「しなくてはいけない」ことから自由になることで、自己肯定感が高い「活躍しても愛される女性」になっていく

「しなくてはいけない」ことから自由になることで、自己肯定感が高い「活躍しても愛される女性」になっていく

あげまん理論リアルアカデミーでは、毎月たくさんの女性が「自己肯定感を高める」ために自分の過去と向き合っている。
受講している人の中には、仕事ができるキャリア女性がとても多い。

仕事ができるのに、パートナーシップがうまくいかない。
人に頼れない甘えることができないから全て自分一人でやってしまう。
男性を下に見てしまう。

そんな女性があげまん理論にはたくさん訪れてくる。
今日はそんな女性たちに、自己肯定感を高める方法として「しなくてはいけない」ことから自由になっていくことを伝えたい。



キャリア女性たちが「自己否定してしまう社会的背景」とは?

自己肯定感が低い女性の4つの行動パターン

あげまん理論には、年間400万人以上の女性が訪れており、毎日のようにパートナーシップや自分のこと、悩みをこのサイトに送ってくれる。
そんなたくさんの事例や変わっていき幸せになっていった女性たちの事例から、今の多くのキャリア女性たちが抱えてしまう悩みとして見えてきたものがある。

まずはキャリア女性たちが自己否定してしまう社会的背景についてだ。

多くの仕事ができるキャリア女性たちが自己否定しまう原因、それは「完璧主義」にある。
つまりキャリア女性たちが自分に課している重荷が過重になってしまっていることにある。

現代の多くのキャリア女性が背負っているものを上げていくと・・・
・いい女になって素敵な相手と出会い恋愛すること
・男性社会の中で、男性に負けないくらい仕事をすること
・結婚をして子供を産み、良妻賢母になること

ほとんどの女性がこれらすべてを自分に課していて、さらにできない自分を自己否定しているのだ。

毎日一生懸命子育てをしていても「社会で働いていない自分」を自己否定する

毎日子育てや主婦をやっていても「社会で働いていない自分」を否定してしまう。
「私には他にもできることがあったんじゃないか」と思いながら、自分を否定してしまっている。

その思いが旦那さんや子どもにも伝わっていく。

毎日一生懸命仕事をしていても「いい女ではない自分」を自己否定をする

毎日仕事をがんばって遅くまで仕事をしているが、「充実した恋愛や結婚ができていない自分」を否定してしまう。
多くの女性を見てきて思うのは、仕事に没頭しながらいい女になることは難しい。
かなりの男性脳で男性を見ることにもなり、仕事脳で男性を判断する場面も多くなってくる。

そういう自己否定が、30代、40代のキャリアに迷いを生み出してくる。

毎日一生懸命婚活をしていても「男性目線を気にする自分」を自己否定をする

結婚がしたくなり、パートナーを探そうとしても「男性目線を気にする自分」を自己否定をしてしまう。
男性に負けたくなくてがんばってきたのに、男性に気に入られる活動やしぐさをしていかなければならない自分にさらに自己否定をしてしまう。

しかしかといって、「自分一人で生きていくことを決める」「結婚しないことを決める」などという決断はできない自分もいる。

すべてを完璧にしないといけない自分から抜け出すこと

7 あげまん女性にとってのハイステイタス婚活のメリット

実際に、上記の行動や悩みが今のキャリア女性たちの本音の部分ではないだろうか。
あげまん理論で伝えていることは、まず自分が意識できるものとしてすべてを「完璧」にしようとする自分から抜け出すことが大事だと伝えている。

そうではないと、どんな生き方を選んだとしても「自己否定」の人生になってしまうからだ。
「すべてをちゃんとやりたい、やらなくてはいけない、できないのは悔しい」とか、
「今の社会が求める完璧な女性になれない私にだけはなりたくない」とか思ってしまっている自分から抜け出すことだ。

なんども伝えるが、その道はずっと「不幸の道」だ。
そしてずっと「一人の道」だ。

あなたが唯一自分でコントロールできる「仕事」にすがって生きていく道になる。

そこから抜け出し、自分を認め愛して、自己肯定感を高めていくことが何よりも大事なのだ。

社会が勝手に求める「やらなければいけないこと」「女性とはこうあるべきもの」というところから自分を解放しよう

あげまん女性は、男性に存在意義を与える

意識的には、まず「完璧」を求めてしまう自分をやめること。
次にあげまん理論アカデミーでは、セクシャリティ(社会的役割)の解放として自分が無意識に「〜しなければならない」「やらなければならないこと」を解放することをすすめている。

これを自分軸と他人軸と呼んでいるが、
まさに社会が求めている女性になろうとする行為と、そうではない自分を自己否定してしまう状態は「他人軸」で生きている人生だと言える。

そうではなく、「自分がこうしたい」という人生。「〜でなければないけない」から「〜したい」という自分軸の人生にマインドチェンジをしていくことが大事だ。

ぜひ意識をしてみてほしい。
もしあなたがキャリア女性で人生に迷っていたら、「〜しなければいけない」という人生を生きてはいないだろうか。
自分がしたいことよりも、誰かにどう見られるか、同僚や周りの女友達、母親や家族にどう思われるかの方が人生における優先順位が高くなっていないだろうか。

もしふと考えたときに、自分の人生を他人軸で生きてたとしたら、
一度しっかりと自分の人生を振り返る時間をとってほしい。

社会が求める女性ではなく、自分がなりたい女性像へ。
誰に認められるかよりも、自分が誰よりも自分を認める女性へ。

そういう風に自分の価値を置いていけたら、どんどん自己肯定感が高まり、社会でもパートナーにも愛される女性になっていくよ。

いいかい?
活躍しても愛される女性、社会にもパートナーにも愛される女性っていうのは、社会が求める女性、男性が求める女性になっていくことじゃない。あなたが自分で自分を認め愛していく女性なんだよ。

あなたが自分で自分を認め愛した結果、そのエネルギーが周りにも伝わり「社会にも男性にも愛される女性」になっていくんだ。

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように。

もう一記事いかが?キャリア女性に向けた記事はこちら

30代キャリア女性の「さげまん」は、なぜ「だめんず」を大量に引き寄せてしまうのか?

気づけば30代、40代…このまま行けば「仕事だけ」の人生になってしまうよ

あのね、「自分を信じる」だけで、彼に対する能力や将来の不安はなくなるんだよ

あげまん理論は「女性が変わるべき、と言われているようで不愉快です」

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!