2017年「あげまん理論」記事ランキングTOP10!1位はまさかの・・・


さあ、年末だ。
今年の中村あきらは一言で言うなら「あげまん理論」の年と言っていいぐらい、あげまん、あげまんばかり言ってきました。あげまん理論がビジネスになっていたから、会う人がほぼ女性という年で、
ビジネスパートナーも、お客さんも、SNSのフォロワーさんもほぼ女性になったね。

さて、そんな一年の中でたくさんの「あげまん理論」の記事を書いてきた。
2017年の総まとめとして、今年に書いた記事の中での人気記事ランキングトップ10を発表したい。

※今回は2017年に書いた記事に限定して集計した。アクセス数総合のランキングは、人気ランキングのページをみてね。

集計してみたら、今年はなんと253記事ものあげまん記事を書いていた。改めて見るとすごい数字だよね。
さあその中の、人気アクセスランキングトップ10はなに!?

この記事の目次



2017年「あげまん理論™️」記事ランキングトップ10!

2017年「あげまん理論™️」記事ランキングトップ10を紹介しよう。

第10位!男性が結婚を決意するのは、「人生に」共感してもらえたとき。あげまん女性が知っている男女の「共感」の違い

「共感」は男性と女性では全く違う。
女性が「共感」してもらいたいように、男性に「共感」してしまうと、男性は全く嬉しくないどころかムカついてしまうだろう。

男女においては、「自分がしてほしいことを相手にしてあげる」のではなく、「相手がしてほしいことを相手にしてあげる」ことが大事だ。その在り方だったら、相手も、そういう風にあなたにしてほしいことをしてくれる男性へと育っていくよね。

男性が結婚を決意するのは、「人生に」共感してもらえたとき。あげまん女性が知っている男女の「共感」の違いの記事はこちら

第9位!男性の「闇」に水を注いでも「あげまん」にはなれない

男性の「闇」に水を注いでも「あげまん」にはなれない

この記事はとても反響が大きかった。「私あげまんなんです。」と思っている女性にとって、ギクっとしてしまうような、経験があることだったのかもしれない。

男性の闇に水を注いで成功させても、男性は幸せにならない。それどころか、あなたの周りの人脈や大切な人までも裏切る形になってしまう。

男性の「闇」に水を注いでも「あげまん」にはなれないの記事はちら

第8位!億万長者の妻・マダム桃美×中村あきら対談『5年半200回以上の婚活をして最後に選んだのは「生命力」!』

【前編】億万長者の妻・マダム桃美×中村あきら対談『5年半200回以上の婚活をして最後に選んだのは「生命力」!』

億万長者の妻・マダム桃美さんとの対談がランクイン。桃美さんは、婚活を5年半200回以上のパーティやお見合いをして、今の旦那さんと結婚。でもそのとき旦那さんはどん底で、大変な時期だった。結婚当初は、狭いアパートに暮らしながら、見事V字回復させて現在は億万長者に。

その経験を語ってもらったよ。桃美さんもとてもいい人だったね。

億万長者の妻・マダム桃美×中村あきら対談『5年半200回以上の婚活をして最後に選んだのは「生命力」!』の記事はこちら

第7位!数秘術家・阿部としみ×中村あきら対談『数秘別のセックスへの向き合い方はこれだ!』

【中編】数秘術家・阿部としみ×中村あきら対談『自分の数秘にあったお金の引き寄せ方を知ることで周りもさらに豊かになる!』

数秘術のマスター阿部としみさんとの対談。数秘術をベースにした「あげまん女性」のあり方を教えてもらった。阿部さんとはそのあと、グループコンサルティングも行ったね。2018年もぜひ機会を作ってやってみたいね。

数秘術家・阿部としみ×中村あきら対談『数秘別のセックスへの向き合い方はこれだ!』の記事はこちら

第6位!あげまん女性の人相・顔相・顔の特徴はこれだ!福顔トレーニングのやり方も紹介!

あげまん女性の人相・顔相・顔の特徴はこれだ!福顔トレーニングのやり方も紹介!

あげまん女性の人相・顔相・顔の特徴を紹介。感情が表に現れたのが、表情だ。つまり、あげまん女性の内面のあり方が人相や顔相をつくるわけだ。

よく笑っていたら、口角は上がるし、自然と顔の表情も豊かになる。そんなあげまん女性の内面からどんな人相・顔相になっていくかを紹介した。

あげまん女性の人相・顔相・顔の特徴はこれだ!福顔トレーニングのやり方も紹介!の記事はこちら

第4位!あのね「美人」も「セックス」もお金で買えるんだよ。でも「あげまん」は買えない。

この記事は、SNSでの反響がとても多かった。「名言!」「本当にその通り!」と絶賛してくれる女性が多かったね。

男性にとって仕事とは「命」そのものなんだよね。
それを掴める女性になること。男性の命を掴める女性こそ、あげまんなんだよ。

あのね「美人」も「セックス」もお金で買えるんだよ。でも「あげまん」は買えない。の記事はこちら

第4位!実家暮らしの30代以上の女性に「無意識さげまん」が多いワケ。さげまんの方程式から読み解く。

実家暮らしの30代以上の女性に「無意識さげまん」がかなりいることから、その理由を紹介した記事。

多分、タイトルを見て「ドキっ」とした女性が多かったのだろう。思わずクリックした女性が1万人以上もいた。ぜひこの記事を読んで無意識さげまんから脱却しよう!

実家暮らしの30代以上の女性に「無意識さげまん」が多いワケ。さげまんの方程式から読み解く。の記事はこちら

第3位!成功した男性に捨てられる女性・手放せなくなり愛され続ける女性の違い

成功した男性に捨てられる女性・手放せなくなり愛され続ける女性の違い

3位には、「成功した男性に捨てられる女性・手放せなくなり愛され続ける女性の違い」の記事がランクイン。この男性曲線のコンテンツは、あげまん理論の中でも特に人気のコンテンツだね。

男性が現在、どんな成長途上にいるのかを把握できることで、どのようにサポートすればいいか、男性が仕事面においてどんなことに悩んでいて、どんなことを考えているのかが全てわかる。

そうなれば、女性は子育てや出産に集中できるし、男性が仕事に集中したいときに家事や子育てを強要したり、子育てや家族の手伝いをしたいときに「もっと稼いでよ!」なんて強要するような状況にはならない。

ぜひ知っておこう!

成功した男性に捨てられる女性・手放せなくなり愛され続ける女性の違いの記事はこちら

第2位!女性は「セックスするともっと好きになる」、男性は「美味しい料理でもっと好きになる」。あげまん女性の「振る舞い」とは?

女性は「セックスするともっと好きになる」、男性は「美味しい料理でもっと好きになる」。あげまん女性の「振る舞い」とは?

1万人以上の男女の結婚を見てきて確信したのは、男性は自分にとって良い「振る舞い」をしてくれた人と結婚する。ただ、それだけなのだ。

実は、こここそあげまん理論が解明した最もエキサイティングな部分で、男性が結婚したいと思う女性は、美人でも性格がいい女性でもないってことなんだ。
もし美人や性格がいいだけの人が結婚できるとしたら、美人なのに結婚できないかもしれない…なんて悩んでいる女性が世の中に溢れかえることはないよね。

結婚したかったら、大事なのは美人になることや性格がいいことではない、男性が結婚相手に求める「振る舞い」ができるかどうかなのだ。

女性は「セックスするともっと好きになる」、男性は「美味しい料理でもっと好きになる」。あげまん女性の「振る舞い」とは?の記事はこちら

第1位!あげまん女性の手相はこれだ!支える女の新条件!今すぐ確認したい3つの手相

あげまん女性の手相はこれだ!支える女の新条件!今すぐ確認したい3つの手相

今年書いた記事で一番読まれたのがこの記事。「あげまん女性の手相」だ。

正直に言うと書いたぼく的には、「えーこれ!?」というところだ。個別カウンセリングやあげまん理論ダイヤモンド倶楽部に来る人も、「自分の手相見てきました!」「わたし、あげまん線あるんです!」と出会ってすぐ言ってくれることが多い。
この記事は割とライトな内容だからね、きっとわかりやすかったのだろう。ぼくとしてはもっとズイッっと(笑)ディープなあげまん理論の世界に入っていって欲しいのだけど…その取っ掛かりとしては支持された、多くの女性の入り口の記事になったのだろう。

それぐらいこの記事は読まれていて、みんな興味ある記事なんだなと納得してる。この記事から、あげまん理論の占いの記事も増えていき、そこから「あげまん占命術」も誕生させた。
あげまん理論の認定資格を取れた方は今後、「あげまん占命術」もできるように体系化していく予定だ。

あげまん女性の手相はこれだ!支える女の新条件!今すぐ確認したい3つの手相の記事はこちら

2017年もあげまん理論の記事をたくさん読んでいただきありがとうございました!

いやー、2017年もたくさんの記事を読んでいただきありがとうございました。
毎年、このあげまん理論の読者やファンは毎年増えていっている。それもほとんどが女性だ。

今年から40代、50代の女性のファンの人が増えてきた。
今年は特にセミナーをたくさん開催した年で、3000人以上の人があげまん理論を学びにきてくれた。

来年はもっとたくさんの、あげまん理論を学ぶ人とファンに囲まれていると思う。
あげまん理論を発信して、たくさんの素晴らしい女性に出会っている。そして、出会うあげまん女性たちに誰よりも伸ばしてもらっているのはぼく自身だ。

本当にありがとう!

2018年はさらに拡大して、もっと多くの女性に届けていくよ!
これからも応援してね^^

 

 

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!