さげメン男性を見極めるには、男性の「目」をみよ!

げちん男性を見極めるには、男性の「目」をみよ!

今日はさげメン男性を見極めるカンタンな方法を紹介したい。

中村あきらが提唱する「あげまん理論®️」には、手相・人相学・風水・数秘術などの膨大な占術資料をもとに、中村あきらが今日の時代に合わせて編み出した「あげまん占命術™️」がある。

「あげまん占命術™️」では、自分はもちろんパートナーの運気をあげる道しるべのヒントになる知恵を伝えている。

さげメン男性は、その名の通り、女性の運気やセルフイメージを下げる存在だ。
そんな彼らを見極めるには、その男性の「目」をよーく見ることだ。



「目」は心を映す鏡

目は心を映し出す鏡だ

「目」は「心の鏡」と例えられるように、その人の心の状態を全て映し出してくれる。

目に力がある人は、力強く前に進んでいくという確固たる信念を持っているし、
目がキラキラしている人は、好奇心が旺盛で多くのことにワクワクしている。

目にはその男性の生き方が現れているんだ。

さげメン男性の「目」には、多くのストレスが現れている

「目の輝き」っていうのは生まれつきではない。
誰でも赤ちゃんのときはキラキラした目をしている。

その人がどれだけ多くの我慢やストレスを人生の中で持ったかで、目は輝きを失ってしまうのだ。
アゲメン男性は、目がキラキラしている。
逆にさげメン男性は、生気のない目、両方の目のバランスが悪いなどという特徴が現れる。

(注・目がキラキラしているというのは、アゲメン男性の一つの要素ではあるが、その全員がアゲメンとは限らない。)

生気のない目/どんより疲れた目

生気のない目

出典: www.ameblo.jp

 

人生において、自分のやりたいことができなくなるとストレスになる。
そうなると目の輝きは失われてしまう。

両方の目のバランスが悪い

さげちん男性は「両方の目のバランスが悪い」

出典: www.ameblo.jp

アゲメン男性は、両親と仲が良いという特性がある。
さげメン男性のほとんどは、両親と何らかの確執がある。

右半身と左半身は、人体構造学からそれぞれ父親と母親の関係性が現れてくる場所だと言われてるんだ。
よりストレスを感じる側の筋肉が緊張を与え、片方の目がつりあがってしまう。

 

 

さげまん女性も同じように、目に現れる。
しかし、女性は化粧があるから、男性が目で見分けることは難しい。

男性は、化粧がないから「心の状態」がダイレクトに顔に現れるのだ。

さげメン男性からは離れることが大事

さげメン男性たちは、多くの難問にぶち当たっている。
仕事のこと、人間関係のこと、人生のことに、だ。

彼らの影響力はとても大きい。
自分が我慢した人生を送っていると、自由に生きている人が羨ましくなるし、他人にも我慢を強いてしまう。

それは言葉だけじゃなく、無意識な態度や行動に現れてくるんだよね。
もしそんなさげメン男性だと気づいたら、あなたがすべきことは一刻も早く離れることだ。

その人を助けるということはできない。
その人の人生は、その人しか決めることができないからだ。

あなたがすることは、信じることだけだ。
その人にはその人のタイミングがある。人生と向き合わなければいけない時期が自然に訪れ、その人のタイミングで人生をゆっくり見つめる時期がきっと来るはずだ。

その人が人生を変えると決意したときに、あなたの言葉がやっと届くはずだよ。

さげメン男性も、充実した仕事や人生を送ることで「アゲメン」男性になれる

あげちん男性は、目のバランスと黒目の輝きが多い

アゲメン男性の目は、左右両方の目の大きさが同じでバランスが取れている。
さらに黒目に輝きがあり、白目が濁っていない。

目の輝かせる方法は、充実した人生を送ることに尽きる。
自分らしい人生、仕事への充実感それらが目の輝きを取り戻させてくれる。

人生への充実感を得たり、多くの幸せを感じると、当たり前だけど人を助けたくなる。
人の幸せを願いたくなってくるんだよね。

あなたの周りの男性を目がキラキラした人ばかりにしよう!
そうすることであなたはもっと輝くことができるはずだよ。

この記事の反響はこちら

 

 

もう一記事いかが?アゲメン男性の記事はこちら

あげちん男性は、女性を好きに振舞わせ、問題がおこったら矢面にたってサポートしてあげる

あなたにとっての運命の「アゲメン」男性は人生で5人いる!

あげまんは「自分以上に自分を信じてくれる女性」、あげちんは「自分以上に自分を〇〇してくれる男性」だ

アゲメン男性のたったひとつの特徴は、「本気でアプローチして、最後に”フラれてあげる”人」だ

【後編】年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談「あげまんを見極めるには、女性の〇〇を見よ!」


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!