男性が「理想の男性」に育つ成功体験のメカニズム!あなたへの勝ちパターンを示し続けることの大切さ。

男性が「理想の男性」に育つ成功体験のメカニズム!あなたへの勝ちパターンを示し続けること。

あげまん女性が男性を育(はぐく)む上で、とても大切な見方がある。
それは男性の「成功体験」を見つづけるということだ。

男性は、「成功体験」を繰り返すという性質がある。
これは、恋愛でも、仕事でもそうだ。

男性は過去の成功体験を元に、自分が「うまくいったこと」をバカみたいに繰り返す。
なぜなら失敗が怖いから。失敗することが一番嫌だから。
勝てる勝負でしか勝負したくないから。

だから、男性を仕事ができる男性になってほしい、男性をあなたにとっての理想の男性にしたいのであれば、男性の成功体験に対して目を向ける必要がある。



男性の女性に対する成功体験は、母親や元カノによって形成されている

男性の女性や恋愛における成功体験は、まず母親で形成される。
お母さんが喜んだことを、全ての女性に対して行うのだ。

そして次は、付き合った女性が喜んだことを、多くの女性に対して行うようになる。
元カノたちが喜んだことを、これから出会う女性にも行うようになる。

なぜそんなことをするかというと、それがその男性にとっての「成功体験」だからだ。
男性は、自分がしたことに対して喜ばれたことをずっと覚えている。

もしあなたと付き合ったり結婚したとして、あなたが何も言わなければ、前の彼女や母親が喜んだことをずっとやり続けるだろう。
その中には、あなたも嬉しいと感じることもあるだろうが、正直微妙…最悪の場合どうしてもいやだ、ということもきっとある。

そんなとき、あなたならどうするだろうか。
「どうやら善意みたいだから受け取っておこう」と無理するのも、「私のこと(だけ)を考えて行動してくれないなんてひどい!」と傷つくことでもない。

そこであげまん女性としてあなたがやるべきことは、あなたの「好きなこと」「嫌いなこと」、「してほしいこと」「してほしくないこと」をちゃんと伝えることだ。
あなたが喜ぶこと=彼のあなたに対する「成功体験」として、パートナーに教え体験してもらわなければならない。

それを学んだら、あなたが喜ぶことを男性はずっとやり続けてくれるよ。

以下の記事も参考にしよう。

あなたに対する「成功体験」は、結婚後も更新され続ける!

成功体験

注意しておいてほしいのが、男性は一度喜ばせたことがあることは何度も繰り返して行おうとする。(だってそれが勝ちパターンだから!)
それに対して、一緒にいる年月が多くなると、喜ばそうとしたことに対して女性側が喜ばなくなることがある。慣れかもしれないし、好みの変化、状況の変化かもしれない。とにかく喜ばなくなることはよくある。

そうすると男性は、その体験を「成功体験」から外し、「もうこれでは喜ばないんだな」と学習することになってしまう。これが続くと、「昔はあんなにやってくれたのに・・」とあなたはがっかりすることが多くなるだろう。

この状態は、いわゆるマンネリ化とも呼ばれる現象だ。

男性心理的にみれば、彼女・妻であるあなたを喜ばせる勝ちパターンが目減りしていってしまい、勝てないのだから…と勝負しなくなる=喜ばせようとしなくなってしまう。

男性が喜ばそうとしたこと、そして「成功体験」を元にその行動が起動されていることを頭に入れておこう。そうすれば彼にかける言葉もまったく変わってくるはずだ。

「ごめん、あなたの気持ちはすごく嬉しい!でも、今日はちょっと(子育てや仕事で)疲れててあまり喜べないんだ」などと伝えれば、彼が成功体験からその行動を外すことはないだろう。
AではなくA’の方が嬉しい!という伝え方も効果的だ。勝てるゲームをしてもらうための攻略法をちゃんと彼に渡し続けよう。

ぼく達夫婦のことを例に挙げよう。

ぼくの妻はそれはそれはプリンが好きで、作業の合間の気分転換やウォーキングを兼ねて外に出るついでにコンビニによってプリンを買って帰るととても喜んでくれていた。

ところが、当の彼女はプリンは好きだけど、あるころからコンビニプリンには正直飽きてしまったらしい。そこで彼女がぼくに言ったのは「プリンは頼んだ時だけにしてほしい。コンビニでついでに買うならカップのアイスコーヒーにして。ノンシュガーのやつ。」ということだった。
要求だけ伝えて、買ってきてくれた人の気持ちに報いない、なんだか冷たい人だなと思った人もいるだろうか?

でも男性心理からいうとぜんぜんOKで、新しい勝ちパターンを示されればそれはプリンだろうがコーヒーだろうが大したことはないんだ。コーヒーを買い続ければぼくは妻を喜ばせられて、妻も気分転換のコーヒーを楽しめてwin-winなんだ。(ちなみにこの記事を書くにあたって奥さんにこの話をすると、どうやらカップのアイスコーヒーにも既に飽き始めてしまっているらしい(苦笑)

男性はどんなに年月がたったとしても、女性を喜ばせたい生き物なんだということをちゃんと理解しておこう。そしてそれが昔より少なくなっているんだとしたら、彼の「成功体験」を止めたのはそれもあなただってことだ。

そしてその喜ばせたいという欲求が、奥さんにできなくなったとしたら、外に喜んでくれる女性を作るということにもなってしまう。
男性は女性を喜ばせることこそ生きがいであり、理想の男性に育てるのも、結婚後も理想の男性でい続けるのも結局は女性であるあなた次第だってことだ。

どんな男性もあなたの理想の男性になるんだよ。

男性の仕事も「成功体験」からどんどんうまく回っていく

同じように男性は「成功体験」から自分の仕事を選ぶ。
一つ上手くいけば、それを男性はずっと繰り返す。
出会う前は仕事ができていたのに、結婚してから仕事ができなくなったという男性は、隣にいる女性が「新しい成功体験」を積ませてあげられないことが多い。

「現実をみて」「もういい大人なんだから夢みたいなことばかり言わないで」と伝えることで、家庭の安定は手に入るかもしれない。
しかし、男性からすると成功体験をつむ場がどんどんなくなっていく。
そしてエネルギーのやり場がなくなり、違う場所でお金を使うようになったりする。

そうならないためには、ちゃんと男性を挑戦させてあげることだ。
たくさんの挑戦をさせ、たくさんの失敗をさせ、その中からちゃんと「成功体験」を男性自身が選び取ることができるようにさせることだ。

男性にどんどん挑戦させることで、たくさんの成功体験ができる。
その成功体験の数の分だけ、男性は自信をつけ、魅力的な男性へと育っていくわけだよ。

今、成功している男性たちは、過去や周りの女性たちからそういう風に育てられてるんだということだ。

さああなたにとっての理想の男性を育てていこう。

もう一記事いかが?男性を育てるために大事なことが書いてある記事はこちら

あのね、「モテる」と「あげまん」は全く別のことだよ。5つの「美学」の違い。

必見!共働き「あげまん女性」がやっている「仕事」と「彼氏・旦那」両方に愛されるコミュニケーションとは?

女性は「セックスするともっと好きになる」、男性は「美味しい料理でもっと好きになる」。あげまん女性の「振る舞い」とは?

【後編】億万長者の妻・マダム桃美×中村あきら対談『旦那さんに1日1回ホステス!?そのリターンは計り知れない!』


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!