【フランス】パリのシンボル!ルーブル美術館のガラスのピラミッドを見てきた!

ルーブル美術館のガラスのピラミッド

まさにパリのシンボルともいえるルーブル美術館!その中心にひときわ輝く建築物がある。
それがガラスのピラミッドだ。

映画「ダヴィンチ・コード」などで出てきて、すごく行きたかった場所。
それに行ってきたよ!

ルーブル美術館のガラスのピラミッドに行ってきた!

ルーブル美術館

パリにあるルーブル美術館に行ってきた!
この建物はとても大きくて一日で見て回ることがまずできない。

世界最大級の博物館だ。

このルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世が12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)だった。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に引っ越したため、このルーブルは、古代彫刻などの王室美術品コレクションの収蔵、展示場所となったのが始まりだ。

ガラスのピラミッド

これがガラスのピラミッドだ!

このガラスのピラミッドは、ルーブル美術館の中庭であるナポレオン広場の中心にある。
ガラスのピラミッドの歴史は、フランス大統領フランソワ・ミッテランが、「パリ大改造計画 (en:Grands Projets of François Mitterrand)」を推進したことで始まった。

1989年建築家イオ・ミン・ペイによってこのピラミッドは完成した。

逆ピラミッド

このガラスのピラミッドの地下には、逆ピラミッドがある。
これもすごかった!

ルーブル美術館の下には、カルーゼル・ショッピング・モールというのがある。
色んなブランドが売られていて高級ショッピングモールになってる。

そこに1993年に完成した逆ピラミッド (La Pyramide Inversée) がある。
ルーヴル・ピラミッドを縮小して上下を逆にしたデザインで、地下街の天窓の役割を果たしているだ。

夜のルーブル美術館

夜のルーブル美術館もとてもきれいいだった。
やはりパリの大きなシンボルで、観光客・恋人たちの憩いの場としても大きな役割をもってそうだ。

とにかく人が多い!

ルーブル美術館のガラスのピラミッド

ルーブル美術館のガラスのピラミッド、とても良かった!
ぜひこのパリのシンボルを見てほしい!

ルーブル美術館への住所・アクセス・営業時間

ルーブル美術館の地図、住所・TEL、駐車場などの基本情報は、以下の通りだ。

夜のルーブル美術館

名前:ルーブル美術館
住所:75001 Paris, フランス
電話:+33 1 40 20 50 50
営業時間:
[月・木・土・日] 09:00~18:00
[水・金] 09:00~21:45
休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
駐車場: 地下駐車場有り。営業時間:毎日7時から23時まで
アクセス:地下鉄1番線または7番線に乗り、パレ・ロワイヤル/ミュゼ・デュ・ルーヴル駅(Palais-Royal/Musée du Louvre)で下車してください。

《7月の個人セッションの受け付け》

中村あきらが1対1でしっかり寄り添い、あなたが想像もつかなかった新しい可能性が見えてきます。 今までとは違う人生が始まります。

時間と価格:1回80分・300,000円

 

リッツ・カールトン大阪個人セッション  <大阪開催> 7/15(土) リッツ・カールトン大阪スイートルーム
11時30分〜12時50分→予約済み
13時30分〜14時50分→予約済み
・15時30分〜16時20分
・17時00分〜18時20分

 

ホテル椿山荘東京 個人セッション
 <東京開催> 7/29(土) ホテル椿山荘東京スイートルーム
13時30分〜14時50分→予約済み
・15時30分〜16時20分
・17時00分〜18時20分
・19時00分〜20時20分

 

→お申し込みはこちら
※希望の日付と時間をお伝えください。

※個別セッションを受けられるかどうかは、追ってご連絡します。
※お申込み確定後のキャンセル、日程変更はできません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。