内を象徴しているとも言われています。
いや、まさにそんな感じでした。
その脳内にいると本がただの本ではなく、
人間の知識や英知の結晶なのだと改めて感じさせてくれます。

 

本は人間の知識や英知の結晶

すごい。本当に感動しました。

ぼくも今まさに本を書く仕事をしています。
この空間にいると自分がやろうとしている仕事は
とても大きいものなのだ、と感じさせてくれました。

いつかぼくも世界中の図書館に残るような本を書きたい。

世界中の図書館に置かれるということは、
人類が残すべき英知なのだと認められた証なのだと思う。
そこに到達するまでに、
地道に一歩ずつ磨き続けていこうと思う。

本は偉大だと感じさせてくれた(そして思い出させてくれた)
この図書館に感謝します。

 

Odengatan 63, 113 50 Stockholm, スウェーデン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!