Mr.Children いつでも微笑を


いつでも微笑みを
そんな歌が昔あったような

今こそ その歌を
僕達は歌うべきじゃないかなぁ

 

Mr.Childrenの「いつでも微笑を」を紹介します。

 

気持ちって自分でも選べるんですよね。

 

落ち込んでる人を見たとき、その人は

肩を落として、背中は丸くなって、顔の筋肉はゆるんで、頭を下げて、下を見ています。

 

文字通り「落ち込んで」います。

 

そう、だから人間って

そのような気持ちだからするんではなく、その動作をすることによって、その気持ちを作り出してるんです 虹

 

大きな声で叫びながら、落ち込むことはできません。

良い事を思い出しながら、落ち込むことはできません。

ダンスしながら落ち込むことはできないんです。
竹内直人は、笑いながら怒ることができますけどね 笑
だから

 

いつでも微笑を。

そんな唄を紹介したくなりました☆
まぁそんな方法をあるんだよって事ですけどね ニコニコ

 

いつも読んで頂きありがとございます。

 

「いつでも微笑を」

 

狭い路地に 黒いスーツの人達
急な不幸がその家にあったという
命は果てるもの 分かってはいるけど

何もかも思い通りになったとしても
すぐ次の不満を探してしまうだろう
決して満たされない 誰かが傷付いても

いつでも微笑みを
そんな歌が昔あったような
今こそ その歌を
僕達は歌うべきじゃないかなぁ

いつでも微笑みを
そんな歌が昔あったような
悲劇の真ん中じゃ その歌は
意味をなくしてしまうかなぁ

もし僕がこの世から巣立って逝っても
君の中で僕は生き続けるだろう
そう思えば何とか やっていけそうだよ

そう だからいつも
いつでも微笑を いつでも微笑を
いつでも微笑を

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。