【第2回】バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれた『金なし、コネなし、経験なしでバーを作る』ピースロックカフェ

ピースロックカフェ

中村あきらです。
僕のまわりには面白い人がいっぱいいます。インタビューをしていきたいと思います

※これはぼくが23歳ドリームワークカレッジ をしていたときにインタビューしたものです。

彼らは7ヶ月で金なし、コネなし、経験なしで何もないところから自分らでカフェバーを作りました。
オープン以来、来店リピート率90%以上の、「気付くと行きたくなっちゃう居心地いい空間」として話題になっています。

ピースロックカフェ(http://peace69cafe.com/ )
店長 ポロ

【第1回】夢を語るうち自然と仲間があつまってきたはこちら
【第2回】バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれたはこちら
【第3回】現実逃避、向かい合い、ぶつかり合いはこちら
【第4回】3人の団結。そして迎えるグランドオープン。はこちら
【第5回】お客さん同士でも人生を変えられる出会いが生まれる場所はこちら
店長ポロ

バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれた

P 始めの2ヶ月くらいはプー太朗しながらいろいろなカフェバーをまわって、何をコンセプトにするか。
どんな店にするかを考えるのに時間を使った。

ピースロック工事中

物件は一人で見つけたんだ。都心に出そうとも思ったけど自己資金が0の状態では借りられない。
たまたま住んでいる葛西の不動産によって見つけたのが今の場所だった。

中野潤くん

不動産屋はすごくいぶかしげだった。こいつら、大丈夫なの?みたいな。
保証人の審査も通ってどうにか店作りを開始。
大家さんには本当によくしてもらっているよ。
ある日、店をがんがん作りこんでいると、大家さんが急に顔を出して
「自分らでなんかやってる若いもんが俺は好きだ!」
と言って帰ったり(笑)

ピースロックカフェ

建築に詳しい人は誰もいなかった。
でも自然と一緒にやる人、手伝ってくれる人が集まってきた。
何もわからないことに正直になり、助けが必要なことをオープンにすると助けが集まってきた感じだったね。

各公共機関への届けも、ペーパーワークが苦手でしんどかった。
やらないといけないところだったから何度も通ってどうにかやった感じだった。
そこでも「できないんですけど、どうすればいい?」って馬鹿全開だったのがよかった。
そんな人、市役所だって業者だって応援したくなっちゃうでしょ。

第3回現実逃避、向かい合い、ぶつかり合いへつづく

【第1回】夢を語るうち自然と仲間があつまってきたはこちら
【第2回】バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれたはこちら
【第3回】現実逃避、向かい合い、ぶつかり合いはこちら
【第4回】3人の団結。そして迎えるグランドオープン。はこちら
【第5回】お客さん同士でも人生を変えられる出会いが生まれる場所はこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!