子どもが生まれて1か月!30年前の自分と比較。お宮参りに行ってきた!

横浜・鶴見の潮田神社で生後1か月お宮参りに行ってきた

今日はぼくの子どもが生まれて1か月だった。
なのでぼくの両親と妻の両親でお宮参りに行ってきた!

お宮参りとは、

その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。 昔は、氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神さまの祝福をうける行事とお産の忌明けの儀式の意味合いもありましたが、現在では無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっています。

お宮参りの時期・服装・当日のマナー – All About(オールアバウト)より

お宮参りは、大体生後1か月後にやるみたい。
1か月近くの1月21日は「大安」だったのでその日にしたよ。

近くにある横浜の潮田神社へ!

おじいちゃんと似てる子ども

直人は、妻のひろみのお父さん(おじいちゃん)にすごい似てる。
そして直人は、すごいしかめっ面だね。

お宮参りで神社で祝詞(のりと)・祓いをしてもらう

お宮参りは、神社への参拝(つまりお賽銭のみ)でも構わないらしいけど、せっかくだからということで祝詞(のりと)をおげてもらうことに。
祝詞(のりと)やお祓いは5000円の料金だった。

横浜・鶴見潮田神社でお祓い・祝詞をあげてもらう 横浜・鶴見潮田神社でお祓い・祝詞をあげてもらう

約5分ぐらいのお経を唱えてもらう。

横浜・鶴見潮田神社でお祓い・祝詞のお返しをもらう

お経が終わると、神社からお祝い品をもらう。
小皿と吸い物、ご飯茶碗などの漆器セットだった。
結構良いモノをくれるんだね!

神社の前で家族写真撮影

お祓い・祝詞(のりと)が終わったら、神社の前で家族写真を撮る。

子どもをお宮参りさせる 子どもをお宮参りさせる 子どものお宮参りをしてきた! 鶴見・潮田神社の前で家族写真

こういった行事は、すごく大事だよね。
やってみて思うけど、写真に残るって大事だ。

30年前の中村あきらのお宮参りと比較してみた

30年前の中村あきらのお宮参りと比較してみた。

30年前中村あきらのお宮参り30年前の中村あきらのお宮参り

鶴見・潮田神社にお宮参りに行ってきた

30年前の今日もお母さんが赤ちゃんを抱っこしてるね(笑)

30年の月日はすごいね。
ぼくも30年後はおじいちゃんになってるんだろうね。

赤ちゃんは、初の行事お疲れ

赤ちゃんの直人は、初の行事でかなりお疲れだったね。

赤ちゃんは初のお宮参りでお疲れ 犬と一緒に寝る直人

疲れてすやすやと寝ております。
犬のラクが近づいても気づかない(笑)

おつかれさま!

もう一記事いかが?中村あきらの子育て記事はこちら

2016年目標&今年もよろしくお願いします
明けましておめでとうございます!
中村夫婦出産
シェアハウスで出産
今、ぼくたち夫婦は出産を迎えていて、日本
妻のひろみが安定期を迎えたので、この場を

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402