婚活や出会いの場で「あげまん女性」が、理想の相手を見つけるときにするたった3つの質問


色んな人が行き交うパーティや大人数の交流の場でで、はっきりと自分にあった人を見つけれたらどんなにいいだろうか。
ぼく自身も経営者交流会などで、自分のビジネスに親和性がある人などを効率的に見つけていかなければならない。

そこで大事なのは、はっきりと目的意識を持って出会うことだ。
その目的意識を明確にした上で、自分にあった人を探すため、質問することが大事だ。

今日はそんな、「理想の結婚相手を見つけるためにするべき質問」を紹介しよう。



まずは理想の相手を見つけるためにするべき質問を「誰に、どんな人に」投げかければいい?

理想の相手を見つけるためにするべき質問、を「誰に、どんな人に」投げかければいいのだろうか。

前提として、「幸せな男性」を探すことが最も大事

ぼくの「あげまん・あげちん理論」では、どんな男性がいいかと聞かれたときに、一言でこう答える。
「幸せな男性」とだけ一緒にいなさい。と。

幸せな男性とは一体どういう人だろうか。
それは「ストレスのない」男性だって伝えている。

ストレスがない男性とは、努力をしないでボーとしている男性という意味じゃない。
自分を抑えつけるような人間関係、好きでもない仕事・無理強いをさせられている仕事などに囲まれていない男性だ。

つまり、あげまん・あげちん理論で言う“さげちんな男性”というのは、人生にストレスがある男性のことをいうのだ。
決してこのさげちん男性とは出会わないようにしよう。
さげちん男性の見分け方、ストレスがある男性の見分け方の記事も参考にしておこう。

どんなに男性が才能やお金を稼いでいても、このさげちん男性とばかり出会っていたならあなたは幸せな結婚ができない。

次に、自分の生きたい人生とともに歩める人かどうかを質問すること

話しかけた男性は、目も子どものように輝いている。仕事も人生も楽しそうにしている。
そんな男性がいたら、付き合わないにせよ、少なくとも友達になっておこう。

それだけでもあなたの仕事運や男性運は上がっていくはずだ。

さらにその男性が友達以上になるか、理想の結婚相手になるかという点で大事なこと。
それは「あなたが生きたい人生をともに歩みたい」と思う人かどうかだ。

あなたが生きたい人生をともに歩みたいと思える男性こそ、あなたの理想の結婚相手というわけだ。
それを見極めるためには彼の人生観について質問をしていく必要がある。
一つ一つ見ていこう!

出会った男性が理想の結婚相手かどうかが分かる質問

あげまん女性がする質問

①あなたはこれまでどんな人生を送ってきたの?

ぼくがまずおすすめしたいのが、この質問だ。
「あなたはこれまでどんな人生を送ってきたの?」だ。

え?これをパーティや出会いの場でするのって?
そう、この質問を初対面の人にぶつけていくんだよ。

この質問の優れているところは、
・あなたと上辺ではなく、深い話がしたいという強烈なメッセージを与えることができる
・その抽象的な質問で、その男性が自分の人生のどの部分をピックアップするかでその人のセンスや深さがわかる
・また他の女性が(特に婚活パーティでは)しないような質問を投げかけることで、どんな対応をするかでその人の器がわかる。

以上のような結果が得られる素晴らしい質問だ。
はっきり言って、この質問で引いてしまうような男性は最初から相手ではない。

この最初の質問で、相手にぶつけるんだ。「人生を語りましょう」って。
のってこない男性は、上辺だけの付き合いを望んでるんだよ。

②あなたはこれからどんな人生を送りたいの?

次にする質問はこれだ。
「あなたはこれからどんな人生を送りたいの?」

はっきり言って、婚活や結婚において相手を見るためにはこの2つの質問が全てだ。
それ以外は枝葉なんだよね。根っこじゃない。

男と女なんてシンプルに言えばこれなんだよ。
今までどんな人生を送ってきて、これからどんな人生を送っていきたいのか。

それを聞いてあなたが興味を持つか、それを聞いてあなたが一緒にいたいと思うか否か。それだけなんだよ。

③わたしはこういう風な人生を生きたいんだけど、それについてどう思う?

あげまん女性の理想の相手の見分け方

最後にする質問は、これだ。
「わたしはこういう風な人生を生きたいんだけど、それについてどう思う?」

相手の人生観を聞いたら、次はこちらが話す。
自分はこういうことを人生で大切にしてる。自分は人生でこういう風な価値観で生きてる。

それがわたしなんだけど、そんな生き方やわたし自身について、あなたはどう思う?

って質問だ。

あなたが前の二つの質問で相手に興味を持ったなら、その男性とは友達になれる。
さらにその先に恋人や結婚相手になるかどうかのチェックポイントは一つだけだ。

自分の人生と相手の人生が同じ方向を向いてるかどうかだ。

同じ方向を向いてるんだったら、一緒に歩む選択をすればいい。
違う方向だったら友達として自分を高める友人として仲良くなればいい。

これを続けていれば、絶対相手が見つかるはずだよ。

上辺だけの会話いらない。本質がわかる質問をしよう

あのね、婚活や結婚って「人生」だから。
相手の人生の核心部分に触れなきゃ、その人が自分に合ってるとか絶対分からないよ。

婚活で結果出ない人の共通点は、相手のことを年収や顔とか見た目とかで選んでること。
別にそれが一つの指標でもいいよ。

でも、根っこをまず知り合わないと。
あなたが、その人の根っこを人間として好きか、一緒にいれるか、それがあっての仕事とか年収とか見た目だから。

優秀な女性や賢い女性は、それが分かってるよ。
空気を読むとか、変な質問だと思われたらどうしようとか、そんな心配はいらない。

婚活って一緒の人生を歩む人を探す活動なんだ。
その人の人生触れよう!

そしたらきっと一緒に歩みたいと思える人生を持った人が見つかるよ。
応援してる。がんばってね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!