【第1回】夢を語るうち自然と仲間があつまってきた『金なし、コネなし、経験なしでバーを作る』ピースロックカフェ

ピースロックカフェインタビュー

中村あきらです。
僕のまわりには面白い人がいっぱいいます。インタビューをしていきたいと思います

※これはぼくが23歳ドリームワークカレッジ をしていたときにインタビューしたものです。

彼らは7ヶ月で金なし、コネなし、経験なしで何もないところから自分らでカフェバーを作りました。
オープン以来、来店リピート率90%以上の、「気付くと行きたくなっちゃう居心地いい空間」として話題になっています。

ピースロックカフェ(http://peace69cafe.com/ )
店長 ポロ

【第1回】夢を語るうち自然と仲間があつまってきたはこちら
【第2回】バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれたはこちら
【第3回】現実逃避、向かい合い、ぶつかり合いはこちら
【第4回】3人の団結。そして迎えるグランドオープン。はこちら
【第5回】お客さん同士でも人生を変えられる出会いが生まれる場所はこちら

ピースロックカフェインタビュー

夢を語るうち自然と仲間があつまってきた

—–なぜ、カフェバーを作ろうと思ったのですか?

ポロ(以下P) 世の中を自分なりに見てきた中で、会社で働くことが社会の歯車や数合わせでしかないような、そういうふうにしか感じられなかった。
そうなると自分でやるしかなかったし、そうしたかった。初めから自分の店を持ちたかったがどんな店かのイメージはなかった。友達との出会いでとあるカフェで修行としてバイトをする事に。

店長ポロ

でも修行といっても、例えば料理ならかぎりなく修業は続くし、
自分でやってしまうのがいいなと感じるようになって、修行は2ヶ月で終了。
金、コネ、経験もない中から動き出すことに。最初はほんとにひとりだったよ。
周りに「カフェバーをやる!」といっているうちに自然と仲間が集まってきた。
潤君とはドリカレからでの出会いだったね。

潤(以下J) 最初話を聞いたときは特にカフェバーに引かれたわけではなかった。昔から起業したいとは思っていて。深く考えたわけではなく、「楽しそう。おもしろそう。」という感じでポロの話にのった。

 潤君は気づいたらうちに泊まりこんでいて、どっぷりつかっていたね。

——最初勇気とかいらなかった?

J 大きな決断という感じではなかった。学生だったからダメなら逃げられる感じはあった。
就職活動もしていて、惹かれていた会社はあったけどその世界でビックになる必要はないし、
ずっとその会社にいようとも思えないところだった。

中野潤

——現在は3人で店をやっているとお聞きしましたが?

P 料理がみんな素人だったからできるやつがほしかった。
3人目のトミーは料理に関してプロというわけではないが、前からカフェバーに興味を持っている事を知っていたので声をかけてみた。「今の会社で将来見える?」「ほんとにやらないの?」と猛烈にアピール。
8月頃から始めて10月には一緒にやることになっていた。

第2回バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれたにつづく

【第1回】夢を語るうち自然と仲間があつまってきたはこちら
【第2回】バカ全開で、わからない事に正直になったら、色んな人が助けてくれたはこちら
【第3回】現実逃避、向かい合い、ぶつかり合いはこちら
【第4回】3人の団結。そして迎えるグランドオープン。はこちら
【第5回】お客さん同士でも人生を変えられる出会いが生まれる場所はこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!