電話での彼の反応の真意が知りたい!電話に隠された男性心理とは?


電話で好意を持っている男性と話をするということは、メールやLINEでのやり取りよりもごまかしのきかないやり取りをすることになる。

男性からの電話の反応で、実は脈ありか脈なしかを判断することができる。

今回は電話の内容や、受け答えをしている時の彼の反応から、そこにどんな男性心理が隠されているかを紹介しよう。



こんな電話があれば脈ありサイン!男性心理に隠されたあなたへの好意

こんな電話があれば脈ありサイン!男性心理に隠されたあなたへの好意

男性は心理的に勝てる勝負しかしない傾向にある。
だから女性に対して好意を持っているよ、とそのまま伝えることが苦手だ。

電話の時、相手の男性が次のような態度を取っていたら脈ありサインの可能性が高い。

一読して、次に電話する時まで覚えておいて相手の反応を見てみてほしい。

LINEやメールで済む用事なのにわざわざ電話してくる

簡単なメッセージのやり取りで済むようなことをわざわざ電話であなたと話そうとするということは、コミュニケーションを取りたがっているということだ。

少しでも直接声を聴いてやり取りをしたいということは、かなり好意を持ってくれている可能性が高い。

本来男性心理的には、用件を簡潔にすましたいと思うもの。男性にとってあまり得意ではない電話をこまめにしてくれるということは、あなたにほぼ気持ちが向いているということで間違いないだろう。

仕事での連絡事項のテンションより優しい電話

仕事で普段話をしている時よりも優しい声色であなたと電話していたとしたら、相手は好意を持っているサインだと思っていい。

仕事でのテンションとちがう雰囲気で電話をしてくるということは、あなたを他の人と区別したいと思っているからに他ならない。

プライベートモードな自分のことを電話で知ってもらうことで、あなたにとってただの仕事関係の男性だと思って欲しくないという気持ちが現れている。

なかなか電話を切ろうとしない

電話は用件が終わるといつまでもつないでいても、沈黙で気まずい思いをするだけだ。

不自然に沈黙になり始めても、まだ電話を切りたくない様子が見て取れるなら、脈ありサインのあらわれだ。

少しでも長くあなたとつながっていたいと思ってくれている、その事実が電話の長さに反映している。

ただし男性は基本的に長電話を得意としていないから、電話を切るのは嫌だけれど、何を話して良いのか分からなくなって沈黙が続くこともあるのでそこは女性側からも話す心づかいをしてあげよう。

週末や休日にたくさん電話してくる

仕事や学校が休みの休日に、必要以上にたくさん電話をしてくる男性はあなたに好意がある。

仕事も学校も休業日ということは、普通はそこに不随する人間関係も休みたいと思うもの。

男性の方から、休んでいるはずの人間関係をつないでくるということはあなたとの関係が切れる瞬間があることを拒んでいるということでもある。

男性心理にもとづいた電話をかけるOK・NGのタイミング

男性心理にもとづいた電話をかけるOK・NGのタイミング

相手が好意を持って電話をかけてくるタイミングはわかったはず。

では今度は、男性心理的に女性から電話がかかってきたらどんな時に嬉しく思う、もしくは負担に思うのかを教えておこう。

「さびしいから声が聞きたい」は相手の男性の状況に合わせて

女性にありがちなのが、寂しさを男性に慰めて欲しくて突発的に電話をかけるという失敗だ。

男性の優しさを求めて電話をしてくる女性の可愛らしさよりも、男性の都合を考えない身勝手さの方が相手の印象に残ってしまいがちだ。

男性のその時の仕事の状況、人間関係に気を配って、相手の男性に余裕がある時以外はさびしいから、という具体的な用件のない電話は好ましくない。

こういう用件で連絡するのは、LINEやメールでも同様に、男性から疎ましがられる場合があるので注意しよう。

もしそれでも聞いてもらいたい場合は、「ちょっと今日こういうことがあって、ただ話を聞いてもらいたいんだけどその時間あるかな?」とお願いしてから話してみることがおすすめ。
そして話したら「聞いてくれてありがとう!」と心を込めて伝えると、男性が感じたい感情「存在意義」を男性に与えることができる。

仕事で男性が大きな成功・失敗をした時が電話のチャンス

女性側から電話するベストなタイミングは、仕事で男性に何か大きな動きがあった時だ。

もし仕事でいい結果を残した時であれば、賞賛する内容の電話をかけよう。

男性が何か仕事で失敗をしたり不利な立場にたっている状況なのだとしたら、気づかう電話をかけてあげれば、彼の中であなたの株は急上昇して意識してくれるようになる。

彼氏がいつもより不機嫌!男性心理を知って彼の気持ちを落ち着ける

彼氏がいつもより不機嫌!男性心理を知って彼の気持ちを落ち着ける

今度は相手の男性と付き合っている前提の話だ。
もし彼氏と電話をしている時に、何となく不機嫌な雰囲気を声色から感じたら、彼が何を思っているのか不安になってしまうことも多いはず。

まず男性心理的に、素直に不機嫌さを電話で表せるということは、あなたのことを相当信頼しているという表れでもある。まずはそこを感じよう。

取り繕わなくても自分のことを分かってくれるだろうという気持ちであなたと電話しているということだ。

もし電話口で、彼氏の不穏な空気を感じてしまったらムッとせずに、受け止めてあげるといい。

女性が愚痴を言うようには、男性は自分の気持ちを表現することができないから、声色の変化でしかあなたに心の動きを伝えられない場合が多い。

もし彼が何かを吐き出したいと感じたら、あげまん理論のあげまん女性コーチングを試そう。
あげまん女性コーチングを使えば、男性の頭が整理され、かつ自分の本音を話してくれるようになる。

あげまん女性コーチングは、あげまん理論オンラインアカデミーで学ぶことができる。

直接電話をすることは、お互いの心の距離が近くなり男性心理に効果的に気持ちが届く

メールやLINEとちがって、直接相手の声が届く電話でやり取りすると自然と相手のリアルタイムでの感情の動きまで伝わってくる。

一度自分の気持ちを整理してからやり取りをするメール、LINEとはちがい上手く自分の気持ちをコントロールできない場合も多いはずだ。

だから緊張して電話をすることがあまり好きではないという人もいるかもしれないけれど、電話で男性とやり取りすることで、メッセージのやり取りだけでは生まれなかった気持ちもあるということを覚えておいてほしい。

特に男性との関係で不安になったり、男性との会話で感情的に気になっていることだったりがある場合、LINEやメールで聞くよりも電話で細かなニュアンスや感情を感じながら聞いてあげる方が男性に対しても負担が少ない。

細かな説明や感情を文章で打つのは男性にとっては大変な作業だ。
「ちょっとこの前のデートの時気になったことがあって共有したいんだけど、10分時間あったりするかな?」という風に事前にLINEしておいて、お互い準備が整った状態で電話をしていこう。

男性の気持ちの機微をくんであげられる女性は、男性と共に良い関係を作っていけるあげまん女性になっていける。

パートナーシップを上手くいかせたいなら、男性心理を理解して、相手が準備できるような状態を作ってあげよう。

あげまん理論では、男性心理を理解したり、あげまん女性になるための無料の動画講座を用意してある。ぜひこれを見てみて男性が何を求めているのかの要点を知っておこう。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす「あげまん理論5ステップ動画講座」はこちら

あなたが今日も、「太陽」のように周りを照らしますように。

もう一記事いかが?男性心理を用いた連絡手段の方法はこちら

あなたも「さげまんLINE」送ってない?男性のエネルギーを奪いまくる「さげまんコミュニケーション」

 

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!